アナフィラキシーショック

出典: meddic

anaphylactic shock
アナフィラキシー

症状出現までの時間

研修医当直御法度 第5版 p.73
  • 経口 < 皮下注 < 虫刺症 < 筋注 < 静注


  • 症状発現までの時間に影響を及ぼすファクターとして、アレルゲンの暴露経路(経口か?非経口か?)、アレルゲンの量、個体の感作状態によって異なる。(参考1)
  • 例えば、経口の場合、消化されてアレルゲンとなる物は30分以上かかる。
  • 注射の場合は30秒から10分以内に始まる。症状の発現まで30分以上かかることはまれである。(参考1)

症状と治療

研修医当直御法度 第5版 p.73
  軽症 中等症 重症
症候 結膜炎、鼻炎、蕁麻疹、紅斑、血管浮腫 気管支痙攣、血圧低下(SBP 70-90) 声門浮腫、血圧低下(SBP ≦70)
治療 抗ヒスタミン薬 酸素投与、大量輸血(1L以上)、エピネフリン 0.3mg
H1ブロッカー:ジフェンヒドラミン
H2ブロッカー:シメチジン/ラニチジン
ステロイド:メチルプレドニゾロン(ソルメドロール125mg)
酸素投与、大量輸血(1L以上)、エピネフリン 0.3mg
H1ブロッカー:ジフェンヒドラミン
H2ブロッカー:シメチジン/ラニチジン
ステロイド:メチルプレドニゾロン(ソルメドロール125mg)

治療

  • 対症療法
  • 酸素投与
  • 薬物療法
  • アドレナリン皮下注射
  • アミノフィリン静注
  • 副腎皮質ステロイド静注 遅発性のアナフィラキシー予防
  • グルカゴン  ←  β遮断薬の長期投与患者に適す。cAMPの増加による陽性変力作用・陽性変時作用を有する。


参考

  • 1.
[display]http://health.goo.ne.jp/medical/search/10S11500.html

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/06 13:29:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アナフィラキシーショック (第5土曜特集 くすりの副作用のすべて) -- (病態からみたくすりの副作用)
  • 症例報告 ジェルカプセル感冒薬内服で発症した,ゼラチンによるアナフィラキシーショックの1例
  • 田中 理子,猪又 直子,松浦 みどり [他]
  • アレルギー 63(9), 1258-1264, 2014-11
  • NAID 40020260729
  • 経尿道的切除術・経尿道的尿管砕石術中に血圧が低下し,患者はショック症状を呈した。 (特集 泌尿器科で起きる患者の急変 : なにを考え,どのように対応するか!) -- (手術中に起きる急変)
  • 濵本 周造
  • 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 68(9), 666-668, 2014-08
  • NAID 40020180446
  • 美容石鹸使用後発症した即時型コムギアレルギー症の経過
  • 岸川 禮子,杉山 晃子,嶋田 清隆 [他]
  • 日本職業・環境アレルギー学会雑誌 21(2), 63-71, 2014-05
  • NAID 40020168607

関連リンク

アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の一つである。外来抗原に対する過剰な 免疫応答が原因で、好塩基球表面のIgEがアレルゲンと結合して血小板凝固因子が 全身に放出され、毛細血管拡張を引き起こす為に ...
アナフィラキシーショック。アナフィラキシーとは リチェットとポーチャーにより アナフィラキシー(anaphylaxis)という概念が提唱されました。「イソギンチャクの触手に 含まれる毒素をイヌに注射し、2〜3週後に同じ毒素を再び注 gooヘルスケア 家庭の 医学。

関連画像

アナフィラキシーショックアナフィラキシーショックアナフィラキシーショックアナフィラキシーショック顔 アナフィラキシーショック治療Images by Google =アナフィラキシーショックアナフィラキシーショックの


★リンクテーブル★
国試過去問104B049」「104H025」「099D070」「105B025」「096G093」「102E029」「103B007」「103C004
リンク元アナフィラキシー」「ブラジキニン」「白血球増多症」「アナフィラキシ」「anaphylactic shock
関連記事ショック

104B049」

  [★]

  • 70歳の女性。山菜探りに出かけ、約30分前に多数のスズメバチに刺され、家族に伴われて来院した。スズメバチに刺された既往がある。意識レベルはJCS I-1。呼吸困難を訴える。全身の皮膚が紅潮し、頭部と四肢とに多数の刺傷がある。呼吸数30/分。脈拍120/分、整。血圧60/40mmHg。心音に異常を認めない。全肺野にwheezesを聴取する。動脈血ガス分析(自発呼吸, room air) : pH 7.45, PaO2 68Torr、PaCO2 36Torr、HCO3- 24 mEq/l。
  • 処置として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B048]←[国試_104]→[104B050

104H025」

  [★]

  • 3歳の男児。友人の家でカステラを食べた後に突然嘔吐し、全身蒼白になり、搬入された。を食べて蕁麻疹が出たことがあった。意識はもうろうとしている。四肢は冷たい。脈拍140/分、整。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H024]←[国試_104]→[104H026

099D070」

  [★]

  • ショックと原因の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 099D069]←[国試_099]→[099D071

105B025」

  [★]

  • ショックと原因の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B024]←[国試_105]→[105B026

096G093」

  [★]

  • ショックの種類と徴候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 096G092]←[国試_096]→[096G094

102E029」

  [★]

  • 血圧は低下し、皮膚は温かく紅潮している。心拍出量は増加し、末梢血管抵抗は低下している。
  • この病態に当てはまるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E028]←[国試_102]→[102E030

103B007」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B006]←[国試_103]→[103B008

103C004」

  [★]

  • 電解質補正を目的とする輸液をまず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C003]←[国試_103]→[103C005

アナフィラキシー」

  [★]

anaphylaxis
アナフィラキシー反応 anaphylactic reaction
アナフィラキシーショックプラウスニッツ・キュストネル反応アナフィラキシー様反応


定義

  • 特定の物質によって惹起されるIgE抗体を介したI型アレルギー反応(即時型アレルギー反応)
  • 抗原によって感作された状態で、同一抗原が投与されたときに見られる
  • 抗生物質、造影剤、異種抗血清、ホルモン、非ステロイド系抗炎症薬、吸入アレルゲンワクチン、ハチ毒、蛇毒、エビやカニなどの食物、運動などが原因となる。
参考1
  • 食物、薬物、ハチ毒などが原因で起こる、即時型アレルギー反応のひとつの総称。皮膚、呼吸器、消化器など多臓器に全身性に症状が現れる。
  • 血圧低下や意識喪失などを引き起し生命をおびやかす危険な状態はアナフィラキシーショックと呼ばれる。

病型

症状

  自覚症状 他覚症状
全身症状 熟感,不安感,無力感 冷汗
循環告症状 心惇克進,胸内苦悶 血庄低下,脈拍微弱,脈拍頻数
チアノーゼ
呼吸菩症状 鼻閉,喉頭狭窄感,
胸部絞拒感
くしやみ,咳発作,喘鳴,
呼吸困難,チアノーゼ
消化器症状 悪心,腹痛,腹鳴,便意,
尿意,口内異物感、異味感
嘔吐,下痢,糞便,尿失禁
粘膜・皮膚症状 皮膚掻痒感 皮膚蒼白,皮膚のー過性紅潮
尋麻珍,眼瞼浮庫,
ロ腔粘膜浮腫
神経症状 口唇部しびれ感,四肢末端
のしぴれ感,耳鳴,めまい,
限の前が暗くなる
痙攣,意識喪失
救急・集中治療 vol.22,no.7-8,2010 p.793
観察部位 症状
気道 口腔内浮腫、喉頭浮腫嗄声気管支痙攣鼻炎症状
呼吸 呼吸困難喘鳴
循環 血管拡張と血液透過性亢進によるショック冷感不整脈
消化器 嘔気嘔吐腹痛下痢
精神 めまい、意識レベル変容、不穏錯乱 痙攣失禁
皮膚 血管性浮腫冷汗蕁麻疹紅斑掻痒感チアノーゼ結膜充血
全身 脱力悪寒

アナフィラキシーのグレード

参考1
Grade 皮膚 消化器 呼吸器 循環器 精神神経
1 限局性掻痒感、発赤、じんましん、血管性浮腫 口腔内掻痒感、違和感、軽度口唇腫脹
2 全身性掻痒感、発赤、じんましん、血管性浮腫 上記に加え、悪心、嘔吐 鼻閉、くしゃみ 活動性変化
3 上記症状 上記に加え、繰り返す嘔吐 鼻汁、明らかな鼻閉、咽頭喉頭の掻痒感/絞扼感 頻脈(+15/分) 上記に加え、不安
4 上記症状 上記に加え、下痢 嗄声、犬吠様咳嗽、嚥下困難、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼ 上記に加え、不整脈、軽度血圧低下 軽度頭痛、死の恐怖感
5 上記症状 上記に加え、腸管機能不全 呼吸停止 重度徐脈、血圧低下、心拍停止 意識消失

対処

  • Grade3(咽頭喉頭の絞扼感)、 Grade4以上が出現した場合 → アドレナリン自己注射薬 or 1.0mg/ml を 0.01mg/kgだけ使用。小児の場合、極量は0.3mg

参考

  • 1. アレルギー情報センター > ガイドライン > 食物アレルギー
[display]http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html



ブラジキニン」

  [★]

bradykinin BK
  • アレルギー、障害局所の腫脹、炎症反応に関与する

分類

性状

  • ポリペプチド
  • 9個のアミノ酸

産生

分解

作用

  • 血管平滑筋:弛緩→血管拡張→血圧↓
  • 内臓平滑筋:弛緩 収縮(QB2009.C-335)
  • 血漿滲出
  • 集合管:Na排泄↑
  • 発痛物質

産生の調節

  • 組織からの放出
  • 損傷組織から放出
  • 侵害刺激により組織に放出

分解の調節

アンジオテンシン転換酵素阻害薬(ACE阻害薬)によりブラジキニンの濃度が上昇する
→咳を誘発
ブラジキニン胎児動脈管閉鎖に関わっているので、母胎にACE阻害薬を投与すると胎児の動脈管が閉鎖する

分子機構

臨床関連

白血球増多症」

  [★]

leukocytosis
白血球増加症、(国試)白血球増多
白血球
[show details]


DIF.294

V I N D I C A T E
Vascular Infection Neoplasm Degenerative Intoxication Congenital Auto-immune Trauma Endocrinopathy
心筋梗塞
肺梗塞
脳血管障害
血栓性静脈炎
細菌による炎症性疾患
寄生虫感染症
重度の真菌感染症
ウイルスでは増えない
 (例外: 伝染性単核球症)
急性白血病
慢性白血病
原発性骨髄線維症
  リチウム中毒
糖質コルチコイド
鉛中毒
ダウン症候群 アナフィラキシーショック
喘息
結節性多発動脈炎
皮膚筋炎
熱傷
骨折
大量出血
打撲
contusion
クッシング症候群
pregnancy tyroid storm
diabetic ketoacidosis

国試


アナフィラキシ」

  [★]

anaphylaxisanaphylactic
アナフィラキシーアナフィラキシー性即時型過敏反応アナフィラキシー反応アナフィラキシーショック

anaphylactic shock」

  [★] アナフィラキシーショック


ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

  • 神経原性ショック neurogenic shock ⊆ 血管分布異常性ショック
  • アナフィラキシーショック anaphylactic shock ⊆ 血管分布異常性ショック

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡