acetazolamide

出典: meddic

アセタゾラミド

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/08 02:33:48」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The history and rationale of using carbonic anhydrase inhibitors in the treatment of peptic ulcers. In memoriam Ioan Puşcaş (1932-2015).
  • Buzás GM1, Supuran CT2.
  • Journal of enzyme inhibition and medicinal chemistry.J Enzyme Inhib Med Chem.2016 Aug;31(4):527-33. doi: 10.3109/14756366.2015.1051042. Epub 2015 Jun 25.
  • Carbonic anhydrase (CA, EC 4.2.1.1) inhibitors (CAIs) started to be used in the treatment of peptic ulcers in the 1970s, and for more than two decades, a group led by Ioan Puşcaş used them for this purpose, assuming that by inhibiting the gastric mucosa CA isoforms, hydrochloric acid secretion is
  • PMID 26108882
  • Carbonic anhydrase enzyme as a potential therapeutic target for experimental trichinellosis.
  • Saad AE1, Ashour DS2, Abou Rayia DM2, Bedeer AE3.
  • Parasitology research.Parasitol Res.2016 Jun;115(6):2331-2339. Epub 2016 Mar 16.
  • Trichinellosis is a globally distributed helminthic infection. There is a considerable interest in developing new anti-helminthic drugs affecting all the developmental stages of Trichinella. Acetazolamide (carbonic anhydrase (CA) inhibitor) involves a novel mechanism of action by inhibiting such an
  • PMID 26979731
  • Analytical development of a binuclear oxo-manganese complex bio-inspired on oxidase enzyme for doping control analysis of acetazolamide.
  • Machini WB1, Teixeira MF2.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 May 15;79:442-8. doi: 10.1016/j.bios.2015.12.026. Epub 2015 Dec 15.
  • A bio-inspired electrochemical sensor using a binuclear oxo-manganese complex was evaluated and applied in the detection of a substance associated with doping in sports: acetazolamide (ACTZ). Investigation was made of the influence of different experimental variables on the electrocatalytic oxidatio
  • PMID 26745790

和文文献

  • てんかん性脳波異常を伴う反復発作性運動失調症2型の一家系
  • てんかん性脳波異常を伴う反復発作性運動失調症2型の一家系
  • Choroid plexus papilloma in a dog surviving for 15 months after diagnosis with symptomatic therapy

関連リンク

アセタゾラミド (acetazolamide) は炭酸脱水酵素阻害薬の1つ。アセタゾラミドは 主として近位尿細管で作用し、炭酸脱水酵素を阻害することによりHCO3-の再吸収を 抑制する。利尿作用を持つが、主として利尿薬としてではなく緑内障の治療薬として 用いる。
Features information about dosage, usage, warnings, and side effects.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元利尿薬」「アセタゾラミド」「炭酸脱水酵素阻害薬
拡張検索acetazolamide sodium」「acetazolamide test

利尿薬」

  [★]

diuretic, diuretics
尿細管

適応

利尿薬の種類 (GOO.744)

  CATIONS ANIONS 尿酸 腎血液動態
Na+ K+ H+ Ca2+ Mg2+ Cl- HCO3- H2PO4- 急性 慢性 RBF GFR FF TGF
炭酸脱水酵素阻害薬 炭酸脱水酵素阻害 近位尿細管
 
++ NC V (+) ++ ++ I NC
浸透圧利尿薬 浸透圧 ヘンレループ
 
++ I ++ I NC I
ループ利尿薬 Na+-K+-2Cl- symport阻害 太い上行脚
 
++ ++ ++ ++ ++ (1) (1) V(+) NC V(-)
チアジド系利尿薬 Na+-Cl-symport阻害 遠位尿細管
 
++ V(-) V(+) (1) (1) NC V(-) V(-) NC
カリウム保持性利尿薬 上皮性ナトリウムチャネル阻害 遠位尿細管後部と集合管
 
(+) NC I NC NC NC NC
アルドステロン受容体拮抗 遠位尿細管後部と集合管
 
I (+) I I NC NC NC NC

利尿薬の例

  • 上皮性ナトリウムチャネル阻害薬
  • アルドステロン受容体阻害薬

利尿薬の作用部位

  • ホルモンと利尿薬の作用部位についての簡単なまとめは→尿細管

参照

http://hobab.fc2web.com/sub4-Diuretics.htm



アセタゾラミド」

  [★]

acetazolamide
アセタゾールアミド acetazol amide
ダイアモックスDazamide, Diamox
利尿薬


分類

作用機序

利尿薬

近位尿細管の上ににはCAは管腔側細胞膜と細胞質に存在。
  • HCO3-は原尿としていったん排泄されるが、近位尿細管でH2CO3となり、これがCAによりCO2とH2Oに分解されてCO2(膜透過性が高いので)が近位尿細管上皮に取り込まれる。細胞内でCO2は細胞内に存在するCAによりH+とHCO3-となる。細胞内のH+は管腔側に存在するNa+/H+交換系によって分泌されると共にNa+が取り込まれる。ここでNa+とともにH2Oが再吸収される。細胞内のNa+とHCO3-はNa+/HCO3-共輸送体により血管側に運ばれる。
  • 管腔側のCAを阻害することでNa+、HCO3-、およびH2Oは再吸収を受けることなく排泄される (SPC.263)。

適応


炭酸脱水酵素阻害薬」

  [★]

carbonic anhydrase inhibitor, carbonate dehydratase inhibitor


acetazolamide sodium」

  [★]

acetazolamide

acetazolamide test」

  [★] ダイアモックス負荷試験




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡