人間ドック

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/04 06:15:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 獨協医科大学越谷病院における,腹部超音波検査による胆嚢隆起性病変の検討
  • 一戸 利恵,瀧沢 義教,谷塚 千賀子,柴崎 光衛,日谷 明裕,党 雅子,春木 宏介,玉野 正也,須田 季晋
  • Dokkyo journal of medical sciences 40(1), 61-67, 2013-03-25
  • … する症例は44 例( 5.6%) であった.これら44例の最終診断は,胆嚢良性ポリープ19例( 43.2%),胆嚢腺筋症2 例( 4.6%),胆泥貯留2 例( 4.6%),胆嚢結石2例( 4.6%) 切除可能胆嚢癌6例( 13.6%),切除不能胆嚢癌6 例( 13.6%),その他の癌2 例( 4.6%),不明5例( 11.3%) であり,胆嚢癌の半数が切除不能であった.今後,超音波検査を用いて切除可能な胆嚢癌をより多く拾い上げるためには,人間ドック等による,より幅広いスクリーニングが必要であると考えられた. …
  • NAID 110009561196
  • 人間ドックの判定が無所見であった中高年女性の特性 -体格・閉経および長寿関連ミトコンドリア遺伝子多型との関連-
  • 苅田 香苗,吉田 正雄,原田 まつ子,石川 守,小風 暁
  • 保健医療科学 62(1), 81-87, 2013-02-00
  • … 目的:人間ドック診断結果が無所見で健康を維持していると判定された中高年女性にはどのような因子が寄与しているのか探ることを目的とする.方法:40〜60歳代の人間ドック受診女性321名を対象に質問票調査を実施し,同意の得られた者92名に対し長寿関連ミトコンドリアDNA5178A/C多型解析を行った.人間ドック受診結果に基づき,検査異常値が認められず無所見である群(健康維持群;n=7 …
  • NAID 110009575212

関連リンク

人間ドック(にんげんドック)は、自覚症状の有無に関係なく定期的に病院・診療所に赴き 、身体各部位の精密検査を受けて、普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康度 などをチェックする健康診断の一種。「ドック」は船渠(船を修理・点検するための設備)を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
国試過去問106D044」「108H033」「105I044」「100F035」「104I049」「106G049」「107E053」「104F016」「100A029」「102D060」「106I059」「096F009」「099D020」「105E004」「100G015
関連記事」「人間

106D044」

  [★]

  • 69歳の男性。飲食店経営者。人間ドックで胸部エックス線写真の異常陰影を指摘されたため来院した。 58歳から高血圧症のため内服治療中である。喫煙は20本/日を40年間。意識は清明。身長164cm、体重70kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧148/72mmHg。呼吸数12/分。頚部リンパ節と鎖骨上リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球430万、 Hb15.3g/dl、 Ht42%、白血球8,100、血小板20万。血液生化学所見:総蛋白7.9g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、 AST51IU/l、 ALT38IU/l、 LD217IU/l (基準176-353)。免疫学所見: CRP0.lmg/dl。 CEA8.3ng/ml(基準5以下)。肺機能検査所見: %VC92%、 FEV1.0% 75%。心電図に異常を認めない。気管支鏡検査で右B3から擦過細胞診を行いクラスV陽性(腺癌)と判定された。精査の結果、所属リンパ節転移と遠隔転移とを認めなかった。胸部エックス線写真で右上肺野の結節影と左第一肋軟骨の石灰化とを認めた。胸部エックス線写真(別冊No. 16A)と胸部単純CT(別冊No. 16B)とを別に示す。
  • 第一選択になる治療法として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D043]←[国試_106]→[106D045

108H033」

  [★]

  • 次の文を読み、 33、 34の問いに答えよ。
  • 42歳の女性。頭痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3年前から月 1、2回の頭痛を自覚していた。頭痛は両側の後頭部を中心とした持続性の鈍痛で、肩こりを伴っている。夕方になると頭痛が悪化するが、生活に支障をきたすほどの痛みではない。家事などで体を動かしている時のほうが多少痛みは和らぐ感じがする。悪心はない。頭痛に大きな変化はないが、昨日知人が脳梗塞で入院したという話を聞き、心配になって受診した。
  • 既往歴:スギ花粉症
  • 生活歴:事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が 56歳時にくも膜下出血で死亡。母親が高血圧症で治療中。
  • 身体診察を開始しようとした時に、患者が「今日、頭の CTを撮ってもらえませんか」と希望してきた。
  • 現時点の医師の返答として最も適切なのはどれか。
  • a 「まだ診察の途中ですよ」
  • b 「人間ドックで相談してください」
  • c 「予約制なので今日はできません」
  • d 「頭の CTを撮ってほしいのですね」
  • e 「あなたの状態では CTを撮る必要はありません」


[正答]


※国試ナビ4※ 108H032]←[国試_108]→[108H034

105I044」

  [★]

  • 59歳の男性。人間ドックで右腎の腫瘍を指摘され来院した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。身長166cm、体重61kg。体温36.2℃。呼吸数12/分。脈拍64/分、整。血圧128/78mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+。血液所見:赤血球 507万.Hb1 5.5g/dl、Ht 44%、白血球 7,000、血小板 21万。血液生化学所見:血糖 98mg/dl、総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 4.3g/dl,尿素窒素 17mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 6.8mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、AST 19IU/l、ALT 16IU/l、LD 195IU/l(基準176-353)、ALP 249IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l、K 4.1mEq/l、Cl 105mEq/l、Ca 9.3mg/dl、CRP 0.1mg/dl。腹部超音波検査で右腎に長径5cmの占拠性病変を認める。胸腹部単純CTで腎以外に明らかな異常を認めない。骨シンチグラフィに明らかな異常を認めない。腹部造影CT(別冊No.8)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I043]←[国試_105]→[105I045

100F035」

  [★]

  • 52歳の女性。人間ドックで胃の病変を指摘され来院した。身体診察で腹部に異常を認めない。上部消化管造影写真と内視鏡写真とを以下に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F034]←[国試_100]→[100F036

104I049」

  [★]

  • 35歳の男性。人間ドック腹部超音波検査で異常を指摘され来院した。身長172cm、体重80kg。腹部に異常を認めない。血液所見: 赤血球 520万、Hb 15.3g/dl、Ht 47%、白血球 6,800、血小板 26万。血液生化学所見: AST 24IU/l、ALT 53IU/l、γ-GTP 84IU/l(基準8-50)。腹部超音波写真(別冊No.8)を別に示す。検査中、体位による病変の移動はみられなかった。
  • 対応として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I048]←[国試_104]→[104I050

106G049」

  [★]

  • 58歳の男性。会社員。人間ドックで受けたある疾患に対する検査の結果が陽性だったため、その疾患にかかっている可能性を知りたいと会社の医務室に来た。その疾患に関連する異常を疑わせる自覚症状はない。現病歴と既往歴とに特記すべきことはない。人間ドックで実施した他の検査結果はすべて正常範囲内にあった。文献で、この検査が陽性であることの感度は20%、特異度は95%であること、人間ドックを受診する58歳男性がその疾患を潜在的に有する確率は0.1%であることが分かった。
  • この男性がその疾患を有する確率はどれか。
  • a 0.02%
  • b 0.4%
  • c 5.0%
  • d 20.0%
  • e 25.0%


[正答]


※国試ナビ4※ 106G048]←[国試_106]→[106G050

107E053」

  [★]

  • 70歳の女性。人間ドックの胸部単純CTで異常を指摘されたため来院した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴と飲酒歴とはない。意識は清明。身長156cm、体重58kg。体温36.2℃。脈拍64/分、整。血圧134/82mmHg。呼吸数20/分。SpO2 96%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。肺野条件の胸部単純CT(別冊No.7)を別に示す。
  • 確定診断のために行うべき検査はどれか。
  • a PET/CT
  • b 胸部MRI
  • c 喀痰培養検査
  • d 胸腔鏡下生検
  • e 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法(IGRA)



[正答]


※国試ナビ4※ 107E052]←[国試_107]→[107E054

104F016」

  [★]

  • 45歳の男性。人間ドックγ-GTPが105IU/l(基準8-50)と異常を指摘されたため来院した。その他の肝機能検査に異常を認めなかった。腹部超音波検査では脂肪肝を認めた。B型とC型肝炎ウイルスは陰性であった。身長165cm、体重72kg。缶ビール(350ml) 1本を10年間毎日飲んでいる。最近は仕事が忙しくて深夜帰宅し、夜食もとっている。ここ3か月で体重が5kg増えている。
  • 指導事項として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F015]←[国試_104]→[104F017

100A029」

  [★]

  • 42歳の男性。人間ドックの腹部超音波検査で肝に腫瘤性病変を指摘され来院した。身体所見に異常はなく、血液所見と血清生化学所見とに異常を認めない。腹部ダイナミックCTを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100A028]←[国試_100]→[100A030

102D060」

  [★]

  • 40歳の女性。以前から過多月経があり、人間ドック小球性低色素性貧血を指摘され来院した。便潜血反応陰性。子宮頸部細胞診クラスII。骨盤部単純MRIのT2強調矢状断像を以下に示す。
  • 薬物療法として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D059]←[国試_102]→[102E001

106I059」

  [★]

  • 50歳の女性。人間ドックマンモグラフィで異常を指摘されたため来院した。両側の乳房に腫瘤を触知しない。両側の腋窩リンパ節を触知しない。持参したマンモグラフィの病変部(別冊No. 14)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I058]←[国試_106]→[106I060

096F009」

  [★]

  • 55歳の男性。人間ドックで眼底の異常を指摘され来院した。左の眼底写真を以下に示す。
  • 右眼も同様の所見である。考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096F008]←[国試_096]→[096F010

099D020」

  [★]

  • 予防医学における目的と対応の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D019]←[国試_099]→[099D021

105E004」

  [★]

  • a 通勤災害は対象となる。
  • b 業務上災害は対象となる。
  • c 人間ドックは対象となる。
  • d 遺族は給付対象である。
  • e パート職員は給付対象である。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E003]←[国試_105]→[105E005

100G015」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G014]←[国試_100]→[100G016

間」

  [★]

一方インター~の中で

人間」

  [★]

personhuman being
ヒト人類人物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡