PUVA療法

出典: meddic

PUVA therapy
ソラレン長波長紫外線治療 psoralen-ultraviolet A therapy


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/29 12:27:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bath PUVA療法を併用しコントロールした尋常性乾癬の2例 (特集 角化症・炎症性角化症)
  • 藤井 麻莉子,西島 千博,梅原 康次 [他]
  • 皮膚科の臨床 52(13), 1949-1952, 2010-12
  • NAID 40017424372
  • 内服全身PUVAと内服ステロイド併用療法 (治療にてこずる皮膚疾患) -- (円形脱毛症)

関連リンク

PUVA療法(ぷばりょうほう)は、ソラレン(英語版)(psoralen)と長波長紫外線(UVA)を 併用する光化学療法である。外用法と内服法の2種類の方法がある。最小紅斑量の 半分程度の紫外線から開始し、徐々に増量するが、最小紅斑量以上の紫外線を用いる こと ...
PUVA療法は保険適用されており、皮膚科の病院などにいけば、1回700円ほどででき ます。週3回を3ヶ月くらい継続すると効く人には劇的に効果が表れるそうです。 ところで 、アトピー性皮膚炎とTh1/Th2バランスにおいて相反する皮膚病である尋常性乾癬 ...

関連画像

紫外線照射療法(PUVA療法)は紫外線療法(PUVA療法  (全身型) PUVA 療法PUVA療法われていたPUVA療法に加え PUVA療法とは紫外線治療の一種


★リンクテーブル★
国試過去問100F009」「096D008」「097I026」「101G009」「098I026」「101H049」「095C050」「102A008」「100B011」「098G120」「095A119
リンク元尋常性白斑」「PUVA therapy」「psoralen-ultraviolet A therapy」「ソラレン長波長紫外線療法
関連記事」「療法

100F009」

  [★]

  • 50歳の女性。口腔内のびらんと体幹の水疱、びらんとを主訴に来院した。3か月前から口腔内に難治性のびらんが生じ、2か月前から体幹に水疱とびらんとを認めるようになった。入院後、副腎皮質ステロイド薬(1mg/㎏/日)を2か月間投与したが効果がなかった。2週前から収縮期血圧230mmHg、空腹時血糖350mg/dlで、尿糖が強陽性となった。入院時の胸腹部の写真と皮膚生検H-E染色標本とを以下に示す。現時点での対応として適切なのはどれか。
  • a. 血漿交換
  • b. PUVA療法
  • c. 抗菌薬静注
  • d. レチノイド内服
  • e. 副腎皮質ステロイド薬の即時投与中止


[正答]
※国試ナビ4※ 100F008]←[国試_100]→[100F010

096D008」

  [★]

  • 日齢14の新生児。発疹を主訴に来院した。在胎39週、帝王切開で出生した。出生体重3,160g。日齢11の退院時に両腋窩の皮疹に気付かれ、外用薬が塗布された。しかし、皮疹は次第に顔面、頚部および鼠径部に拡がった。体温36.0℃。呼級数46/分。脈拍138/分、整。大泉門1.5×2.0cmで平坦。わずかな擦過により健常皮膚面も剥離する。Hb 12.4g/dl、白血球8,500。CRP0.9mg/dl基準0.3以下)。顔面の写真を以下に示す。
  • 適切な治療はどれか。
  • a. PUVA療法
  • b. 抗菌葉静注
  • c. 免疫抑制薬静注
  • d. 抗ヒスタミン葉経口投与
  • e. 副腎皮質ステロイド薬塗布


[正答]
※国試ナビ4※ 096D007]←[国試_096]→[096D009

097I026」

  [★]

  • 75歳の男性。5年前から外陰部に痒みを伴う皮疹が生じ、湿疹の診断で治療を受けているが改善しないため来院した。血液所見:赤沈10mm/1時間、赤血球390万、Hb12.5g/dl、白血球6,200、血小板20万。血清生化学所見:尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl。外陰部の写真と皮膚生検組織のH-EおよびPAS染色標本像を以下に示す。適切な治療はどれか。
  • a. 抗真菌薬外用
  • b. 免疫抑制薬内服
  • c. 抗ウイルス薬内服
  • d. PUVA療法
  • e. 外科的治療


[正答]
※国試ナビ4※ 097I025]←[国試_097]→[097I027

101G009」

  [★]

  • 66歳の女性。右下腿の紅斑を主訴に来院した。2年前に右下腿伸側に小紅斑が出現した。次第に拡大して現在のような病変を形成した。ときに軽い痒みがある。皮膚病変の写真とその生検H-E染色標本とを以下に示す。
  • 治療法として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101G008]←[国試_101]→[101G010

098I026」

  [★]

  • 12歳の男児。顔面の色素沈着の治療を希望して来院した。出生時、右顔面に青色の色素斑がみられたが放置していた。最近になり本人が治療を希望している。顔面の写真を以下に示す。
  • 最も適切な対応はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098I025]←[国試_098]→[098I027

101H049」

  [★]

  • 48歳の女性。顔面の色素斑を主訴に来院した。幼少期から右頬部に色素斑があり、思春期から色調が濃くなってきた。色素斑の写真を以下に示す。
  • 処置として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H048]←[国試_101]→[101H050

095C050」

  [★]

  • 5歳の男児。1年前から、手背に皮疹が出現した。放置したところ、肘頭と膝蓋とにも拡大してきたので来院した。右手背の写真を以下に示す。適切な治療はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095C049]←[国試_095]→[095D001

102A008」

  [★]

  • 疾患と対応の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。 
[正答]


※国試ナビ4※ 102A007]←[国試_102]→[102A009

100B011」

  [★]

  • 乾癬について正しいのはどれか。
  • a. 糸状菌感染症である。
  • b. 真皮好中球が集積する。
  • c. 表皮角化細胞の分裂能が低下する。
  • d. PUVA療法が用いられる。
  • e. 副腎皮質ステロイド薬内服が第一選択である。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B010]←[国試_100]→[100B012

098G120」

  [★]

  • PUVA療法の適応疾患はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098G119]←[国試_098]→[098H001

095A119」

  [★]

  • PUVA療法の適応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A118]←[国試_095]→[095A120

尋常性白斑」

  [★]

vitiligo
vitiligo vulgaris
白なまず、白斑、白斑症


病因

  • 不明だが、自己免疫疾患(メラノサイトやメラニンに対する自己免疫や末梢神経機能異常など)

治療

  • PUVA療法


PUVA therapy」

  [★]

PUVA


psoralen-ultraviolet A therapy」

  [★] PUVA療法ソラレン長波長紫外線治療


ソラレン長波長紫外線療法」

  [★]

PUVA therapy
PUVA療法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡