ソマトスタチノーマ

出典: meddic

somatostatinoma
D細胞腫 D cell tumor
ソマトスタチン産生腫瘍 somatostatin producing tumor
膵島細胞腫瘍ソマトスタチン




  • ソマトスタチンを分泌する内分泌腫瘍
  • 組織学:膵D細胞に類似
  • 発生部位:膵臓、十二指腸
  • 良性・悪性:ほとんどが悪性である。
  • 症状:低酸症、胆石症、下痢、脂肪便、体重減少
  • 治療:手術療法、薬物療法(ストレプトゾトシン、5-フルオロウラシル)
  • 予後:不良

参考

  • 1. [charged] ソマトスタチン産生腫瘍 - uptodate [1]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • von Recklinghausen病に合併したVater乳頭部ソマトスタチノーマの1例
  • 川口 章吾,山形 亮,高橋 誠司,齋藤 太郎,村田 有志,八木橋 操六,福田 眞作
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 53(5), 1435-1440, 2011
  • 症例は36歳女性.タール便を排泄後に意識消失をきたし当院へ救急搬送された.全身の皮膚にCafé-au-lait斑を認めた.上部消化管内視鏡検査で十二指腸下行脚に腫瘍性病変を認め,中心の潰瘍からは出血を認めた.保存的治療後,幽門輪温存膵頭十二指腸切除術が施行されたが,腫瘍は膵頭部にまで浸潤しており,♯13aのリンパ節に転移を認めた.腫瘍は免疫組織学的検査の結果ソマトスタチノーマであると診断 …
  • NAID 130000758425
  • ソマトスタチン (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 間脳下垂体関係(subunitを含む))
  • 齋藤 晴比古,細井 英司,佐野 壽昭
  • 日本臨床 68(-) (982), 203-207, 2010-07
  • NAID 40017200721

関連リンク

von Recklinghausen病に合併したVater乳頭部ソマトスタチノーマの1例. 川口 章吾, 山形 亮,高橋 誠司,齋藤 太郎,村田 有志,八木橋 操六,福田 眞作; 日本消化器内視鏡 学会雑誌 53(5), 1435-1440, 2011; 症例は36歳女性.タール便を排泄後に意識消失を ...
はじめに. ソマトスタチンが過剰分泌され,脂肪性下痢,体重. 減少,胆!症,軽度糖尿病 ,低酸症などを起こした場. 合は,ソマトスタチノーマ症候1)として知られている. 今回, 我々は胆!摘出術の既往を有し,著明な下痢と. 体重減少を主訴に受診した ...

関連画像

膵神経内分泌腫瘍の画像診断 業績(治療実績/論文/著書 業績(治療実績/論文/著書 クリックすると拡大表示 慶應義塾大学 一般・消化器 業績(治療実績/論文/著書 ソマトスタチノーマが疑われる 慶應義塾大学 一般・消化器


★リンクテーブル★
国試過去問104A016」「097H059」「100B037」「103I026
リンク元ソマトスタチン」「胆石」「膵腫瘍」「脂肪便」「somatostatinoma
関連記事ノーマ」「チノ

104A016」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。 3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104A015]←[国試_104]→[104A017

097H059」

  [★]

  • 腫瘍とその随伴症候の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H058]←[国試_097]→[097H060

100B037」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B036]←[国試_100]→[100B038

103I026」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I025]←[国試_103]→[103I027

ソマトスタチン」

  [★]

somatostatin (Z)
膵ソマトスタチン pancreatic somatostatin、成長ホルモン分泌抑制因子 growth hormone release inhibiting hormone(GH-RIH)、somatotropin release inhibiting factor(SRIF)
消化管ホルモン
  • 成長ホルモンに拮抗する作用を有する
  • 成長に必要な栄養の消化吸収を抑制

分類

  • 消化管ホルモン?・中枢神経系のホルモン(様々なところで発現しており、多くの生理活性により神経の調節を行っている(参考1))?

性状

  • ペプチド
  • 環状構造を取っており、ジスルフィド結合によりこの構造が保たれている。
  • 二つの型があり、共通のpreprohormonが転写後プロセッシングを受けてsomatostatin-14(14 a.a.)とsomatostatin-28(28 a.a.)ができる。somatostatin-14はsomatostatin-28のC末の配列と同一である。

産生組織

  • 消化器
  • 視床

参考1

  • 神経系:大脳皮質、視床下部、脳幹、脊髄の皮質に豊富。心臓、甲状腺、皮膚、眼、胸腺の神経に局在している。
  • 消化器系:消化管と膵臓に豊富。そこで傍分泌あるいは内分泌のような形でD細胞により、そして腸神経によって産生されている。

標的組織

受容体

  • G蛋白共役型受容体(5つのサブタイプがある。どのサブタイプもGiαサブユニットを介する)

作用

First Aid step 1 p.269

総じて、消化活動を止めさせる方向に作用
(下垂体で?)

参考1より

  • ソマトスタチンにより抑制されるホルモン  (↓ホルモンとは思えない物もまじっていいる気が)

分泌の調整

分泌亢進

分泌抑制

  • 迷走神経刺激

臨床関連

参考

  • 1.[charged]Physiology of somatostatin and its analogues - uptodate [2]



胆石」

  [★]

gall stone
cholelithiasis
胆石症胆石イレウス胆汁

部位による区分

成分による区分

参考1-5

  • コレステロール混成石:内層がコレステロール成分、外層がビリルビン成分。胆嚢内に単発が多い。割面は放射状+層状。
  • コレステロール混合石:コレステロールと少量のビリルビン。黄、褐、緑、黒、白など多彩。個数は数個から数百個に及ぶ。胆嚢内に発生。内部にひび割れを生じる。
  • 全胆石の30%を占め最も多い。
  • 原因:胆汁うっ滞+細菌感染
  • 黒色石:ビリルビンカルシウムの重合体。ほとんどが胆嚢内。
  • 原因:溶血性貧血、肝硬変

主要なリスクファクター

参考6
  • 年齢
  • 性別:女性
  • 遺伝:ピマインディアン(2型糖尿病の罹患率が高い)、ある種のネイティブアメリカ人、チリ人
  • 妊娠
  • 肥満
  • 急激な体重減少
  • 超低カロリー食
  • 病的肥満に対する手術療法
  • 回腸末端切除
  • 胆汁うっ滞(gallbladder stasis)
  • 身体活動性低下

検査

超音波所見

X線CT

  • 石灰化胆石:胆嚢内高濃度
  • コレステロール胆石:胆嚢内低濃度

参考

  • 1. 写真付き
[display]http://www.med.kyushu-u.ac.jp/surgery1/aboutus/topics/chole/index.html
  • 2. 解説
[display]http://www.ususus.sakura.ne.jp/062-002cholecystolithiasis0.html
  • 3. 解説
[display]http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hiromu/new_page_17.htm
  • 4. 解説
[display]http://hattori-clinic.com/byouki-tannou.stone.htm
  • 5. 解説
[display]http://www.sada.or.jp/feature/cholelithiasis.html
  • 6. [charged] Epidemiology of and risk factors for gallstones - uptodate [3]


膵腫瘍」

  [★]

pancreatic tumor, pancreatic neoplasm, tumors of the pancreas
膵癌膵臓

分類 (膵癌取扱い規約、2002 改変)

  • 上皮性腫瘍
  • 外分泌腫瘍
  • 漿液性嚢胞腫瘍
  • 漿液性嚢胞腺腫
  • 漿液性嚢胞腺癌
  • 粘液性嚢胞腫瘍
  • 粘液性嚢胞腺腫
  • 粘液性嚢胞腺癌
  • 膵管内腫瘍
  • 膵管内乳頭
  • 粘液性腺腫
  • 腺癌
  • 膵管内管状腫瘍
  • 異型過形成および上皮内癌
  • 浸潤性膵管癌(乳頭腺癌、管状腺癌、腺扁平上皮癌、粘液癌、退形成性膵管癌、浸潤性粘液性嚢胞腺癌、膵管内腫瘍由来の浸潤癌)
  • 腺房細胞腫瘍(細胞腺腫、細胞癌)
  • 併存腫瘍
  • 分化方向の不明な上皮性腫瘍(膵芽腫、未分化癌)
  • 分類不能
  • その他
  • 非上皮性腫瘍

検査

血管造影検査



脂肪便」

  [★]

fatty stool, steatorrheasteat + rrhea
脂肪性下痢 fatty diarrhea
脂肪吸収不全症腸管吸収障害
  • 脂肪の消化吸収が不完全なため、白っぽい脂肪でギラギラした便を脂肪便という。


原因

HIM.250

  • 腸管内の消化不良
  • 粘膜での吸収不良
  • 粘膜から吸収された後のリンパ管系の閉塞


somatostatinoma」

  [★]

ソマトスタチン産生腫瘍ソマトスタチノーマ 膵島細胞腫

ノーマ」

  [★]

noma
壊疽性口内炎

チノ」

  [★] ケノデオキシコール酸



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡