リンパ節

出典: meddic

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html


</nowiki>





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/18 14:53:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 総腸骨リンパ節領域を除外した子宮頚癌外部骨盤照射法における小腸DVHの検討
  • 尾池 貴洋,大野 達也,若月 優,齋藤 淳一,吉本 由哉,野田 真永,鈴木 義行,中野 隆史
  • The Kitakanto medical journal 61(3), 421-421, 2011-08-01
  • NAID 120003324177
  • 直腸癌術後の骨盤内リンパ節転移に対し臀筋群切離反転によるアプローチで切除した1例
  • 清水 尚,荻野 美里,濱野 郁美,五十嵐 隆通,榎田 泰明,富澤 直樹,荒川 和久,田中 俊行,安東 立正,小川 哲史,池谷 俊郎,伊藤 秀明,坂元 一葉,竹吉 泉
  • The Kitakanto medical journal 61(2), 256-256, 2011-05-01
  • NAID 120003272627
  • TS-1が著効を示したセンチネリンパ節生検陰性の乳癌腋窩リンパ節再発の1例
  • 横江 隆夫,大木 茂,岡野 孝雄,棚橋 美文
  • The Kitakanto medical journal 61(2), 249-249, 2011-05-01
  • NAID 120003272616
  • PDE-ICG蛍光法による乳癌センチネルリンパ節生検
  • 片山 和久,根岸 健,岡田 朗子
  • The Kitakanto medical journal 61(2), 243-243, 2011-05-01
  • NAID 120003255634

関連リンク

リンパ節(リンパせつ)とは哺乳類の免疫器官のひとつである。全身から組織液を回収し て静脈に戻すリンパ管系の途中に位置し組織内に進入、あるいは生じた非自己異物が 血管系に入り込んで全身に循環してしまう前にチェックし免疫応答を発動して食い止める ...
また、血管とつながっていて、血液とリンパ液の中をリンパ球が行き来し、体の免疫(外 から入ってきた異物への対応)に重要な役割を果たしています。リンパ管の途中には、 ところどころにリンパ節というろ過装置があって、リンパ液の中を流れている異物や細菌 ...

関連画像

写真 2 耳介 後部 リンパ節 の 図 1 子宮 体 癌 の 基本 術式 と 鎖骨 下 リンパ節 さ こ つ したリンパ系とそのはたらき 主な リンパ節 販売 価格 は お が 鈍りやすく なる リンパ節 ミクロ 像 he 弱 拡大 リンパ節


★リンクテーブル★
国試過去問106D026」「106D032」「108G050」「106I056」「106I022」「106H028」「096G058」「099D054」「107G021」「100B033」「098G038」「094B042」「084B070
リンク元リンパ節腫脹」「免疫」「頭頚部癌」「node」「樹状細胞
拡張検索鼡径リンパ節」「頚部結核性リンパ節炎」「縦隔リンパ節」「深頚部リンパ節」「縦隔リンパ節腫大
関連記事リン」「」「リンパ

106D026」

  [★]

  • 3歳の男児。 6日続く高熱を主訴に来院した。 6日前から38-39℃台の発熱が続いており、昨日から体幹に皮疹が出現してきた。既往歴に特記すべきことはない。 1歳の弟がいる。意識は清明。元気がなく、食事摂取は普段の半分以下であるという。眼球結膜に充血を認める。眼脂を認めない。口唇に発赤と乾燥とを認め、咽頭は発赤している。両側の頸部に径2cmのリンパ節を3個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。体幹皮膚に不定形の紅斑がある。四肢末端に発赤と浮腫とを認める。血液所見:赤血球450万、Hb13.2g/dl、 Ht40%、白血球22,000、血小板46万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.5g/dl。 CRP16mg/dl。
  • 保護者への説明で適切なのはどれか。
  • a 「指先の皮膚がむけてきます」
  • b 「今後、重度の貧血を合併します」
  • c 「弟さんにうつる可能性があります」
  • d 「首の腫れている部分(リンパ節)は化膿しています」
  • e 「この病気にかかった子どもの半分には心臓後遺症が残ります」


[正答]


※国試ナビ4※ 106D025]←[国試_106]→[106D027

106D032」

  [★]

  • 5歳の女児。両側の膝関節痛を主訴に来院した。 2週前から37.5-40.0℃の発熱がみられていた。自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されたが解熟しなかった。 3日前から両側の膝関節痛を訴え、今朝から立とうとしなくなったため受診した。体温39.0℃。両側の頚部に径15mmのリンパ節を2個ずつ触知する。右肋骨弓下に肝を3cm、左肋骨弓下に脾を2cm触知する。両側の膝関節は腫脹し、熱感がある。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に白血球3-5/1視野。赤沈 80mm/1時間。血液所見:赤血球320万、 Hb9.6g/dl、 Ht30%、白血球16,500(桿状核好中球 7%、分葉核好中球 56%、単球 8%、リンパ球 29%)、血小板 52万。免疫学所見: CRP 15mg/dl。 ASO l,250単位(基準250以下)。咽頭培養は常在菌のみ検出され、血液培養は陰性であった。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D031]←[国試_106]→[106D033

108G050」

  [★]

  • 28歳の男性。発熱皮疹とを主訴に来院した。体温 36.7℃。耳の後ろから顔、上半身にかけて丘疹性紅斑を認める。左頸部に圧痛を伴う径 2 cmのリンパ節を触知する。風疹と診断して頓服の解熱薬を処方し、自宅での安静を指示した。午後電話があり、明日どうしてもはずせない仕事があるので会社に行ってもよいかと相談を受けた。
  • 本人であることを確認した後の回答として適切なのはどれか。
  • a 「保健所と相談してみます」
  • b 「ご自身で判断してください」
  • c 「出勤しないで自宅で療養してください」
  • d 「会社の産業医の許可をとってから出勤してください」
  • e 「男性ばかりの職場であれば出勤してもらって結構です」


[正答]


※国試ナビ4※ 108G049]←[国試_108]→[108G051

106I056」

  [★]

  • 20歳の男性。右眼を開けられないことを主訴に来院した。今朝、起床時に右の開瞼が困難であることに気付き、その後も改善しないため受診した。 10日前から、同居の弟の両眼に同様の症状がみられているという。体温36.2℃。流涙を認める。顔面の写真(別冊No. 12A、 B)を別に示す。
  • この疾患でみられないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I055]←[国試_106]→[106I057

106I022」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I021]←[国試_106]→[106I023

106H028」

  [★]

  • 49歳の女性。頚部のしこりを主訴に来院した。左鎖骨上窩に、径2cmの固く可動性に乏しいリンパ節を触知する。
  • 検査として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H027]←[国試_106]→[106H029

096G058」

  [★]

  • 臓器の発育パターン図を以下に示す。
  • 曲線②を示すのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096G057]←[国試_096]→[096G059

099D054」

  [★]

  • 一次リンパ組織はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D053]←[国試_099]→[099D055

107G021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107G020]←[国試_107]→[107G022

100B033」

  [★]

  • 大腸癌治癒切除後の再発が最も多いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B032]←[国試_100]→[100B034

098G038」

  [★]

  • 髄外造血を最も生じやすいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G037]←[国試_098]→[098G039

094B042」

  [★]

  • (1) 肝硬変を合併することが多い
  • (2) 多中心性発癌を高率に認める
  • (3) PIVKA-IIの陽性率が高い
  • (4) CA19-9が高値を示す
  • (5) リンパ節転移を高率に認める。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

084B070」

  [★]

  • 卵巣癌手術の際に摘出、切除する臓器はどれか。全て選べ

リンパ節腫脹」

  [★]

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html



免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



頭頚部癌」

  [★]

head and neck cancer, cancer of the head and neck
頭頸部癌

発生部位

管腔臓器

SOTO.354
部位 悪性腫瘍
咽頭 咽頭癌
  上咽頭   上咽頭癌
中咽頭 中咽頭癌
下咽頭 下咽頭癌
喉頭 喉頭癌
口腔 口腔癌
副鼻腔 副鼻腔癌:耳鼻咽喉科悪性腫瘍の12%を占める。好発年齢は60-80。男女比=3:2

頚部組織

組織型

頭頚部扁平上皮癌

参考4

ガイドライン

  • 1. 頭頚部癌治療ガイドライン
http://jsco-cpg.jp/guideline/15.html

参考

  • 1. US
[display]http://www.cancer.gov/cancertopics/pdq/treatment/laryngeal/HealthProfessional
  • 2.
[display]http://ganjoho.jp/professional/med_info/cancer/head_neck.html
  • 3.
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0059/0059_ContentsTop.html
  • 4. [charged] Overview of head and neck cancer - uptodate [2]


node」

  [★]

  • n.
clausegangliaganglionganglionicknotlymph nodenodalnodosenodulatesectiontubercletuberculartuberosity

WordNet   license wordnet

「any thickened enlargement」
knob, thickening

WordNet   license wordnet

「(botany) the small swelling that is the part of a plant stem from which one or more leaves emerge」
leaf node

WordNet   license wordnet

「a connecting point at which several lines come together」

WordNet   license wordnet

「(computer science) any computer that is hooked up to a computer network」
client, guest

WordNet   license wordnet

「(astronomy) a point where an orbit crosses a plane」

WordNet   license wordnet

「(physics) the point of minimum displacement in a periodic system」

WordNet   license wordnet

「any bulge or swelling of an anatomical structure or part」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(茎・幹の)節(ふし) / (体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など) / (天体の軌道の)交点 / (物事の)中心点」


樹状細胞」

  [★]

dendritic cell DC, dendritic cells
樹枝状白血球プロフェッショナル抗原提示細胞 professionalantigen-presenting cell、プロフェッショナルAPC professional APC


  • 食細胞としての機能はない

樹状細胞の種類

  • 上皮に存在し抗原を捕獲し、所属リンパ節に移動してT細胞に抗原提示
  • class II MHCとT-cell costimulatory moleculesを有する
  • リンパ節ではparacortixに存在(WCH.422)
  • リンパ節脾臓胚中心に存在する。(WCH.422ではfollicleに存在すると)
  • Fc受容体や補体の受容体を有する
  • IgGや補体が結合した物質を捕獲し、リンパ濾胞のB細胞に抗原提示し、secondary antibody responseを促進する

サイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌


鼡径リンパ節」

  [★]

inguinal lymph nodes (Z)
鼠径部リンパ節鼡径部リンパ節鼠径リンパ節
[show details]



頚部結核性リンパ節炎」

  [★]

tuberculous cervical lymphadenitis
lymphadenitis colli tuberculosa
頸部結核性リンパ節炎
結核性リンパ節炎



縦隔リンパ節」

  [★]

mediastinal lymph node


深頚部リンパ節」

  [★]

deep cervical lymph node


縦隔リンパ節腫大」

  [★] 縦隔リンパ節腫脹


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡