PCR法

出典: meddic

PCRPCR assayPCR amplificationpolymerase chain reaction
酵素連鎖反応法ポリメラーゼ連鎖反応法遺伝子増幅法核酸増幅法PCR増幅核酸増幅検査ポリメラーゼ連鎖反応、polymerase chain reaction法


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/11 16:53:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パキスタンのcotton leaf curl diseaseの病原である単一ゲノムタイプのベゴモウイルスとDNA β サテライト複合体においてDNA 1の随伴は常には起きない
  • M.S. Shahid,夏秋 啓子
  • 東京農業大学農学集報 58(2), 64-70, 2013-09-20
  • … しかし,本研究においてPCR法による増殖,ローリングサークル法による増殖およびサザンブロットハイブリダイゼーションにより,近年採集した試料ではDNA 1は必ずしもCLCuDの病原複合体に付随しないことを認めた。 …
  • NAID 110009613196
  • 〈Original Papers〉Gene cloning and characterization of pearl oyster Pinctada fucata α-tubulin
  • Miyashital Tomoyuki,Takami Akiko,Sugimoto Yui,Sakai Ayumi,Takagi Ryosuke
  • Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University 31, 1-8, 2013-03-00
  • … RT-PCR法でmRNAの発現部位を解析した結果、外套膜緑、貝柱、鰓および肝臓で発現が観察されたが、足と外套縁膜では発現していなかった。 …
  • NAID 120005260074
  • 圧縮力が破骨細胞分化に与える影響
  • 福島 久夢,吉村 善隆,出山 義昭,鈴木 邦明,飯田 順一郎
  • 北海道歯学雑誌 33(2), 94-102, 2013-03-00
  • … 数を測定したところ,対照群とCF群の間に有意な差を認めなかったことから,RAW細胞数は圧縮力による影響を受けないことが示唆された.破骨細胞数が減少する原因は細胞死によるものかを分析した.real time PCR法でアポトーシス関連因子の発現状況を検索した結果,caspase 3および8 は有意な差を認めず,またLDH量を測定したところ,対照群とCF群の間に有意な差を認めなかった.以上より,RANKL非添加のRAW細胞数および培 …
  • NAID 120005228493

関連リンク

PCR法の原理 ヒトゲノムの場合、約30億塩基対もの長さとなるDNAで構成されていると言われている。この中から自分のほしい塩基配列だけを取り出して、増幅させたいとする。このとき必要な操作がPCR法である。 PCR(Polymerase Chain ...
(1) DNA合成酵素(DNAポリメラーゼ) 鋳型(いがた)となるDNAのヌクレオチド鎖を基にして、ヌクレオチドを重合する酵素。PCR法では高温(72 )で反応する耐熱性のDNA合成酵素が用いられる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みポリメラーゼ連鎖反応」「polymerase chain reaction
国試過去問097A058」「106I053」「105I069」「107A017」「108I028
リンク元ポリメラーゼ連鎖反応法」「酵素連鎖反応法」「PCR assay」「PCR amplification」「核酸増幅法
拡張検索RT-PCR法」「定量的real time-PCR法
関連記事PC」「P」「」「PCR

ポリメラーゼ連鎖反応」

  [★]

polymerase chain reaction PCR
DNA


polymerase chain reaction」

  [★] ポリメラーゼ連鎖反応

097A058」

  [★]

  • 72歳の男性。2か月前からのおよび[微熱]]を主訴に来院した。ときに39℃台の発熱もある。体温37.8℃。脈拍92/分、整。聴診上特に異常は認めない。血液所見:赤血球380万、白血球6,240、胸水所見:胸水・血清蛋白濃度比0.6、アデノシンデアミナーゼ高値。セフェム系抗菌薬で症状は改善しなかった。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 検査結果で考えにくいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A057]←[国試_097]→[097A059

106I053」

  [★]

  • 45歳の男性。皮疹を主訴に来院した。 6か月前に右鼠径部の皮疹に気付いた。中心部が治癒しながら周辺に拡大し、捧みを伴うという。右鼠径部の写真(別冊No.ll)を別に示す。
  • 治療を開始するための迅速な検査法として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I052]←[国試_106]→[106I054

105I069」

  [★]

  • 介護老人福祉施設において、多数の入所者が嘔吐下痢とを発症した。複数の患者の糞便試料から、PCR法によって原因ウイルスが確定された。
  • 感染の拡大を抑えるために適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I068]←[国試_105]→[105I070

107A017」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107A016]←[国試_107]→[107A018

108I028」

  [★]

  • 男性の尿路クラミジア感染の検査として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I027]←[国試_108]→[108I029

ポリメラーゼ連鎖反応法」

  [★]

polymerase chain reactionPCR
酵素連鎖反応法遺伝子増幅法ネステッドPCRPCR法核酸増幅法ポリメラーゼ連鎖反応


酵素連鎖反応法」

  [★]

polymerase chain reaction
・リメラーゼ連鎖反応法、遺伝子増幅法PCR法、・リメラーゼ連鎖反応


PCR assay」

  [★]

PCRPCR amplificationpolymerase chain reaction


PCR amplification」

  [★]

PCRPCR assaypolymerase chain reaction

核酸増幅法」

  [★]

PCR
ポリメラーゼ連鎖反応法PCR法


RT-PCR法」

  [★]

(n
逆転写PCR

定量的real time-PCR法」

  [★] 定量的リアルタイムPCR


PC」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Peace Corps 平和部隊」


P」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 16th letter of the Roman alphabet」
p

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parking」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phosphorusの化学記号」


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

PCR」

  [★] ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡