Gram陰性菌

Gram-negative bacteria
グラム陰性菌グラム陰性細菌

WordNet

  1. Danish physician and bacteriologist who developed a method of staining bacteria to distinguish among them (1853-1938) (同)Hans C. J. Gram
  2. a metric unit of weight equal to one thousandth of a kilogram (同)gramme, gm, g

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 多剤耐性Gram陰性菌に対する抗菌薬併用療法 (多剤耐性菌の検査と臨床)
  • 7.感染症治療からみた分子生物学の応用(<特集>感染症と分子生物学)
  • 染谷 哲史,佐々木 一晃,平田 公一
  • 日本外科学会雑誌 104(7), 523-526, 2003-07-01
  • NAID 110003890305
  • Gram陰性菌 桿菌 : 腸内細菌科
  • 喜多 英二
  • 防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents 26(5), 265-273, 1998-05-10
  • NAID 10011398594

Related Links

グラム陽性菌とグラム陰性菌 肉眼で見える物体は直径40μm以上のものです。例えば、肉眼では見えない小さな細菌の形を観察するには光学顕微鏡を用います。生きている細菌を観察するには特殊な装置が必要ですが、細菌を色素で ...
グラム陰性菌(グラムいんせいきん、英: Gram-negative bacteria )とはグラム染色においてクリスタルバイオレットによる染色が脱色される細菌の総称 [1]。グラム陽性菌ではクリスタルバイオレットは脱色されない。グラム染色試験では ...


Related Pictures

グラム陰性菌19:48 Scritto da katran100 | Link グラム陰性菌性足感染グラム陰性球菌グラム陰性桿菌グラム陽性菌とグラム陰性菌



★リンクテーブル★
国試過去問109E062
リンク元Gram-negative bacteria」「グラム陰性細菌
関連記事陰性」「

109E062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • 3か月後に発熱と腰背部痛とに加えて尿量が減少したため再度来院した。左腰背部に叩打痛を認め腎嚢胞の感染を疑った。
  • 正しいのはどれか。
  • a 尿培養検査が高率に陽性となる。
  • b Gram陰性菌が原因である可能性が高い。
  • c MRIは嚢胞感染の診断に特異度が高い。
  • d 感染嚢胞ドレナージは有用性が低い。
  • e 腎摘出術は禁忌である。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E061]←[国試_109]→[109E063

Gram-negative bacteria」

  [★]

グラム陰性菌グラム陰性細菌Gram陰性菌

Gram-negative bacterium

グラム陰性細菌」

  [★]

Gram-negative bacteria
グラム陰性菌Gram陰性菌

陰性」

  [★]

negativitynegativecryptic
潜在性ネガティブ隠れた否定的

菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物