クレアチニンクリアランス

出典: meddic

creatinine clearance, Ccr
クレアチニンクリアランス



クレアチニンとGFRとの解離

  • 血清クレアチニンGFRは負の相関がありかつ指数関数的な関係がある。血清クレアチニンが基準範囲よりわずかに低下するだけでもGFRは急激に低下することがある。(参考1)(参考2)

推定式

  • Ccr=((140 - age)× BW (kg))/(72×Cr(mg/dL)) (女性では×0.85)

計算

数字を入力

男 man 女 woman
歳 year-old kg mg/dl
Ccr = ml/min
eGFR = ml/min


問題点

  • GFRを過大評価する。体表面積で補正されていない。腎機能が安定している場合にのみ正確。

参考

  • 1. A more accurate method to estimate glomerular filtration rate from serum creatinine: a new prediction equation. Modification of Diet in Renal Disease Study Group.
  • Levey AS, Bosch JP, Lewis JB, Greene T, Rogers N, Roth D.SourceNew England Medical Center, Boston, MA 02111, USA. Andrew.Levey@es.nemc.org
  • Annals of internal medicine.Ann Intern Med.1999 Mar 16;130(6):461-70.
  • BACKGROUND: Serum creatinine concentration is widely used as an index of renal function, but this concentration is affected by factors other than glomerular filtration rate (GFR).OBJECTIVE: To develop an equation to predict GFR from serum creatinine concentration and other factors.DESIGN: Cross-sect
  • PMID 10075613
  • 2.
[display]http://annals.org/article.aspx?articleid=712617



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/13 10:32:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎障害 (がん患者の周術期管理のすべて) -- (合併症を持つがん患者の周術期管理)
  • 岡本 雅彦,坂井 利規,昇 修治 [他]
  • 外科治療 104(-), 721-725, 2011-06
  • NAID 40018881670
  • CKDステージ分類に基づくシスタチンCを含めた各種腎機能マーカーの臨床的有用性
  • 鈴木 芳武,松下 一之,吉田 俊彦 [他]
  • 臨床病理 59(4), 345-351, 2011-04
  • NAID 40018839730

関連リンク

クレアチニンクリアランス(英: Creatinine clearance、CCrと略される)は、血清中の クレアチニンのクリアランス(腎臓が ... 厳密には尿細管から分泌されるのでイヌリン とは動態が異なるのだが、クレアチニンクリアランスはイヌリンクリアランスとよく ...

関連画像

⑦クレアチニンクリアランスクレアチニンクリアランス[2 24 時間 法 ref file not found 24 時間 ジゴキシン初期投与ノモグラム血清Cr=血清クレアチニンクレアチニンクリアランスメディマグ. 糖尿病


★リンクテーブル★
先読みクリアランス」「クレアチニン
国試過去問099E043」「099D101」「081B027」「090B056
リンク元糸球体濾過量」「尿素クリアランス」「コッククロフト式」「イヌリンクリアランス」「クレアチニンクリアランス値
拡張検索アミラーゼ・クレアチニンクリアランス比」「尿酸クリアランスクレアチニンクリアランス比」「内因性クレアチニンクリアランス」「アミラーゼークレアチニンクリアランス比
関連記事クリア

クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。



クレアチニン」

  [★]

creatinine, Cr, Cre, CRE
メチルグリコシアミジン methylglycocyamidine
クレアチン


物性

  • 分子量:113.12 g/mol (wikipedia en)

臨床検査



099E043」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099E042]←[国試_099]→[099E044

099D101」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099D100]←[国試_099]→[099D102

081B027」

  [★]

090B056」

  [★]

  • クレアチニンクリアランスの低下を来すのはどれか?

糸球体濾過量」

  [★]

glomerular filtration rate, GFR
糸球体濾過率 「糸球体濾過量」の方がよく使われているらしい
糸球体濾過値イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス慢性腎不全推算糸球体濾過量 eGFR


概念

  • 糸球体で濾過される血漿の量(厳密には時間あたりの量)
  • 糸球体で完全に排泄される物質を使って算出する
  • 成人のGFR:100-150 ml/min (SP.778)

試験

GFRに影響を与える因子

  • 上昇:妊娠、糖尿病性早期腎症、蛋白の過剰摂取(尿中のクレアチニンの影響を受ける(出典不明))、アンジオテンシンII
  • 低下:脱水
考える技術 第2版 p.528
輸入細動脈抵抗低下不能 輸出細動脈抵抗上昇負荷 腎血管閉塞
高血圧
動脈硬化
慢性高血圧
慢性腎臓病
悪性高血圧
NSAID
COX-2阻害薬
敗血症
高カルシウム血症
シクロスポリン
タクロリムス
腎動脈狭窄
ACE阻害薬
ARB
腎動脈狭窄

理論値

  • (1) Ccrからの近似する方法
  • Ccr=((140-年齢)×体重(kg))/(72×Cr(mg/dL))(女性では×0.85)
  1. ref(GFR_fig.png,[糸球体濾過量])



尿素クリアランス」

  [★]

urea clearance, CU
ウレアクリアランス
イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス


  • 尿中には300mM含まれる
  • 18-27 g/day (尿量を1.0-1.5 l/dayとしたとき)
  • 尿素クリアランスはイヌリンクリアランス(GFR)の約1/2
  • 濾過量の約1/2は尿細管で再吸収されることを示す。
  • 尿素クリアランスは尿素の血漿濃度に非依存的→再吸収は受動的な過程
  • 関連

[[1]]


コッククロフト式」

  [★]

Cockcroft equation
Cockcroft&Gaultの式
クレアチニンクリアランス
[show details]
  • 血清Crを推定する式
Ccr=((140-年齢)×体重(kg))/(72×Cr(mg/dL))(女性では×0.85)


イヌリンクリアランス」

  [★]

inulin clearance CIN
糸球体濾過値クレアチニンクリアランスクリアランスイヌリン



クレアチニンクリアランス値」

  [★]

creatinine clearance
クレアチニン・クリアランスクレアチニンクリアランス


アミラーゼ・クレアチニンクリアランス比」

  [★]

amylase creatinine clearance ratio ACCR
急性膵炎マクロアミラーゼ血症アミラーゼ
  • ACCR=尿中Amy x 血中Cre / 血中Amy x 尿中Cre x 100
 膵炎:6-12%と高値
 健常:2.9±0.4%
 唾液腺型:2-3%
 マクロアミラーゼ血症≦1%



尿酸クリアランスクレアチニンクリアランス比」

  [★]

尿酸クリアランスクレアチニンクリアランス
CUA / Ccr
  • 基準範囲:5.5~11.1% (LAB.507)
  • 判定  :5%以下は排泄低下

内因性クレアチニンクリアランス」

  [★]

endogenous creatinine clearance
クレアチニンクリアランス



アミラーゼークレアチニンクリアランス比」

  [★] アミラーゼ・クレアチニンクリアランス比


クリア」

  [★]

clear
明らか清澄明白明瞭




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡