ニザチジン

出典: meddic

nizatidine
アシノンアテミノンチザノンドルセンニザチンニザトリックニザノン



効能又は効果

  • ニザチジンカプセル75mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • ニザチジンカプセル150mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎

用法及び用量

  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.また1回300mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 逆流性食道炎
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
  • 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回75mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.

添付文書

  • ニザチジンカプセル 75mg「タナベ」/ニザチジンカプセル 150mg「タナベ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2325005M1120_1_02/2325005M1120_1_02?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/24 13:40:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-0660 ワルファリン服用中にニザチジンとオメプラゾールとの切り替えによりPT-INRの変動が見られた1症例(一般演題 ポスター発表,薬物相互作用,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 安部 智英,藤崎 佳那子,伊東 弘樹,武山 正治
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 291, 2011-09-09
  • NAID 110008910126
  • Quetiapine投与後に生じた体重増加と口渇に対してnizatidineが有効であった双極性うつ病の1症例
  • 河野 公範,西田 朗,宮岡 剛 [他]
  • 臨床精神医学 39(1), 103-106, 2010-01
  • NAID 40016965237
  • ニザチジンが固形食胃排出能に与える影響 : Wagner-Nelson 解析法を適応した^<13>C呼気試験による検討
  • 土屋 昭彦
  • 日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology 37(2), 109-113, 2007-04-01
  • NAID 10019726230

関連リンク

アシノンとは?ニザチジンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
ニザチジンカプセル75mg「タイヨー」. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流 ... ニザチジン カプセル150mg「タイヨー」. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流 ... 通常、成人にはニザチジン として1回150mgを1日2回(朝食後、就寝前)経口投与する。また1回300mgを1日1回( 就寝 ...

関連画像

KEGG DRUG: D00440ニザチジン は 独自 の 3 つ の アシノン(ニザチジン) の ニザチジン」は、独自の3つ 病態・薬物治療 (実践) - YAKU 製剤写真 - ニザチジンカプセル 今回は消化性潰瘍治療薬、防御 ニザチジンカプセル150mg

添付文書

薬効分類名

  • 受容体拮抗剤

販売名

ニザトリック錠150mg

組成

  • 1錠中、ニザチジン150mgを含有する。
    添加物として、ヒドロキシプロピルスターチ、ケイ酸Al、セルロース、ヒプロメロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、カルナウバロウを含有する。

効能または効果

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 通常、成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後、就寝前)経口投与する。また1回300mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 逆流性食道炎
  • 通常、成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後、就寝前)経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 本剤は腎排泄が主であるため、腎機能障害患者に150mgを経口投与した場合、腎機能低下にともなう血漿中半減期の遅延と、血漿クリアランスの低下がみられた。(外国データ)

慎重投与

薬物過敏症の既往歴のある患者

肝障害のある患者

  • [本剤は主として肝臓で代謝されるので、血中濃度が上昇するおそれがある。]

腎障害のある患者

  • [血中濃度が持続するので、投与量を減ずるか投与間隔をあけて使用すること。]((用法・用量に関連する使用上の注意)の項参照)

高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(いずれも頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(蕁麻疹、血圧低下、気管支痙攣、咽頭浮腫、呼吸困難等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少(いずれも頻度不明)

  • 再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあるので、初期症状として全身倦怠感、発熱、出血傾向等がみられたら、その時点で血液検査を実施し、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP上昇等の肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ニザチジンは、胃酸分泌細胞(壁細胞)のヒスタミンH受容体を遮断して胃酸分泌を抑制する。胃酸はヒスタミン、アセチルコリン、ガストリンによって分泌されるが、胃酸分泌に関与する受容体の中では、H受容体が最も重要な受容体であり、この受容体においてヒスタミンと拮抗すると最も強力な胃酸分泌抑制を示すことになる。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ニザチジン(Nizatidine)

化学名

  • (1EZ)-N-{2-[({2-[(Dimethylamino)methyl]

thiazol-4-yl}methyl)sulfanyl]ethyl}-N’- methyl-2-nitroethene-1,1-diamine

分子式

  • 1221

分子量

  • 331.46

性 状

  • 白色〜微黄白色の結晶性の粉末で、特異なにおいがある。

メタノールにやや溶けやすく、水にやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくい。

融 点

  • 130〜135℃(乾燥後)


★リンクテーブル★
リンク元消化性潰瘍用剤」「H2受容体拮抗薬」「硫酸ナトリウム

消化性潰瘍用剤」

  [★]

商品


H2受容体拮抗薬」

  [★]

H2 blocker H2-blockers
H2受容体ブロッカー H2 receptor blockerH2受容体拮抗薬 H2 receptor antagonist H2RA、ヒスタミンH2受容体遮断薬 ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2-receptor antagonists histamine H2 receptor antagonist histamine H2 antagonistH2拮抗薬 H2 antagonist H2-antagonist、H2遮断薬H2ブロッカー
抗ヒスタミン薬
[show details]
GOO.chapter36 p.971
十二指腸潰瘍の治癒率を向上する (⇔プロトンポンプ阻害薬)

H2受容体拮抗薬

構造

  • イミダゾール環をもち、ヒスタミンに似る

作用機序

  • H1受容体にはほとんど作用しない
  • H2受容体に可逆的、競合的に結合してヒスタミンを阻害する。
  • 胃粘膜の局所の肥満細胞、ECL細胞
  • histamine→H2R→Csα→AC→cAMP↑→PKA→H+,K+-ATPase
  • histamine→H2R→[Ca2+]i↑→H+,K+-ATPase   ←補助的pathway
  • H2RとMRとGRは相互作用しており、胃酸を分泌する。

注意

  • 副作用5%↓
  • 薬剤耐性
  • リバウンド
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱している
  • 薬物相互作用

副作用

  • 副作用5%↓
  • 汎血球減少症、無顆粒球症
  • 肝障害、抗アンドロゲン作用(女性化乳房、乳汁分泌)
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱しているから

相互作用



硫酸ナトリウム」

  [★]

sodium sulfate
乾燥硫酸ナトリウムアスコルビン酸アストーマアスペノンアプリトーンアモキシシリンアモペニキシンアモリンアルギスタットアルフロシンアレンフラールアンチレクスイソパール・Pイノバンウレパールエカテリシンエクセラーゼエクセラーゼ配合エホチールエルゴメトリンマレイン酸塩オーネスSPオーネスSZオーペグ カズマリンガモファーカラシミンCカルデナリンカルメゾシングルコリンSケイラーゼAケフラールケフレックスゲンタマイシンゲンタロールコスパノンコバマミドコントミンコンドロイチン硫酸ナトリウムジアイナミックスシーシーエルシータックシェトラゾーナジソピラミドスクリット配合セクロダンセフジトレンピボキシルセフジニルセブンイー・PセンセファリンダイメジンスリービーダウンテンシンタフマックEダラシンタンチパン配合テクネMAG3デトキソールトキクロルドキサゾシンドキサゾンドパミン塩酸塩トレキサメットドロキシドパトロキシンニザチジンニトレナールニトロールRニフプラス ニフレック配合ニューロライトネオ・エフラーゼ配合ハイポプロモーション
塩類下剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡