グリセリン

出典: meddic

グリセロール
下剤,浣腸剤


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/30 16:34:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 湯煎中のディスポーザブルグリセリン淀腸液と湯煎用温湯の温度変化に関する検討
  • 森 祥子,青木 涼子,寺山 範子
  • 医学と生物学 155(11), 751-755, 2011-11
  • NAID 40019061662
  • R&D 固体触媒を用いたグリセリンの接触水蒸気改質による都市ガス製造の可能性
  • 鈴木 崇,村上 恵理,木村 光
  • 機能材料 31(11), 49-54, 2011-11
  • NAID 40019023384
  • 薬物治療 冠動脈疾患治療薬 血管拡張薬・硝酸薬 (冠動脈疾患(上)診断と治療の進歩) -- (冠動脈疾患における治療学の進歩)
  • 3Aa11 嫌気発酵を用いた過負荷グリセリン分解の促進と制御技術の開発(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演)
  • 柏木 麻衣,徳本 勇人
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 220, 2011-08-25
  • NAID 110008911650

関連リンク

グリセリン (glycerine, glycerin) は、示性式 C3H5(OH)3 もしくは分子式 C3H8O3 で 表される3価のアルコールである。IUPAC名は 1,2,3-プロパントリオール (1,2,3- propanetriol) である。グリセロール (glycerol) と呼ばれることもある。 1779年に スウェーデンの ...
グリセリンの不思議. コールドプロセス製法で作られた石けんの特徴は、グリセリンが たくさん含まれていることです。 市販されている石けんの多くは石けんを作る過程で塩基 という作業により一旦グリセリンを全部取り去って、 その後、適量を追加するという方法 を ...

関連画像

日本薬局方 グリセリン 500mlグリセリンは、家にあった尿素 グリセリン ニッコー 一般 名 グリセリンを入れました グリセリン★♪500ml植物性グリセリン500g【手作り

添付文書

薬効分類名

  • 調剤用薬

販売名

「純生」グリセリン

組成

  • グリセリン84?87%を含む(比重による)。

効能または効果

  • 浣腸液の調剤に用いる。
    また、溶剤、軟膏基剤、

湿潤・粘滑剤として調剤に用いる。 ■


★リンクテーブル★
リンク元緑内障」「フルクトース」「下剤,浣腸剤」「グリセロール」「複方ヨード・グリセリン
拡張検索ニトログリセリン」「ヨード・グリセリン歯科用消毒液」「3-ホスホグリセリン酸」「モノステアリン酸グリセリン
関連記事リン」「セリン

緑内障」

  [★]

glauc 青みがかった緑 + oma
glaucoma ()
あおそこひいしそこひ

分類 SOP.92

  • I. 原発緑内障
  • 1. 原発開放隅角緑内障(広義)
  • 2. 原発閉塞隅角緑内障
  • 3. 混合緑内障
  • 1. 続発開放隅角緑内障
  • 2. 続発閉塞隅角緑内障
  • 1. 早発型発達緑内障
  • 2. 遅発型発達緑内障
  • 3. 他の先天異常を伴う発達緑内障

症状


治療

  • 薬物療法、手術療法
  • 薬物療法
  • プロスタグランジン関連薬 ← 原発開放隅角緑内障
  • ぶどう膜強膜経路の房水排出を促進
  • 交感神経遮断薬 ← 原発開放隅角緑内障
  • 房水産生を抑制
  • 炭酸脱水酵素阻害薬
  • 房水産生を抑制
  • 副交感神経刺激薬
  • シュレム管経路の房水流出を促進
  • 交感神経刺激薬
  • 眼房水産生を抑制しぶどう膜強膜流出を増加する ← 交感神経遮断薬と矛盾しない?
  • 高張浸透圧薬
  • 硝子体容積を減少させる。 ←急性緑内障発作時など急激に眼圧をしたい場合に用いる。
  • マンニトールグリセリン静注、イソバイド内服
  • 副作用:頭痛、めまい、下痢、利尿
  • 禁忌:急性頭蓋内血腫
  • 慎重:心不全、腎機能障害


参考

  • 1. 緑内障診療ガイドライン(第2版)
http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/glaucoma2.jsp




フルクトース」

  [★]

fructose, Fru
果糖, fruit sugarレブロース levulose
果糖注フルクトン。(果糖グリセリン)グリセレブグリセオールグリセノングリセリンFヒシセオールグリポーゼグリマッケン。(アミノ酸輸液製剤)アミノトリパ1号輸液トリパレン1号トリフリード輸液フルクトラクト
単糖


薬効

5%, 20%フルクトースとして

20%フルクトン注
  • 1. エネルギー補給:果糖はブドウ糖に比べてグリコーゲン生成能が大で、容易に乳酸に分解されるため、速やかにエネルギー源となり、糖尿病状態時や肝障害時でも利用される。
  • 2. インスリン非依存性:果糖は主として肝に存在するfructokinase(ketohexokinase)により代謝され、インスリンの影響を受けず、糖尿病状態時にも使用できる。
  • 3. 蛋白節約作用:果糖は体内窒素平衡に関与し、ブドウ糖に比べて強い蛋白節約作用があり、糖尿病状態時でもその作用を示す。
  • 4. 解毒作用:果糖はアルコール及び種々有毒物質の解毒を促進する

グリセリン、フルクトースの混合輸液として

グリポーゼ
  • 脳圧降下作用のあるグリセリン(グリセロール)に,溶血防止作用のある果糖(フルクトース)が配合されており、脳圧降下作用及び眼圧降下作用がある。

アミノ酸輸液との配合輸液として

アミノトリパ
  • 1. 糖質とアミノ酸の配合比率:本剤を構成する糖質・電解質液とアミノ酸液との配合比率を検討するため、一定の非蛋白熱量下にアミノ酸配合量を変えた液を用いて、絶食ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、蛋白栄養指標(窒素出納や血漿アルブミン濃度等)を良好に維持するための非蛋白熱量/窒素(NPC/N)は約150前後であることが確認された。
  • 2. 栄養学的効果:本剤の栄養学的効果を市販製剤の混合液と比較するため、開腹術施行ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、本剤は窒素出納や肝グリコーゲン量等において、良好な栄養効果が認められた。



下剤,浣腸剤」

  [★]

緩下薬

商品

グリセロール」

  [★]

glycerol
glycerinum
グリセリン glycerin
グリセリン浣腸、アミラック、グリセリンカリ液(皮膚軟化薬)、グリセオール(利尿薬)
[show details]



複方ヨード・グリセリン」

  [★]

compound iodine glycerin
ルゴール 複方ヨード・グリセリン 複方ヨードグリセリン
ルゴール液
ヨウ素液状フェノールグリセリン


ニトログリセリン」

  [★]

nitroglycerin NTG, glycerol trinitrate, GTN
nitroglycerinum
ニトロダームバソレーターミオコールジドレンニトロペンミニトロテープミリステープミリスロールメディトランステープ
血管拡張剤
  • 狭心症治療薬
  • 硝酸薬

薬理作用

  • 血管平滑筋への直接作用により、特に冠血管を拡張し心筋への酸素供給を増加し、また末梢血管を拡張して前負荷および後負荷を低下させ、心仕事量を軽減する。
  • 還流静脈血量が減少するので、拡張期の心室血液量は減少(decreased right and left ventricular filling)
  • [低用量]特に静脈を拡張させる → 前負荷の軽減。血管抵抗は不変なので前負荷が減少した分、心拍出量が低下する。動脈の拡張は冠状動脈、顔面の血管、髄膜の細血管でおこる。後者2者は副作用(顔面の紅潮、頭痛)を来す機序と関係。(PHD.414)
  • [高用量]全身の細動脈と細静脈を拡張させる。これにより低血圧となり頻脈をおこす。けど、心不全の患者の場合はこれは起こらない(後負荷↓→十分なCO→交感神経緊張↓)。(PHD.414)

適応

  • 労作性狭心症
  • 異型狭心症
  • 心不全



ヨード・グリセリン歯科用消毒液」

  [★] グリセリンヨウ化カリウムヨウ素硫酸亜鉛水和物

その他の歯科口腔用薬


3-ホスホグリセリン酸」

  [★]

[[]]
3PG
[[]]


3PG


モノステアリン酸グリセリン」

  [★]

glyceryl monostearate


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡