カンピロバクター感染症

出典: meddic

Campylobacter infection
Campylobacter感染症、カンピロバクター感染、カンピロバクター症 campylobacteriosis
カンピロバクター属カンピロバクター腸炎



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/15 06:21:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サルモネラ感染症,カンピロバクター感染症 (小児の治療指針) -- (感染症)
  • カンピロバクターの人への病原性
  • 三澤 尚明
  • 鶏病研究会報 44(2), 59-66, 2008-08-25
  • カンピロバクター属菌が人に対する病原細菌として認識されたのは、約30年前のことであり、新興感染症の一つに含まれる。本属菌の多くは動物の腸管内に広く分布しており、本症の伝播経路は食品を媒介する間接伝播と保菌動物の糞便による直接伝播がある。したがってカンピロバクター感染症は食中毒の原因菌としてだけでなく人獣共通感染症として公衆衛生上重要なテーマの一つになっている。中でもCampylobacter je …
  • NAID 10022568039
  • カンピロバクター感染症の疫学と対策
  • 甲斐 明美,横山 敬子,高橋 正樹
  • 鶏病研究会報 43(2), 115, 2007-08-25
  • NAID 10022567711

関連リンク

カンピロバクター属菌は2004年現在、17菌種6亜種3生物型から構成されている。ヒトの カンピロバクター感染症は胃腸炎症状を主たる臨床像とし,その原因菌の95~99 % は Campylobacter jejuni subsp. jejun(i 以下C. jejuni )で、C. coli は数%に止まる。
カンピロバクター属菌は2004年現在、17菌種6亜種3生物型から構成されている。ヒトの カンピロバクター感染症は胃腸炎症状を主たる臨床像とし,その原因菌の95〜99 % は Campylobacter jejuni subsp. jejun(i 以下C. jejuni )で、C. coli は数%に止まる。

関連画像

カンピロバクターの症状】カンピロバクター感染症の患者 カンピロバクター感染症の患者 鶏肉が・・カンピロバクターで カンピロバクター感染症感受性パターン


★リンクテーブル★
先読みカンピロバクター腸炎」「カンピロバクター属」「campylobacteriosis
国試過去問105A037
リンク元プロトンポンプ阻害薬」「Campylobacter jejuni」「Campylobacter infection」「腸管感染症」「Campylobacter感染症
関連記事感染症」「感染」「バクタ」「」「ロバ

カンピロバクター腸炎」

  [★]

Campylobacter enteritis
カンピロバクター属食中毒菌

病原体

疫学

  • 4-5歳児が最多

症状

  • 腹痛、下痢(水様便、時に血便)、嘔吐などの胃腸炎を呈する。

参考

  • 1. [charged] カンピロバクター感染の微生物学、病因、および疫学 - uptodate [1]
  • 2. [charged] カンピロバクター感染の臨床症状、診断、治療 - uptodate [2]


カンピロバクター属」

  [★]

Campylobacter
細菌


  • らせん状グラム陰性菌
  • 人畜共通感染症
  • コルク栓抜き様運動
  • 微好気性細菌:酸素濃度3-5%下で良好な増殖
  • 診断:分離培養 Skirrow培地(ポリミキシンB,トリメトプリム,バンコマイシンなど)

カンピロバクター属


campylobacteriosis」

  [★]

カンピロバクター症

105A037」

  [★]

  • 28歳の女性。食後の腹部膨満感を主訴に来院した。1か月前から2週間にわたり、南アジアを旅行した。帰国3日前から、1日2、3回の軟便と食後の腹部膨満感とが出現し、帰国後も10日以上持続したため受診した。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧120/70mmHg。腹部に圧痛を認めない。腸雑音は軽度亢進している。血液所見:赤血球 390万、Hb 11.2g/dl、 Ht 34%、白血球 6,500、血小板 32万。血液生化学所見:尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、AST 31IU/l、ALT 40IU/l、LD 203IU/l(基準176-353)。ALP 344IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 101mEq/L。CRP 0.4mg/dl。便の顕微鏡写真(別冊No.9)を別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A036]←[国試_105]→[105A038

プロトンポンプ阻害薬」

  [★]

proton pump inhibitor PPI
プロトン-カリウムATPアーゼ阻害薬 proton-potassium ATPase inhibitor、H+ポンプ阻害薬



  • 命名法:"-azole"
  • 特徴
胃潰瘍の治癒率を向上する (⇔H2受容体拮抗薬)

プロトンポンプ阻害薬

  • 攻撃因子抑制剤

相互作用

 プロトンポンプ 
  H+/K+ ATPase ・・・これはNa+/K+ ATPaseと60%相同性を持つ
   2,4のαサブユニットと同数のβサブユニットを含む。
    αサブユニット10回膜貫通, 120-150kDa, glycoprotein
    αは管腔側、原形質膜まで。細胞内輸送に必要。
    βサブユニットは管腔側に突き出ており、反対側は膜内に埋もれている。

 休止期には小胞体内内腔へのH+,K+,Cl-の移動、分泌期には小胞は管腔の細胞膜と癒合してK+, Cl-を管腔側に排出する一方でH+を排出でしてK+を取り込む。

 PPIは弱塩基性

 PPIはH+と反応してPPIaとなりS-S-活性体となり、H+,K+-ATPaseのSH基と結合して不可逆的に阻害する。

 比較
  PPI:胃潰瘍の治癒率↑
  H2R阻害薬:十二指腸潰瘍の治癒率↑

 PPI問題
  胃潰瘍8
  十二指腸6
  逆流性食道炎8
 副作用
  血中ガストリン↑→ECL cell↑→リバウンドが激しい
  week end therapy: 週末3日だけ投与後休薬
  ピレンゼピン(Mi R blocker), PG(プロスタグランジン) → ガストリン↑を軽減
  ラベプラゾール:ガストリン濃度を上げず酸分泌↓
   →リバウンドが少ない。

 PPI抵抗性潰瘍:PPIによる酸分泌抑制不十分
 ①個人差によるPPIの用量不足
 ②胃内でのPPIの不活性化→
  胃内容の排泄遅延。PPIが不活化、アルカリに晒される。

副作用

http://www.uptodate.com/contents/overview-and-comparison-of-the-proton-pump-inhibitors-for-the-treatment-of-acid-related-disorders?source=search_result&search=%EF%BC%B0%EF%BC%B0%EF%BC%A9&selectedTitle=1~150#H59974871
  • 感染:
  • 代謝



Campylobacter jejuni」

  [★]

カンピロバクター・ジェジュニ
Campylobacter jejuni, C. jejuni
カンピロバクター属細菌


細菌学的特徴

  • 微好気性
  • グラム陰性らせん菌

感染症

  • カンピロバクター感染症

後遺症



Campylobacter infection」

  [★]

カンピロバクター感染症、カンピロバクター感染

腸管感染症」

  [★]

enteric infection
カンピロバクター感染症


Campylobacter感染症」

  [★] カンピロバクター感染症


感染症」

  [★]

infectious disease
感染定着感染症法


  • 病原体から引き起こされる疾患
  • 感染が成立して、宿主に病気が発症した状態
→宿主が病原体を追い出そうとしている状態

新興感染症

再興感染症

地域別の感染症

参考になるリンク

  • 厚生労働省検疫所 - 感染症別情報トップ
  • 厚生労働省検疫所 - 国別感染症情報トップ
http://www.forth.go.jp/tourist/worldinfo/index.html
  • Centers for Disease Control and Prevention
http://www.cdc.gov/


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



バクタ」

  [★]

ST合剤

スルファメトキサゾールトリメトプリムの合剤

  • 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6290100D1088_1_01/6290100D1088_1_01?view=body



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

ロバ」

  [★]

donkey
ウマシマウマウマ科ラバ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡