パーキンソン病治療薬

出典: meddic

antiparkinson agent, antiparkinsonism drug
パーキンソン病薬理学

ドパミン前駆体

ドパミン受容体作動薬

MAO-B阻害薬

ドパミン放出促進

中枢性抗コリン作用

ノルアドレナリン前駆体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パーキンソン病治療薬の課題と創薬への期待
  • 村田 美穂
  • ヒュ-マンサイエンス 22(4), 22-25, 2011-10
  • NAID 40019033100
  • パーキンソン病治療薬開発における治験計画について (特集 疾病ごとに捉える臨床試験計画と各種項目の設定の実際)
  • 岩城 寛尚,野元 正弘
  • ファームステージ 11(4), 22-25, 2011-07
  • NAID 40018925200
  • パーキンソン病治療薬 (新薬展望2011) -- (治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉--新薬の広場)

関連リンク

使われているパーキンソン病治療薬 パーキンソン病治療薬は新しい薬が次々と開発され、日本においても使用される薬の種類が多くなってきた。 その分くすりの組み合わせが複雑になり、「一人一人違って当たり前」といわれる。
パーキンソン病治療薬 各薬剤をクリックすると詳細が表示されます。 パーキンソン病治療薬の作用機序 ページトップへ パーキンソン病の治療について 外科治療 パーキンソン病の 治療について 薬物治療 外科治療 監修:医療法人社団 ...
パーキンソン病の主な治療薬 レボドパは、L-DOPA, L-ドーパと書かれることもある 薬価は2006年。薬価Bは同じ成分の ... 種 類 一般名 商品名 1錠の量 維持量 (1日あたり) 薬価 (円) 薬価B (円) 抗コリン剤 トリヘキシ フェニジール

関連画像

パーキンソン病、パ-キンソン パーキンソン病に対する主な パーキンソン病 治療薬分類中谷一泰のがんとボケの予防パーキンソン病 の 主な 治療薬 パーキンソン病治療薬」と 武立 米国では、そのCOMTの阻害 パーキンソン病」に関する


★リンクテーブル★
先読み薬理学」「antiparkinson agent
リンク元パーキンソン病」「ムスカリン受容体拮抗薬」「トリヘキシフェニジル」「セレギリン」「タリペキソール
関連記事治療」「パーキン」「」「治療薬

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


antiparkinson agent」

  [★]

antiparkinson drugantiparkinsonianantiparkinsonian agentantiparkinsonian drug

パーキンソン病」

  [★]

Parkinson disease Parkinson's disease PD
Parkinson病
振戦麻痺 paralysis agitans shaking palsy特発性パーキンソニズム idiopathic parkinsonism
症候性パーキソニズム、定位脳手術

疫学

  • 50-60歳のに発症
  • 有病率は10万人対約100人

病因

  • 不明

病理

  • 黒質線条体系のドーパミン欠如が成因に関与している (SPC.9)
  • 黒質緻密部メラニン含有細胞の変性萎縮減少と残像神経細胞の細胞内にレビー小体が出現する。レビー小体 Lewy小体
  • 障害部位およびレビー小体の出現部位:黒質緻密部、迷走神経背側運動核、交感神経心臓枝の節後線維、嗅球、青斑核、縫線核、マイネルト基底核、扁桃核。 (HBN.938)
  • 時にレビー小体が大脳皮質に出現。(HBN.938)


病態生理

  • at 黒質
脳の神経細胞は加齢により減少。
パーキンソン病では減少が早く著しい
↓ 
黒質ドパミン神経細胞が変性脱落し、ドパミンを十分合成できない。
線条体コリン神経が優位

症状

  • 1. 運動症状 3大徴候
安静時振戦 rest tremor
固縮 rigidity
無動 akinesia ← 動作緩慢 bradykinesia と記述される場合もある (HIM.2550)
姿勢保持反射障害 postual instability
  • 2. 精神障害 認知症、うつ病、神経心理学障害
  • 3. 自律神経障害 便秘、起立性低血圧、流涎(リュウゼン)、排尿障害、脂漏

症状の頻度

  • 振戦   58.2%
  • 歩行障害 24.0%
  • 動作緩慢 20.9%

症状の初発

  • 振戦 > 歩行障害、固縮、無動
  • すくみ足や姿勢反射障害で発症することはない

病因

  • 若年性Perkinson病、家族性慢性優性遺伝型Perkinson病
  • 1. Parkin遺伝子の異常、1998年
  • chr6にあるパーキン遺伝子の変異
  • パーキンはユビキチンリガーゼの一種
  • パーキンの変異でパエル受容体が異常蓄積
  • 2. α-synclein遺伝子の異常、1998年
  • chr4上のα-synuclein gene
  • リン酸、αシヌクレイン異常蓄積
  • ドパミン神経細胞師を引き起こす
  • 薬剤性:黒質線条体ドーパミン神経の脱落
  • 除草剤パラコート、園芸用殺虫剤マンネブ、天然系殺虫剤ロテノン

治療

薬物療法

  • パーキンソン病治療薬

薬物治療の副作用

脳深部刺激療法

その他

症状

  • these various motor impediments and tremors characteristically begin in one limb (more often the left) and spread to one side and later to both sides until the patient is quite helpless.(APN.1036) 片側性で始まる

国試




ムスカリン受容体拮抗薬」

  [★]

muscarinic receptor antagonist
ムスカリン受容体遮断薬抗ムスカリン様作用薬、antimuscarinic drug
ムスカリン受容体アセチルコリン受容体
  • 気道閉塞性障害
臭化ブチルスコポラミン scopolamine butylbromide
製品名:ブスコパン Buscopan
チキジウム tiquizium
  • パーキンソン病治療薬


トリヘキシフェニジル」

  [★]

trihexyphenidyl
trihexyphenidylum
塩酸トリヘキシフェニジル トリヘキシフェニジル塩酸塩 trihexyphenidyl hydrochloride
アーテン Artaneセドリーナトリフェジノントリヘキシントレミン Treminパーキネスパキソナールピラミスチン
プロサイクリディンビペリデンムスカリン受容体抗パーキンソン剤


  • パーキンソン病治療薬
ドパミン系機能とアセチルコリン系機能とを平衡させる

副作用

  • 視力障害、口渇、尿閉、便秘、混乱、せん妄 (SPC.191)



セレギリン」

  [★]

selegiline
塩酸セレギリン selegiline hydrochloride
デプレニール deprenyl


  • パーキンソン病治療薬

特徴

構造

作用機序

薬理作用

  • B型モノアミン酸化酵素阻害作用
  • ドパミン再取り込み阻害作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

添付文書

  • セレギリン塩酸塩錠2.5mg「マイラン」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1169010F1058_1_03/1169010F1058_1_03?view=body


タリペキソール」

  [★]

talipexole
塩酸タリペキソール talipexole hydrochloride
ドミン
パーキンソン病



治療」

  [★]

therapymedical treatment treatmentcarepracticecurecuringremediationtreatcureremedytherapeutic
行う開業加硫看護硬化習慣、処置、心配、実行、精神療法世話治癒注意治療学治療学的治療的治療法治療薬療法練習診療介護治療上処理ケア実践


パーキン」

  [★]

  • 1. →プロフェナミン(パーキンソン症候群の治療薬であり、抗コリン薬に分類される)
  • 2. 若年性パーキンソン病の原因遺伝子として単離された遺伝子

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


治療薬」

  [★]

therapeutic agent, therapeutic drug, remedy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡