クロム親和性細胞

出典: meddic

chromaffin cellpheochromocyte
クロム親和細胞クロマフィン細胞セロトニンenterochromaffin cells

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/23 17:51:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Neuroinflammation (神経炎症)-諸疾患病態への関与
  • 柴田 亮行,猪瀬 悠理,尾身 葉子,小林 智範,遠井 素乃,川口 素子,小林 槇雄
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E1), E14-E24, 2011-03-31
  • … ペナンブラにおけるニューロンとグリアの炎症活動を如何に制御できるかが、梗塞巣の縮小を目的とする治療の鍵となるであろう.炎症性腸疾患では、病巣に巻き込まれた末梢神経終末、腸管クロム親和性細胞および免疫担当細胞の間で交わされる情報交換が二次的な炎症を惹き起こし、攣縮性腹痛、反射性嘔吐下痢および裏急後重のような臨床症状をもたらす.従って、neuroinflammationへの理解を深めることは、 …
  • NAID 110008439095
  • 馬クロモグラニンA遺伝子のクローニングおよび内分泌腺と外分泌腺における発現
  • 佐藤 文夫,長谷川 晃久,片山 芳也,岩永 敏彦,矢内原 昇,菅野 富夫,石田 信繁
  • The journal of veterinary medical science 62(9), 953-959, S・v, 2000-09-25
  • … クロモグラニンA(CGA)は副腎髄質クロム親和性細胞, 神経およびパラニューロン組織の細胞においてカテコラミン類やその他の分泌物質と共に存在し, 共に放出されることが知られている酸性タンパク質の1つである.最近, CGAはストレスマーカーの1つとして臨床応用が期待されているが, その生理活性機能に関しては, まだよく解っていない.今回我々は, 馬CGA遺伝子のcDNA塩基配列をRT-PCRおよびRACE法を用いて決定した.全長1,828 …
  • NAID 110003920466

関連リンク

クロム親和性細胞(クロムしんわせいさいぼう、英: Chromaffin Cells)は、内分泌細胞 の一種であり、細胞内に分泌小胞であるクロム親和性顆粒(クロマフィン顆粒、英: Chromaffin Granule)を含み、副腎髄質に存在する。組織切片が重クロム酸カリウム(二 クロム ...

関連画像

クロム親和性細胞 - Chromaffin cellクロム親和性細胞 - Chromaffin cell② パネート細胞 : 円柱形 クロム親和性細胞クロム親和性細胞 - Chromaffin cell


★リンクテーブル★
先読みセロトニン
リンク元ドパミン」「アドレナリン」「副腎髄質」「クロマフィン細胞」「pheochromocyte
拡張検索腸クロム親和性細胞」「腸クロム親和性細胞様細胞」「腸クロム親和性細胞様
関連記事親和性」「性細胞」「クロム」「細胞

セロトニン」

  [★]

serotonin, 5-HT, 5-hydroxytryptamine
神経伝達物質セロトニン受容体セロトニン作動性ニューロン5-ヒドロキシインドール酢酸 5-HIAA
生合成
 トリプトファン          →      5-ヒドロキシトリプトファン
         トリプトファン5-モノオキシゲナーゼ

                                     OH
                   /\                      /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○| → -OOC-CH(NH3+)-CH2----| ○|
             ||    |  |                ||    |  |
               \ / \/                 \ / \/
                  NH                      NH
          +                              +
    テトラヒドロビオプテリン     ジヒドロビオプテリン
          +
          O2

 5-ヒドロキシトリプトファン   →      セロトニン
         芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ

                                OH
                   /\                  /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○ | → H2N-CH2-CH2----| ○|
             ||    |  |            ||    |   |
               \ / \/              \ /\/
                  NH                  NH


薬理学

セロトニン再取り込み阻害薬

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬



ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態



アドレナリン」

  [★]

adrenarine
(国試)エピネフリン epinephrineエピレナミン epirenamineスプラレニン suprarenin
酒石酸水素エピネフリン
Adrenalin, EpiPenボスミンエピペン
カテコールアミンノルアドレナリンアドレナリン受容体
SPC. 61,68,86,142
GOO. 244
  • 副腎髄質クロム親和性細胞で合成・分泌される
  • MAOCOMTによって代謝される

作用機序

薬理作用

血管作用

アドレナリン投与下にα受容体阻害薬を投与すると末梢血管抵抗が低下し血圧が低下する現象。α受容体を介した末梢血管収縮が抑制され、β2受容体を介した末梢血管平滑筋が弛緩することによる。

動態

適応

効能又は効果

(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

  • 下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
  • 気管支喘息,百日咳
  • 各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧またはショック時の補助治療
  • 心停止の補助治療

用量

  • 心肺蘇生
  • ACLS:静注1mg  ←  プレフィルのシリンジは大抵1mg/1mlで調製されている。
  • PALS:静注・骨髄 0.01mg/kg 気管内投与 0.1mg/kg
  • アナフィラキシーショック:皮下注~筋注で0.3mg

注意

  • 本剤は心筋酸素需要を増加させるため、心原性ショックや出血性・外傷性ショック時の使用は避けること(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

禁忌

副作用

副腎髄質」

  [★]

adrenal medulla (Z)
副腎副腎皮質
  • クロム親和性細胞カテコールアミンを合成
  • クロム親和性細胞の顆粒中にはAD:NA=4:1で貯蔵されている(SPC.140)
  • 交感神経節が内分泌器官に分化した組織 (SP.899)
  • 胸髄(T5-T9)から出る交感神経節前ニューロン(大内臓神経の線維)の支配を受ける (SP.899)
adrenal medulla


クロマフィン細胞」

  [★]

chromaffin cell
クロム親和細胞クロム親和性細胞


pheochromocyte」

  [★]

chromaffin cell


腸クロム親和性細胞」

  [★]

enterochromaffin cell
消化管内分泌細胞腸クローム親和性細胞腸クロム親和細胞
クローム親和性細胞セロトニン
  • 生体内の全セロトニン量の90%は消化管粘膜の腸クロム親和性細胞で生合成されている。
  • 消化管の生理機能と関連


腸クロム親和性細胞様細胞」

  [★]

enterochromaffin-like cell, ECL cell,enterochromaffin-like cells, ECL cells
ECL細胞
  • 胃の壁細胞に近接して存在し、ヒスタミンを分泌する。これにより壁細胞からの胃酸分泌を促す。


腸クロム親和性細胞様」

  [★]

enterochromaffin-likeenterochromaffinlikeECL

親和性」

  [★]

affinity
アフィニティー結合性親和力アフィニティ、(ウイルスの)向性


性細胞」

  [★]

germ cell
生殖系列生殖細胞配偶子胚細胞生殖系列細胞

クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡