二次性副甲状腺機能亢進症

出典: meddic

続発性副甲状腺機能亢進症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 残腎機能を有する腹膜透析患者に対するシナカルセト投与時のMg, K代謝に及ぼす影響
  • 柴田 佳菜子,伊藤 恭彦,水野 正司,鈴木 康弘,平松 英樹,伊藤 功,戸田 晋,丸山 彰一,松尾 清一
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(10), 1007-1013, 2011-10-28
  • 二次性副甲状腺機能亢進症(2°HPT)の治療薬であるシナカルセトは副甲状腺のカルシウムセンシングレセプター(CaSR)に結合することにより,副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌を抑制する.CaSRは副甲状腺のみならず,腎臓や骨,脳など全身に発現している.腎臓では,ヘンレループの上行脚や集合管に発現しているため,CaSRを介したマグネシウム(Mg),カリウム(K)代謝への影響が考えられる.腹膜透析(PD)は残腎 …
  • NAID 10029861706
  • 骨・関節と腎臓
  • 秋澤 忠男
  • 日本内科学会雑誌 100(9), 2559-2563, 2011-09-10
  • NAID 10029749126

関連リンク

二次性(続発性)副甲状腺機能亢進症とは 副甲状腺そのものではなく、くる病やビタミンD欠乏症、慢性腎不全などの副甲状腺以外の病気が原因で副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、血液中のカルシウム濃度が必要以上に高くなる ...
慢性腎不全、透析患者さんのための「食事管理ソフト」紹介。その他、ピンタの現在の病状、日記、ドラマ愛の嵐などの紹介。 ... 二次性副甲状腺機能亢進症は長期透析を受けている方に多い合併症の一つですが、保存期腎不全の段階 ...

関連画像

での二次性副甲状腺機能亢進症 二次性副甲状腺機能亢進症って 二次性副甲状腺機能亢進症とは 二次性副甲状腺機能亢進症二次性副甲状腺機能亢進症 二次性副甲状腺機能亢進症の


★リンクテーブル★
リンク元続発性副甲状腺機能亢進症
関連記事甲状腺」「機能」「二次」「機能亢進」「亢進

続発性副甲状腺機能亢進症」

  [★]

secondary hyperparathyroidism 2HPT
二次性副甲状腺機能亢進症, secondary hyperparathyroidism
副甲状腺機能亢進症



甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




二次」

  [★]

secondarysecond-ordersecondquadratic
続発性第二第二級第二次二級二次的秒間二次性続発

機能亢進」

  [★]

hyperactivityhyperfunctionhyperactivehyperfunctioning, hyperenergia
運動亢進活動亢進機能亢進症超関数機能亢進性

亢進」

  [★]

facilitationenhancementfacilitateenhance
強化促進促通増強強める




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡