101E010

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 30歳の1経妊未産婦。陣痛発来のため来院した。
  • 現病歴: 妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けており、妊娠経過は母児ともに順調であった。妊娠39週5日午前2時に自然陣痛が発来し、次第に増強したので午前4時に来院し、入院となった。]]
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 月経歴: 初経12歳。周期28日、整。
  • 妊娠分娩歴: 4年前に妊娠7週で自然流産。
  • 現 症: 意識は清明。身長162cm、体重63kg(妊娠前50kg)。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧112/76mmHg。子宮底長35cm、腹囲98mm。下腿浮腫はない。Leopold触診法で児は頭位、第2胎向で、胎児心拍数144/分。胎児超音波検査では児頭大横径95mm、児の推定体重は3,500gである。内診所見では矢状縫合は骨盤横径に一致し、子宮口開大3cm、展退度60%、児頭下降度SP-2cm、子宮口の位置は中央、硬さは軟である。破水は認めない。


  • 内診所見における児頭小泉門の位置はどれか。


  • a. 12時
  • b. 2時
  • c. 3時
  • d. 6時
  • e. 9時

[正答]


※国試ナビ4※ 101E009]←[国試_101]→[101E011



★リンクテーブル★
国試過去問101E009」「101E011

101E009」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。咳、食欲低下および体重減少を主訴に夫に連れられて来院した。
  • 現病歴: 2、3か月前から軽度の咳が出現した。食欲が徐々に低下し、体重も減少した。易疲労感があり、全身倦怠感を認めた。この1か月は家で横になっていることが多く、食事の用意や家事は高齢の夫がしていた。家族が病院に行くように何度も勧めたが、家から離れたくないと拒んでいた。今のままでは夫の方が倒れてしまうと説得されて、ようやく近くの診療所を受診した。
  • 既往歴・家族歴: 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 夫と二人暮らし。息子と娘は遠方に暮らしている。
  • 現症: 意識は清明。身長153cm、体重32kg。体温37.3℃。呼吸数22/分。脈拍96/分、整。血圧116/60mmHg。眼瞼結膜に貧血を認める。皮膚はやや乾燥している。心雑音はない。右胸部に呼吸音の減弱を認める。腹部には異常を認めない。下腿に浮腫はない。
  • 検査所見: 血液所見:赤血球280万、Hb7.8g/dl、白血球7,200。胸部エックス線写真で右上葉に腫瘤影と右側胸水貯留を認める。左肺に転移巣を疑わせる結節性の陰影が散在している。
  • 経過: 進行性の肺癌が強く疑われた。家族の意向もあり、病院の呼吸器科を紹介受診して入院精査が行われた。確定診断は肺癌で、肺内転移と骨転移とが認められた。家で穏やかに過ごしたいという本人の強い希望で患者は自宅に戻り、在宅医療が行われることになった。
  • 診療所医師として週3回の訪問診療を行い、今朝もその準備をしていたところ家族から電話があった。午前2時ころに息を引き取ったとのことであった。
  • 訪問して死亡を確認後、手続きとして次に求められるのはどれか。
  • a. 24時間以内に管轄保健所に届け出る。
  • b. 24時間以内に所轄警察署に届け出る。
  • c. 警察の立会いのもとで検視を行う。
  • d. 遺族に司法解剖の承諾を得る。
  • e. 死亡診断書を発行する。

[正答]


※国試ナビ4※ 101E008]←[国試_101]→[101E010

101E011」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 30歳の1経妊未産婦。陣痛発来のため来院した。
  • 現病歴: 妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けており、妊娠経過は母児ともに順調であった。妊娠39週5日午前2時に自然陣痛が発来し、次第に増強したので午前4時に来院し、入院となった。]]
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 月経歴: 初経12歳。周期28日、整。
  • 妊娠分娩歴: 4年前に妊娠7週で自然流産。
  • 現 症: 意識は清明。身長162cm、体重63kg(妊娠前50kg)。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧112/76mmHg。子宮底長35cm、腹囲98mm。下腿浮腫はない。Leopold触診法で児は頭位、第2胎向で、胎児心拍数144/分。胎児超音波検査では児頭大横径95mm、児の推定体重は3,500gである。内診所見では矢状縫合は骨盤横径に一致し、子宮口開大3cm、展退度60%、児頭下降度SP-2cm、子宮口の位置は中央、硬さは軟である。破水は認めない。
  • 陣痛は次第に増強し、午後2時に自然破水した。午後3時の陣痛の間隔は2分、持続時間は60秒。内診所見では子宮口開大6cm、展退度80%、児頭下降度SP+1cm、子宮口の位置は前方、硬さは軟であった。午後6時に陣痛間隔は5~7分、持続時間は20~30秒となった。小泉門を10時に触知、子宮口開大8cm、展退度90%、児頭下降度SP+2cmであった。その後、陣痛の間隔と持続時間とは変わらず、午後9時の内診所見は不変である。胎児心拍数パターンに異常は認めない。
  • 処置として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101E010]←[国試_101]→[101E012