ジヒドロピリジン系

出典: meddic

dihydropyridine

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Ca拮抗薬とATPの抗不整脈作用
  • 小野 克重
  • 心電図 = Electrocardiology 30(1), 3-19, 2010-03-10
  • … は撃発活動に対して顕著にこれを抑制する.抗不整脈作用を有するCa拮抗薬は,ベラパミル(フェニルアルキラミン系)とジルチアゼム(ベンゾチアゼピン系)に限られ,通常降圧剤として用いられるジヒドロピリジン系Ca拮抗薬は血管選択性が強いために心臓作用は期待できない.一方,Vaughan-Williams分類では抗不整脈薬に分類されていないが,アデノシンやATP(アデノシン三リン酸)は受容体を介した心筋細胞外から …
  • NAID 10026410687
  • 20-P1-087 グレープフルーツジュース相互作用解析 : ジヒドロピリジン系薬剤のメタ解析及び物性相関(薬物相互作用,来るべき時代への道を拓く)
  • 竹内 崇浩,植沢 芳広,竹内 幸一,毛利 公則
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 18, 297, 2008-09-01
  • NAID 110006964050

関連リンク

カルシウム拮抗薬には、ジヒドロピリジン系薬、ベンゾジアゼピン系薬(ジルチアゼム(薬) )、diphenylalkylamine系薬(ベラパミル(薬))がある。降圧効果は、ジヒドロピリジン系 では強力であり、ジルチアゼムではやや弱く、ベラパミルではさらに弱い。一方、心抑制 ...

関連画像

 ジヒドロピリジン 系 ca 拮抗 薬ジヒドロピリジン系 拮抗薬 > ジヒドロピリジン系ジヒドロピリジン系トラフ時坐位収縮期血圧および 製剤、非ジヒドロピリジン


★リンクテーブル★
先読みカルシウム拮抗薬」「dihydropyridine
リンク元ニフェジピン」「ニカルジピン」「ジヒドロピリジンカルシウムチャネル遮断薬
拡張検索ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル遮断薬
関連記事リジン」「」「ジヒドロ」「ジヒドロピリジン」「ピリジン

カルシウム拮抗薬」

  [★]

calcium antagonist
カルシウムチャネル遮断薬 calcium channel blocker CCB calcium channel blockers CCBs, Ca2+ channel blockerカルシウムチャネル拮抗薬カルシウムチャネル阻害薬カルシウムチャネルブロッカー
カルシウムブロッカー, calcium blocker, Ca blockerカルシウム拮抗薬カルシウム阻害薬Ca拮抗薬
薬理学カルシウムチャネル

概念

  • 細胞膜の膜電位依存性Caチャネルに特異的に結合し、細胞内へのカルシウムの流入を減少させる作用を有する薬物の総称。

適応

分類

  • 第1世代
ベラパミル  verapamil  心臓
ジルチアゼム diltiazem  心臓 血管
ニフェジピン nifedipine    血管
  • 第2世代
  • 徐放化的製剤 ・・・剤形が変わる
  • 組織特異性・長時間作用
  • 第3世代 ↓
  • 生物学的利用能↑。血中半減期が長い
アムロジピン amlodipine

副作用

YN.C-64他
  • 1. 末梢血管拡張作用による頭痛、顔面紅潮、めまい
  • 2. 不整脈
  • ジルチアゼム、ベラパミル → 洞性徐脈、房室伝導障害
  • ニフェジピン → 反射性頻脈
  • 3. 下腿浮腫  ←  細静脈拡張せずに細動脈が拡張するため
  • 4. 歯肉肥厚

禁忌

  • 動物実験にて催奇形性がある→妊婦への使用は禁忌→胎児の形成が終わればO.K.




dihydropyridine」

  [★] ジヒドロピリジン DHP


ニフェジピン」

  [★]

nifedipine
アダラート AdalatエマベリンセパミットヘルラートProcardiaアタナールアテネラートカサンミルカサンミルSキサラートケパクルコバニフェートコバラートコリネールシオペルミントーワラートニフェスローニフェラートニフェランタンニレーナラミタレート
カルシウム拮抗薬血管拡張剤

分類

  • カルシウム拮抗薬
  • ジヒドロピリジン系

薬理作用

  • 血管平滑筋の弛緩
  • 末梢血管を弛緩させる。国試的には心筋に対する作用はなく、心抑制を心配せず使用できる。

適応

  • 本態性高血圧症、腎性高血圧症 (コバラートL錠20mg)
  • 高地肺水腫の原因となる肺高血圧に対して。(SQ.509)



ニカルジピン」

  [★]

nicardipine
ニカルジピン塩酸塩 塩酸ニカルジピン nicardipine hydrochloride
アポジピンイセジピールコポネントサリペックスツルセピンニカジルスLニカルジレートニカルピンニコデールニスタジールペルジピンラジストミン
カルシウム拮抗薬
血圧降下剤


分類

  • ジヒドロピリジン系



ジヒドロピリジンカルシウムチャネル遮断薬」

  [★] ジヒドロピリジン系


ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル遮断薬」

  [★] ジヒドロピリジン系


リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3




系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

ジヒドロ」

  [★]

dihydro

ジヒドロピリジン」

  [★]

dihydropyridine
ジヒドロピリジン系


ピリジン」

  [★]

pyridine
ピリジン塩基





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡