N-メチル-D-アスパラギン酸

出典: meddic

N-methyl-D-aspartic acid, N-methyl-D-aspartate, N-methylaspartate, NMDA
N-メチルアスパラギン酸



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/28 01:25:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Dアミノ酸酸化酵素欠損マウスでは海馬CA1領域におけるNMDA受容体活性は促進され,長期増強が増強される
  • 渡辺 正嗣
  • Dokkyo journal of medical sciences 35(1), T19-T24, 2008-03
  • N-メチル-Dアスパラギン酸(NMDA)受容体の機能を調節するDアミノ酸はDアミノ酸酸化酵素(DAO)によって代謝される.本研究では,空間学習能力や海馬の長期増強(LTP)におけるDAOの役割について検討するために, DAO欠損マウスにおける空間認識能を評価できるMorris水迷路試験と海馬スライス標本における海馬CA1領域のLTPとNMDA受容体活性について調べ, …
  • NAID 110006966545
  • 慢性疼痛発症に伴う脊髄後角表層NMDA受容体の性質の変化
  • 岩田 英明
  • Dokkyo journal of medical sciences 33(1), 87-94, 2006-03-25
  • … 末梢からの疼痛情報の入り口である脊髄後角の表層において,N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体が慢性疼痛発症に強く関与していることが示されている.今回,脊髄スライス標本を使用し,興奮性シナプス後電流(EPSC)をパッチクランプ記録し,慢性疼痛発症に伴うEPSCの性質の変化を調べた.さらに,パッチクランプ記録後に細胞を採取し,逆転写一遺伝子増幅法(単一 …
  • NAID 110005519552

関連リンク

N-メチル-D-アスパラギン酸(?さん、N-methyl-D-aspartic acid, 通称NMDA)は グルタミン酸受容体のサブタイプのひとつ、NMDA受容体の選択的人工アゴニスト。 分子式はC5H9NO4で表され、分子量は147.13、CAS登録番号6384-92-5。水溶性。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元N-methyl-D-aspartic acid」「N-methyl-D-aspartate」「NMDA」「N-メチルアスパラギン酸
拡張検索N-メチル-D-アスパラギン酸受容体
関連記事アスパラギン酸」「D」「アスパラギン」「N」「d

N-methyl-D-aspartic acid」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

NMDA型グルタミン酸受容体刺激薬
N-methyl-D-aspartate、N-methylaspartate、NMDA

N-methyl-D-aspartate」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

NMDA型グルタミン酸受容体刺激薬

NMDA」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

N-メチルアスパラギン酸」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

N-メチル-D-アスパラギン酸受容体」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体

アスパラギン酸」

  [★]

aspartate, aspartic acid, Asp, D
2-アミノコハク酸 2-aminosuccinic acid
アスパラギン酸カリウム potassium aspartateアスパラギン酸マグネシウム
アミノ酸L-アスパラギン酸


  • 極性。酸性。
  • カルボキシル基(carboxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にカルボキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-COOH



D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」

アスパラギン」

  [★]

asparagine, Asn, N
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • アスパラギン酸のカルボキシル基(-COOH)とアンモニア(NH3)が反応してアミド基(-CONH2)を有した形。
  • アラニンの側鎖にアミド基が付いた形
  • 側鎖
-CH2-CO-NH2


N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

d」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(おもに人称代名詞・固有名詞(人名),thereの後で)had, wouldの短縮形 / (疑問文でwhere,what,whenの後で)didの短縮形;Where'd he go?=Where did he go?」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡