095F033

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 23歳の女性。会社員。初診時の医療面接で以下のような会話がなされた。
  • 医師①「どんなことでお困りですか。」
  • 患者 「頭が痛くて困っているので診てもらおうと思って来ました。」
  • 医師②「そうですか、じゃーその頭痛がいつから始まって、その後どうなったか詳しく教えて下さい。」
  • 患者 「ええ、高校生のころから時々頭が痛くなっていたのですが、最近数か月は度々痛くなって、ひどいときには会社を休まなければならないほどです。そんなときには嘔吐もします。」
  • 医師 「会社を休まなければいけないんじゃ、大変ですね。」
  • 患者 「ええ、もう何とか治して欲しいと思います。」
  • 医師 「そうですね、できるだけのことはしたいと思います。」
  • 患者 「先生、私何か悪い病気にでもなったのではないでしょうか。」
  • 医師③「心配なことでもあるのですか。」
  • 患者 「例えば、脳腫瘍とか。」
  • 医師 「脳の悪性腫瘍を心配しておられるのですね。」
  • 患者 「・・・・・・・。」
  • 医師④「じゃ-、次に頭痛の性伏と部位と随伴症状について教えて下さい。」
  • 患者 「・・・・・・・。」
  • 医師⑤「頭痛はズキズキするような痛みですか。」
  • 患者 「ええ、そうです。」


  • この医師の質問のうちclosed question はどれか。


  • a. 医師①「どんなことでお困りですか。」
  • b. 医師②「その頭痛がいつから始まって、その後どうなったか詳しく教えて下さい。」
  • c. 医師③「心配なことでもあるのですか。」
  • d. 医師④「じゃー、次に頭痛の性状と部位と随伴症状について教えて下さい。」
  • e. 医師⑤「頭痛はズキズキするような痛みですか。」


[正答]


※国試ナビ4※ 095F032]←[国試_095]→[095F034



★リンクテーブル★
国試過去問095F034」「095F032

095F034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 23歳の女性。会社員。初診時の医療面接で以下のような会話がなされた。
  • 医師①「どんなことでお困りですか。」
  • 患者 「頭が痛くて困っているので診てもらおうと思って来ました。」
  • 医師②「そうですか、じゃーその頭痛がいつから始まって、その後どうなったか詳しく教えて下さい。」
  • 患者 「ええ、高校生のころから時々頭が痛くなっていたのですが、最近数か月は度々痛くなって、ひどいときには会社を休まなければならないほどです。そんなときには嘔吐もします。」
  • 医師 「会社を休まなければいけないんじゃ、大変ですね。」
  • 患者 「ええ、もう何とか治して欲しいと思います。」
  • 医師 「そうですね、できるだけのことはしたいと思います。」
  • 患者 「先生、私何か悪い病気にでもなったのではないでしょうか。」
  • 医師③「心配なことでもあるのですか。」
  • 患者 「例えば、脳腫瘍とか。」
  • 医師 「脳の悪性腫瘍を心配しておられるのですね。」
  • 患者 「・・・・・・・。」
  • 医師④「じゃ-、次に頭痛の性伏と部位と随伴症状について教えて下さい。」
  • 患者 「・・・・・・・。」
  • 医師⑤「頭痛はズキズキするような痛みですか。」
  • 患者 「ええ、そうです。」
  • この医療面接の評価で正しいのはどれか。
  • a. 医師がもっと主導権をもって話を進めるべきである。
  • b. 難解な言葉は使われていない。
  • c. 共感的態度で接している。
  • d. この仕方では信頼関係ができにくい。
  • e. 調査的態度で接している。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F033]←[国試_095]→[095F035

095F032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 29歳の妊婦。妊娠39週。陣痛のため来院した。
  • 現病歴 : 無月経を主訴に近医を受診し、妊娠8週と診断された。その後、定期的に妊婦健康診査を受けており、異常はないと言われていた。妊娠34過になり、里帰り分娩の目的で当院を紹介された。当院で4回の定期健康診査を行ったが異常はみられなかった。
  • 妊娠・分娩歴 : 25歳時に初めて妊娠したが9週で自然流産した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 来院時所見 : 身長158cm、体重68 kg。 体温36.5℃。脈拍84/分、整。血圧130/70mmHg。子宮底長35cm、5分おきに子宮収縮を触知する。子宮ロ3cm開大。破水を認めない。
  • 来院後の経過 : 陣痛室に入室の上、分娩経過を観察した。胎児心拍数陣痛図所見では、陣痛間欠は5分、発作は40秒。心拍数基線は140~150/分。子宮収縮に伴う徐脈はなく、一過性頻脈が認められた。その後も同様の所見が続き、12時間後に自然経膣分娩となった。児は成熟女児で直ちに啼泣し、異常を認めない。
  • 分娩後の母親に直ちにチェックすべき項目に含まれないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095F031]←[国試_095]→[095F033