モノアミン酸化酵素

出典: meddic



-モノアミンオキシダーゼ
MAO


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/08 12:43:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中枢神経系治療剤の開発を志向したモノアミン酸化酵素の構造解析
  • 梅田 知伸
  • ファルマシア 44(12), 1208-1209, 2008-12-01
  • NAID 10027115003
  • ストレス社会が求める"くすり"の創薬研究-天然生薬からの新規抗うつ・抗不安様物質の発見-
  • 武田 弘志,辻 稔
  • 国際医療福祉大学紀要 13(1), 1-10, 2008-07-31
  • … また,神経化学的検討において,ロズマリン酸およびカフェー酸は,現在臨床で使用されている抗うつ薬の主たる薬理作用であるモノアミン再取り込み阻害作用やモノアミン酸化酵素阻害作用を有さないことを明らかにした。 …
  • NAID 110008671986

関連リンク

モノアミン酸化酵素阻害剤 MAO 阻害剤 monoamine oxidase inhibitor =「モノアミン酸化酵素阻害剤」=「マオ阻害剤」=「MAO-I」 ・ドーパミンやアドレナリンをまとめてモノアミンといいます
モノアミン酸化酵素(monoamine oxidases, MAO, EC番号 1.4.3.4)はモノアミン神経伝達物質の酸化を促進させる酵素群の総称である。モノアミン酸化酵素は、生体のほとんどの細胞においてミトコンドリア外膜に閉じ込められた状態で存在 ...

関連画像

モノアミン酸化酵素 - Monoamine mao モノ アミン 酸化酵素 は モノアミン酸化酵素阻害薬モノアミン酸化酵素 - Monoamine モノアミン酸化酵素阻害薬モノアミン酸化酵素


★リンクテーブル★
国試過去問097G107
リンク元モノアミン神経伝達物質」「モノアミンオキシダーゼ」「モノアミン酸化酵素A」「アミンオキシダーゼ
拡張検索モノアミン酸化酵素阻害薬
関連記事酵素」「アミン」「モノアミン

097G107」

  [★]

  • 向精神薬と薬理作用の組合せで正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097G106]←[国試_097]→[097G108

モノアミン神経伝達物質」

  [★]

monoamine neurotransmitter
モノアミン

モノアミン神経伝達物質

モノアミン神経伝達物質を産生する細胞 (神経核の局在はB.29参照)

代謝



モノアミンオキシダーゼ」

  [★]

monoamine oxidase, MAO
モノアミン酸化酵素
COMT
MAO


  • 神経細胞内のミトコンドリア外膜に局在 (SPC.67)
  • カテコラミンを酸化的脱アミノ化する (SPC.67)
  • 2つのisoformが存在 (SPC.67)
基質特異性による区分


モノアミン酸化酵素A」

  [★]

monoamine oxidase AMAO-A
アミンオキシダーゼモノアミン酸化酵素モノアミン酸化酵素BモノアミンオキシダーゼA

アミンオキシダーゼ」

  [★]

amine oxidase
モノアミン酸化酵素モノアミン酸化酵素Aモノアミン酸化酵素Bアミン酸化酵素


モノアミン酸化酵素阻害薬」

  [★]

monoamine oxidase inhibitor, MAOI
MAO阻害薬 MAO inhibitorモノアミンオキシダーゼ阻害薬


副作用

  • 起立性低血圧(once the body adapts to higher basal level of catecholamines, it is nolonger able to further vasoconstrict in response to stress), hepatotoxicity, and hypomania.
  • MAO(特にA型)阻害薬使用時に、チラミン含有量の高い食物(ワイン、チーズ、チョコレートなど)を摂取すると、チラミンが分解されずに高血圧発作を起こす



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。




アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93


モノアミン」

  [★]

monoamine
モノアミン神経伝達物質


定義

  • アミノ酸から脱炭酸により作られる物質
  • 1つのアミン基-NH2と炭酸水素基Rからなる
R-NH2
  • 生理活性のあるカテコールアミンやインドールアミンの総称

生合成モノアミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡