097F016

  • 36歳の女性。C型慢性肝炎で入院中である。インターフェロンと新しい経口抗ウイルス薬との併用による第III相臨床試験に、同意を得て参加してもらった。ところが、開始後2週目に全身倦怠感が出現したので、この臨床試験への参加を申止したいと申し出てきた。この時の血清ALT値は開始時よりも低下していた。
  • 臨床試験への対応として適切なのはどれか。
  • a. インターフェロンのみを中止する。
  • b. 1週間の中断後、再開を判断する。
  • c. 血清ALT値の改善がみられるのでそのまま継続する。
  • d. 患者の意思に従い直ちに中止する。
  • e. 輸液を行って継続する。

[正答]


※国試ナビ4※ 097F015]←[国試_097]→[097F017



★リンクテーブル★
国試過去問097F017」「097F015

097F017」

  [★]

  • 48歳の男性。病歴と身体所見から慢性閉塞性肺疾患の可能性が20%と予測された。仮にこの疾患の診断に関して感度90%、特異度80%の新しい検査法が開発され、検査陽性であったとする。
  • この患者が慢性閉塞性肺疾患である可能性はどれか。
  • a. 34%
  • b. 53%
  • c. 66%
  • d. 80%
  • e. 97%

[正答]


※国試ナビ4※ 097F016]←[国試_097]→[097F018

097F015」

  [★]

  • 75歳の女性。意識障害のため入院中である。深夜に38℃の発熱がみられた。尿検査の結果、尿路感染症が疑われ、尿培養と血液培養とを行った。次いで抗菌薬の投与を開始することにした。
  • 安全管理上、適切でないのはどれか。
  • a. 看護師に口頭で指示する。
  • b. 同姓患者の有無をチェックする。
  • c. 薬剤の投与経路を確認する。
  • d. 紛らわしい薬品名があるか注意する。
  • e. 薬剤の用量・単位を確認する。

[正答]


※国試ナビ4※ 097F014]←[国試_097]→[097F016