SAM

出典: meddic

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「surface-to-air missile地対空ミサイル」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/18 16:35:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Real-time label-free immunoassay of interferon-gamma and prostate-specific antigen using a Fiber-Optic Localized Surface Plasmon Resonance sensor.
  • Jeong HH, Erdene N, Park JH, Jeong DH, Lee HY, Lee SK.SourceDepartment of Nuclear Medicine, SNU College of Medicine, Institute of Radiation Medicine, SNUMRC, 28 Yongon-Dong, Chongno-Gu, Seoul 110-799, Republic of Korea. korea323@hotmail.com
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 Jan 15;39(1):346-51. doi: 10.1016/j.bios.2012.08.013. Epub 2012 Aug 16.
  • A Fiber-Optic Localized Surface Plasmon Resonance (FO LSPR) sensor was fabricated using spherical gold nanoparticles (Au NPs) on a flattened end-face of the optical fiber. The Au NPs were easily synthesized by the Turkevich method and were immobilized on the end-face of the optical fiber by using a
  • PMID 22951530
  • Electrochemical immunosensor for label free epidermal growth factor receptor (EGFR) detection.
  • Vasudev A, Kaushik A, Bhansali S.SourceBio-MEMS and Microsystems Lab, Department of Biomedical Engineering, Florida International University, Miami, FL 33174, USA. avasu002@fiu.edu
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 Jan 15;39(1):300-5. doi: 10.1016/j.bios.2012.06.012. Epub 2012 Jun 28.
  • This paper presents an electrochemical immune sensor for label free detection of epidermal growth factor receptor (EGFR) by immobilizing anti-EGFR antibody (Anti-EGFRab) on dithiobissuccinimidyl propionate (DTSP) self-assembled monolayer (SAM) on gold (Au) electrode. Electrochemical studies show tha
  • PMID 22819633
  • Differential sensitivity of d-galactose-binding lectins from fruits of dwarf elder (Sambucus ebulus L.) to a simulated gastric fluid.
  • Jimenez P, Tejero J, Cabrero P, Cordoba-Diaz D, Girbes T.SourceNutrición y Bromatología, Facultad de Medicina, Universidad de Valladolid, E-47005 Valladolid, Spain; CINAD (Centro de Investigación en Nutrición, Alimentación y Dietética), Parque Científico, Universidad de Valladolid, E-47011 Valladolid, Spain.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Jan 15;136(2):794-802. doi: 10.1016/j.foodchem.2012.09.011. Epub 2012 Sep 17.
  • Some lectins from Sambucus spp. share amino acid sequences with the pollen Sam n1 allergen. The lectins ebulin f and SELfd from the early stages of growth were isolated and subjected to analysis by MALDI-TOF mass spectrometry, tryptic peptide fingerprinting, molecular characterization and pepsin dig
  • PMID 23122129

和文文献

  • Observations of gut contents of leptocephali in the North Equatorial Current and Tomini Bay, Indonesia
  • Miller Michael J.,Otake Tsuguo,Aoyama Jun,Wouthuyzen Sam,Suharti Sasanti,Sugeha Hagi Y.,Tsukamoto Katsumi
  • Coastal marine science 35(1), 277-288, 2012-03-20
  • Visible objects in the gut contents of 13 leptocephali of 11 species and 8 families of eels were observed using photographs of daytime-caught larvae in two different types of marine habitats: the open …
  • NAID 120004108464
  • Zooplankton researches in Indonesian waters: A historical review
  • Mulyadi,Rumengan Inneke F. M.
  • Coastal marine science 35(1), 202-207, 2012-03-20
  • Proceedings of the Horiba International Conference "New Direction of Ocean Research in the Western Pacific" : Past, Present and Future of UNESCO/IOC/WESTPAC Activity for 50 years and the JSPS Project …
  • NAID 120004108454
  • Ecotoxicological risk of organotin compounds on zooplankton community
  • Rumengan Inneke F. M.,Ohji Madoka
  • Coastal marine science 35(1), 129-135, 2012-03-20
  • Proceedings of the Horiba International Conference "New Direction of Ocean Research in the Western Pacific" : Past, Present and Future of UNESCO/IOC/WESTPAC Activity for 50 years and the JSPS Project …
  • NAID 120004108446

関連リンク

SAM(サム、1962年1月13日 - )本名、丸山 正温(まるやま まさはる)は、日本の ダンサーで、TRFのメンバーである。埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)出身。 獨協高校卒業。身長176cm。血液型B型。 ...

関連画像

Sam Puckett Sam Puckettsam é um cara super gente fina mais na iCarly SamiCarly SamiCarly SamiCarly SamSam Pizzigati (download in hi-res)Sam Worthington


★リンクテーブル★
先読みS-adenosylmethionine
リンク元肥大型心筋症」「閉塞性肥大型心筋症」「収縮期前方運動」「S-アデノシルメチオニン」「アデノシルメチオニン
拡張検索SAMPLE」「MADSAM
関連記事SA」「S

S-adenosylmethionine」

  [★] S-アデノシルメチオニン


肥大型心筋症」

  [★]

hypertrophic cardiomyopathy HCM, HCMJ
心筋症

病因

  • 半数が常染色体優性遺伝による。sarcomere complexを構成する蛋白をコードする遺伝子の異常による。この遺伝子にはβミオシン重鎖、トロポニンT、ミオシン結合蛋白Cをコードするものがある。(PHD.259) → 蛋白の構造異常によるからAD

病型

病理

  • pattern of extensive disarray. Short, wide, hypertrophied fibers are oriented in chaotic directions and surrounded by numerous cardiac fibroblasts and extracellular matrix.(PHD.259) → これが拡張障害や不整脈の原因となる

症候

  • dyspnea, palpirations, bifid apical impulse, coarse systolic murmur at the left sternal border, and ventricular hypertrophy with asymmertric septal thickening on echo cardiogram.(Q book p.304)
  • bifid apical impulse: the forceful atrial contraction may also result in a palpable presystolic impulse over the cardiac apex (=double apical impulse)
  • coarse systolic murmur: LA contraction into the stiffened LV

身体所見

PHD.262

心音

  • S4:肥大した左心室壁に対して左心房が無理に血液を送り込むため
  • double apical impulse:心尖部で触れる。左心房の懸命な収縮+左心室の収縮
  • (左室流出路が狭窄している場合)systolic murmur at the left lower sternal border → AS like でダイアモンド型の駆出期雑音を生じる
  • (左室流出路が狭窄している場合)holosystolic blowing murmur at apex by MR → 僧帽弁前尖を左室流出路に引き寄せるからMRが生じる。汎収縮期雑音を生じる。(also see PHD.44)
  • 各種手技による雑音の変化。ASと反対の挙動を示す
  • 静脈還流量減少によりmurmurが増強
  • 静脈還流量増加によりmurmurが減弱
  • elevating one's leg
  • increasing sympathetic tone
  • squatting → HOCMにおいて、姿勢性めまいは一般的。The LV thus decreases in size and outflow tract obstruction intensifies.(PHD.262)

検査

頚動脈圧

  • 二峰性頚動脈波
  • 左室流出路が狭窄している場合は、頚動脈圧波の収縮期早期における急峻な立ち上がりと急激な低下がみられる(PHD.262)。HOCMでは収縮中期に駆出される血液量が低下し収縮期の脈波が二つの峰を形成する(参考2)。
その他、二峰性の頚動脈が認められる病態:大動脈閉鎖不全症閉塞性肥大型心筋症、開存の大きい動脈管開存症Valsalva洞破裂

心エコー

Mモードで観察
  • 左心室壁の肥厚
  • 非対称性中隔肥大(ASH)
  • 僧帽弁前尖の収縮期前方運動(SAM):循環血液量の減少と左室の過収縮による(YN.C-135)
  • 大動脈弁の収縮中期半閉鎖:HOCMでは収縮中期に駆出される血液量低下のために大動脈弁が閉鎖しそうになる(参考2)
  • 僧帽弁後退速度 DDRの低下:左心室のコンプライアンスが低下することにより、左室への血液流入速度が低下するため(YN.C-135)

心電図

  • ST下降、T波の陰転化、左室高電位、QRS時間の院長、Q波異常 (ECGP.118)
  • V3-V5における巨大陰性T波 → 心尖部肥大型心筋症
[show details]
V3-V6のST低下と陰性T波

治療

PHD.264
  • 生活療法:激しい運動や競争をするような運動は避ける → 突然死のリスクが高まる。
  • 薬物療法:
  • βブロッカー:(1)心筋酸素需要減少→狭心痛・呼吸困難↓、(2)左室流出路の圧勾配減少←心収縮力の低下により左室流出路の狭窄が解除される、(3)心室充満量増加←HR低下による、(4)心室期外収縮抑制。ただし、βブロッカーは不整脈による死亡は抑制できないらしい。
  • カルシウムチャネル拮抗薬:(1)心室のコンプライアンス上昇(reduce ventricular stiffness)、(2)βブロッカーが不応の患者での運動耐性を上げる。
  • 抗不整脈薬:心室細動や心室性頻拍から死に至ることがあるため。
  • 抗菌薬:閉塞性肥大型心筋症では感染性心内膜炎が起こりやすいため。
  • 埋め込み型除細動器 ICD:高リスクの患者に適応
  • カテーテルインターベンション:percutaneous septal albation
  • 手術療法:myomectomy

注意

  • 利尿薬

禁忌

  • 硝酸薬 (禁忌と言い切って良いのか知らないが、お手軽教科書には大抵禁忌と書いてある)

参考

  • 1. 分かりやすい
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s1/s14222.htm
  • 2.
[display]http://kokushinado.ame-zaiku.com/circu/4_hm.html
  • 3. 肥大型心筋症の診療に関するガイドライン
2007年改訂版
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_doi_h.pdf
2012年改訂版
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_doi_h.pdf

国試




閉塞性肥大型心筋症」

  [★]

hypertrophic obstructive cardiomyopathy, HOCM
特発性肥厚性大動脈弁下狭窄症 idiopathic hypertrophic subaortic stenosis IHSS
肥大型心筋症
非対称性心室中隔肥大肥大型閉塞性心筋症肥大性閉塞性心筋症特発性肥大性大動脈弁下狭窄症

病態

  • 心筋の肥大に伴い左室流出路狭窄を来しており、心拍出量が低下する。
  • 心房細動などにより心房からの駆出量が減少すれば、心拍出量低下に繋がる。

類似疾患との鑑別

QB.C-495改変
  大動脈弁狭窄症 閉塞性肥大型心筋症
聴診 駆出性収縮期雑音 駆出性収縮期雑音
最強点 2RSB 3LSB-4LSB
頚部への放散
駆出音
頚動脈圧 遅脈 二峰性
Brockenbrough現象

病理

  • 錯綜配列

病態

  • 左室流出路狭窄 → 心拍出量低下

症状

合併症

検査

心エコー

  • 形態:左心室壁の肥厚、非対称性中隔肥大(ASH)
[show details]

僧帽弁

  • 僧帽弁前尖の収縮期前方運動(SAM):循環血液量の減少と左室の過収縮による(YN.C-135)
  • 僧帽弁後退速度 DDRの低下:左心室のコンプライアンスが低下することにより、左室への血液流入速度が低下するため(YN.C-135)

大動脈弁

  • 大動脈弁の収縮中期半閉鎖:HOCMでは収縮中期に駆出される血液量低下のために大動脈弁が閉鎖しそうになる(参考2)

心臓カテーテル検査

  • 左室~大動脈圧:左室流入路圧 > 左室流出路圧
  • ブロッケンブロウ現象:期外収縮が起きた場合、心室性期外収縮の休止期後の期外収縮後増強により収縮力が増強し、左室流出路閉塞が増強するためにかえって大動脈圧が低下する
  • 造影:左室流出路狭窄

治療

治療目標:自覚症状の軽減、突然死、不正脈の予防
  • βブロッカー、カルシウム拮抗薬   →  左室流出路狭窄の軽減   ⇔  ×硝酸薬、ジギタリス:左室流出路狭窄を増強
  • Ia群抗不整脈薬

予後

  • 比較的良好

国試



収縮期前方運動」

  [★]

systolic anterior motion SAM
僧帽弁


  • 閉塞性肥大型心筋症のMモード心エコー図上においてみられる
  • 僧帽弁逸脱症、心嚢水貯留でも認められる
  • 心房中隔欠損症でもみられるらしい (YN.C-111)


S-アデノシルメチオニン」

  [★]

S-adenosylmethionine, SAM
活性メチオニン active methionine
アデノシルメチオニン ademetionine AdoMetS-adenosyl-L-methionine
  • メチル基供与体となる体内物質


アデノシルメチオニン」

  [★]

adenosylmethionine, Ado-Met
S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionine SAM活性メチオニン active methionine、メチオニルアデノシン methionyladenosine


SAMPLE」

  [★]

二次評価、PALS
  • 焦点を絞った病歴聴取
S 自他覚症状 signs and symptoms 発症初期の自他覚症状
A アレルギー allergies 薬物、食物、その他物質
M 薬物 medications 常用薬、最後に投与/服用した薬物の種類と用量
P 病歴 past medical history 出生時の状態、重要な基礎疾患、手術歴、予防接種
L 最後の食事 last meal 摂取時刻とその内容
E イベント events 現在の状態に関係する出来事、接触までの出来事


参考

[display]http://kensyui.com/sample.pdf

MADSAM」

  [★]

multifocal acquired demyelinating sensory and motor neuropathy


SA」

  [★]

WordNet   license wordnet

「Nazi militia created by Hitler in 1921 that helped him to power but was eclipsed by the SS after 1943」
Sturmabteilung, Storm Troops


S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」


"http://meddic.jp/SAM" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡