チアジド系

出典: meddic

thiazide derivativethiazide
サイアザイドサイアザイド系、サイアザイド系化合物、チアジド、チアジド系化合物、チアジド系利尿薬サイアザイド系利尿薬、サイアザイド系利尿降圧剤、チアジド系薬剤、チアジド系利尿降圧剤、チアジド系利尿剤

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/18 20:21:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 配合降圧剤による光線過敏症 (特集 最近のトピックス2011) -- (最近話題の皮膚疾患)
  • 須甲 礼奈,上出 良一
  • 臨床皮膚科 65(5), 15-19, 2011-04
  • NAID 40018806530
  • カンデサルタン シレキセチル/ヒドロクロロチアジド配合剤(エカード^【○!R】配合錠)の薬理作用および臨床効果
  • 楠本 啓司,森 光宏,田之頭 淳一,戸塚 伸夫
  • 日本薬理学雑誌 134(4), 217-224, 2009-10-01
  • … エカード®配合錠はアンジオテンシンII(AII)タイプ1受容体拮抗薬(ARB)であるカンデサルタン シレキセチル(ブロプレス®錠,以下C.C.)4 mgまたは8 mgとチアジド系利尿薬であるヒドロクロロチアジド(HCTZ)6.25 mgとの配合剤である.両剤とも臨床において広く使用されている薬剤であるが,HCTZはレニンアンジオテンシン(RA)系の賦活化による血漿レニン活性上昇の結果,長期間使用すると降圧効果が減弱する …
  • NAID 10025741780

関連リンク

チアジド系利尿薬は近位尿細管中に分泌され、遠位尿細管においてNa + ・Cl - の再吸収を抑制する。チアジド系利尿薬にはトリクロルメチアジド(商品名:フルイトラン)、ヒドロクロロチアジドがある 。 副作用として低カリウム血 ...
利尿薬 チアジド系利尿薬(サイアザイド系利尿薬) 遠位尿細管において、Na(ナトリウム)、Clの再吸収を抑制して利尿効果を示す 利尿効果は弱い 降圧利用薬として高血圧症に使われる トリクロルメチアジド(フルイトラン)

関連画像

チアジド系利尿薬とループ利尿 ①利尿薬(チアジド系、ループ 一方で、 eGFRが30未満 の場合は 新機序の利尿薬「トルバプタン ループ利尿薬およびチアジド系 ミコンビ[テルミサルタン

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みthiazide」「サイアザイド系利尿薬
リンク元サイアザイド」「サイアザイド系」「thiazide derivative
拡張検索チアジド系利尿薬
関連記事」「アジド

thiazide」

  [★] チアジド系利尿薬

WordNet   license wordnet

「any of a group of drugs commonly used as diuretics in the treatment of hypertension; they block the reabsorption of sodium in the kidneys」


サイアザイド系利尿薬」

  [★] チアジド系利尿薬


サイアザイド」

  [★]

thiazide
サイアザイド系、サイアザイド系化合物、チアジドチアジド系、チアジド系化合物、チアジド系利尿薬サイアザイド系利尿薬、サイアザイド系利尿降圧剤、チアジド系薬剤、チアジド系利尿降圧剤、チアジド系利尿剤



サイアザイド系」

  [★]

thiazide
サイアザイド、サイアザイド系化合物、チアジドチアジド系、チアジド系化合物、チアジド系利尿薬サイアザイド系利尿薬、サイアザイド系利尿降圧剤、チアジド系薬剤、チアジド系利尿降圧剤、チアジド系利尿剤


thiazide derivative」

  [★]

  • チアジド系、サイアザイド系化合物
thiazide


チアジド系利尿薬」

  [★]

thiazide diuretic, benzothiazide diuretic
サイアザイド系利尿薬
利尿薬利尿薬の作用部位sodium-chloride symporter inhibitorギテルマン症候群

特徴

  • 安価である
  • 有効率が高い
  • 遠位尿細管前半部に作用するらしい
  • Na+とCl-の共輸送体(NCCT)を阻害→Na+,Cl- の再吸収を阻害する

排泄される電解質の変化

  • Na↑、K↑、H↑、Ca↓、Mg↑、Cl↑、HCO3↑、H2PO4
チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため (GOO.755) ??
チアジド系利尿薬自体のDCTでの作用による;NCCTを阻害すると細胞内のNa濃度低下、これにより側底膜でのNa+-Ca2+交換系が亢進することでCa2+の再吸収↑ (GOO.755) → つまり管腔側から受動的に引き込まれるということ。
  • ループ利尿薬と同様の機序による (GOO.755)

チアジド系利尿薬

効能・効果

  • 高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫

禁忌

  • 無尿(効果なし)
  • 急性腎不全(腎機能悪化):緻密斑より下流にチアジド系利尿薬の作用部位があるため、GFRを増加させたい場合にフィードバックがかかりにくいため?(緻密斑は適正量のNaが排泄されていると検出し、GFRを低下させても、下流では想定より多くのNaを喪失し、hypovolemicになる?)
  • 電解質異常

副作用

  • 長期間の使用における副作用:低カリウム血症、高尿酸血症高脂血症耐糖能低下、光線過敏症、脂質代謝障害。高カルシウム血症(YN.C-62) → (利尿薬参照。ループ利尿薬との違いはカルシウムを排泄するかどうか)

低カリウム血症

GOO.756
  • カリウムは抗高血圧作用があるので、チアジド系利尿薬の利尿作用を打ち消してしまう。

耐糖能の低下

GOO.756
  • 低カリウム血症の関与が示唆されている。K+をチアジド系利尿薬と共に投与すると高血糖が改善されるから。


-サイアザイド系利尿薬
-サイアザイド系利尿薬


系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷


アジド」

  [★]

azideazido
アジ化物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3