チアミンピロリン酸

出典: meddic

thiamine pyrophosphate, TPP
チアミンニリン酸
コカルボキシラーゼ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/17 08:10:04」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 15.酵母のチアミンピロリン酸シグナルによる発現制御機構(第410回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)
  • 2H12-2 チアミンピロリン酸結合型リボスイッチの機能解析(動物細胞工学・動物組織培養,分析化学・物理化学・生物工学一般,一般講演)
  • 山内 隆寛,三好 大輔,窪寺 隆文,伴 光博,西村 顕,杉本 直己
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成17年度, 222, 2005-09-25
  • NAID 110007321273

関連リンク

チアミンピロリン酸(Thiamine pyrophosphate、TPP)またはチアミン二リン酸(thiamine diphosphate、ThDP)は、チアミンピロホスファターゼによって合成されるチアミン 誘導体である。チアミンピロリン酸はチアミン(ビタミンB 1 )の活性型で ...
栄養・生化学辞典 - チアミンピロリン酸の用語解説 - →チアミン二リン酸 ... 【補酵素】より …欠乏症としては口角炎,舌炎など,皮膚障害をひき起こす例が少なくない。(3)チアミンピロリン酸thiamine pyrophosphate TPPと略される。

関連画像

チアミンピロリン酸 - Thiamine  チアミン) チアミンピロリン酸チアミンピロリン酸 | 图片 - 8 チアミンピロリン酸チアミンピロリン酸 - Thiamine 構成要素で、チアミンピロリン


★リンクテーブル★
先読みTPP」「thiamine pyrophosphate
リンク元ビタミンB1」「チアミン二リン酸」「コカルボキシラーゼ
関連記事チアミン」「リン」「アミン」「

TPP」

  [★]


thiamine pyrophosphate」

  [★] チアミン二リン酸 TDP, thiamin diphosphate, TPP


ビタミンB1」

  [★]

vitamine B1
チアミン thiamine塩酸チアミン thiamine hydrochlorideビタミンB1塩酸塩アノイリン aneurine
アミグランドパレセーフビーフリード
ビタミンチアミン二リン酸 thiamine pyrophosphate チアミンピロリン酸 TPP


  • 水溶性ビタミン

機能

  • 補酵素
  • 2. TCA回路の反応

臨床関連


チアミン二リン酸」

  [★]

thiamin diphosphate,TDP, thiamine pyrophosphate, TPP
ビタミンB1 = チアミン
ピルビン酸デヒドロゲナーゼビタミンB1チアミン thiamin
コカルボキシラーゼ
[show details]



コカルボキシラーゼ」

  [★]

cocarboxylase
チアミンピロリン酸 thiamine pyrophosphate TPPチアミン二リン酸 thiamine diphosphateジホスホチアミン diphosphothiamineアノイリンピロリン酸 aneurine pyrophosphate
アリチラーゼプロフィット
活性チアミン誘導体脚気



チアミン」

  [★]

thiamine
M.V.I.M.V.I.-12キットアクタミンアミグランドアミノレバンEN配合アリチア配合アリナミンアリナミンFエスアリネートエルネオパ1号エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVグラビタンコンベルビーサブビタンジアイナミックスジアノイナミンシーパラシグマビタンシグマビタン配合ジセタミンダイビタミックスダイメジン・マルチダイメジンスリービー配合ダイヤビタンチアデラチアミン塩化物塩酸塩ツインラインNF配合ツインライン配合トライビートリドセラン配合ナイロジンネオM.V.I.-9ネオパレン1号ネオラミン・スリービーネオラミン・マルチVノイビタノイロビタン配合ノルニチカミンバイオゲンパレセーフパンビタン末ビーカップビースリミンビーフリードビーワンビオトーワビタジェクトビタダン配合ビタノイリンビタファントビタファントFビタマル配合ビタミンB1ビタメジンビタメジン配合ビタルファフェニルアラニン除去ミルク配合プラチアミンフルカリック1号フルスルチアミンフルメチプレビタSベストンヘパンED配合ベルミンビーマルタミンムツタミンメタボリンメタボリンGラコールNF配合ラコール配合ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロートエキスロンベリンワッサーV配合塩酸B1塩酸チアミン
ビタミンB1
ビタミンB1剤


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡