カテコラミン受容体

出典: meddic

カテコールアミン受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラット前立腺におけるカテコーラミン受容体α1aの発現におよぼすアンドロゲンの影響 : receptor binding assay法およびReal-time RT-PCR法による検討
  • 河本 寛冶,武田 光正,田中 克幸,小川 毅彦,野口 和美,穂坂 正彦
  • 日本泌尿器科學會雜誌 92(2), 319, 2001-02-20
  • NAID 110003101016
  • 0949 骨髄間質細胞由来の心筋細胞におけるカテコラミン受容体の発現および機能解析
  • 伯野 大彦,福田 恵一,牧野 伸司,小西 総子,高橋 栄一,小玉 博明,佐野 元昭,高橋 暁行,加藤 隆弘,佐藤 敏彦,真鍋 知宏,田原 聡子,冨田 雄一,小川 聡
  • Japanese circulation journal 64(SupplementI), 423, 2000-03-01
  • NAID 110002570633

関連リンク

カテコールアミン,カテコラミン catecholamine. ... α受容体を活性化し、血管壁を収縮 させる; β1受容体を活性化し、心筋を収縮させる. 平滑筋への作用. 消化管の ... 低濃度 の epinephrine はおもにα受容体に作用し、高濃度ではβ受容体に作用する。 血圧への ...

関連画像

副腎髄質 β β カテコールアミン 受容体


★リンクテーブル★
リンク元メタンフェタミン」「アンフェタミン」「カテコールアミン受容体」「catecholamine receptor」「カテコラミンレセプター
関連記事受容体」「受容」「」「ラミン」「カテコラミン

メタンフェタミン」

  [★]

methamphetamine
塩酸メタンフェタミン
ヒロポン
アンフェタミン


  • 覚醒アミン

作用機序 (SPC.210-211)

  • カテコラミンの遊離促進
  • カテコラミン受容体の刺激
  • カテコラミンの再取り込みの阻害
  • MAOの阻害

薬理作用 (SPC.210-211)

  • 気分高揚、疲労感消失、不眠、知的活動上昇、呼吸刺激、食欲減退

適応

副作用 (SPC.210-211)

  • 振戦、被刺激性上昇、不眠、けいれん、心興奮作用(頭痛、心悸亢進、不整脈、胸痛)
  • 慢性中毒:妄想型精神分裂病に類似した症状。精神依存


アンフェタミン」

  [★]

amphetamine
メタンフェタミン


  • 覚醒アミン
  • 中枢神経に作用してカテコールアミンの放出を促進し、覚醒作用を表す(SPC.10)

作用機序 (SPC.210-211)

  • カテコラミンの遊離促進
  • カテコラミン受容体の刺激
  • カテコラミンの再取り込みの阻害
  • MAOの阻害

薬理作用 (SPC.210-211)

  • 気分高揚、疲労感消失、不眠、知的活動上昇、呼吸刺激、食欲減退

副作用

  • 振戦、被刺激性上昇、不眠、けいれん、心興奮作用(頭痛、心悸亢進、不整脈、胸痛)
  • 慢性中毒:妄想型精神分裂病に類似した症状。精神依


カテコールアミン受容体」

  [★]

catecholamine receptor
カテコラミン受容体
アドレナリン受容体ドパミン受容体
  • 7回膜貫通型のGタンパク質共役型受容体である。
ムスカリン性受容体も7回膜貫通型のGタンパク質共役型受容体

細胞内情報伝達系(SP.413)


catecholamine receptor」

  [★]


カテコラミンレセプター」

  [★]

catecholamine receptor
カテコラミン受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン


カテコラミン」

  [★] カテコールアミン CA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡