N-メチル-D-アスパラギン酸

出典: meddic

N-methyl-D-aspartic acid, N-methyl-D-aspartate, N-methylaspartate, NMDA
N-メチルアスパラギン酸



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/28 01:25:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Dアミノ酸酸化酵素欠損マウスでは海馬CA1領域におけるNMDA受容体活性は促進され,長期増強が増強される
  • 渡辺 正嗣
  • Dokkyo journal of medical sciences 35(1), T19-T24, 2008-03
  • N-メチル-Dアスパラギン酸(NMDA)受容体の機能を調節するDアミノ酸はDアミノ酸酸化酵素(DAO)によって代謝される.本研究では,空間学習能力や海馬の長期増強(LTP)におけるDAOの役割について検討するために, DAO欠損マウスにおける空間認識能を評価できるMorris水迷路試験と海馬スライス標本における海馬CA1領域のLTPとNMDA受容体活性について調べ, …
  • NAID 110006966545
  • 慢性疼痛発症に伴う脊髄後角表層NMDA受容体の性質の変化
  • 岩田 英明
  • Dokkyo journal of medical sciences 33(1), 87-94, 2006-03-25
  • … 末梢からの疼痛情報の入り口である脊髄後角の表層において,N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体が慢性疼痛発症に強く関与していることが示されている.今回,脊髄スライス標本を使用し,興奮性シナプス後電流(EPSC)をパッチクランプ記録し,慢性疼痛発症に伴うEPSCの性質の変化を調べた.さらに,パッチクランプ記録後に細胞を採取し,逆転写一遺伝子増幅法(単一 …
  • NAID 110005519552

関連リンク

N-メチル-D-アスパラギン酸(?さん、N-methyl-D-aspartic acid, 通称NMDA)は グルタミン酸受容体のサブタイプのひとつ、NMDA受容体の選択的人工アゴニスト。 分子式はC5H9NO4で表され、分子量は147.13、CAS登録番号6384-92-5。水溶性。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元N-methyl-D-aspartic acid」「N-methyl-D-aspartate」「N-メチルアスパラギン酸」「NMDA
拡張検索N-メチル-D-アスパラギン酸受容体
関連記事アスパラギン酸」「D」「アスパラギン」「N」「d

N-methyl-D-aspartic acid」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

NMDA型グルタミン酸受容体刺激薬
N-methyl-D-aspartate、N-methylaspartate、NMDA


N-methyl-D-aspartate」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸

NMDA型グルタミン酸受容体刺激薬


N-メチルアスパラギン酸」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸


NMDA」

  [★] N-メチル-D-アスパラギン酸


N-メチル-D-アスパラギン酸受容体」

  [★] NMDA型グルタミン酸受容体


アスパラギン酸」

  [★]

aspartate, aspartic acid, Asp, D
2-アミノコハク酸 2-aminosuccinic acid
アスパラギン酸カリウム potassium aspartateアスパラギン酸マグネシウム
アミノ酸L-アスパラギン酸


  • 極性。酸性。
  • カルボキシル基(carboxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にカルボキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-COOH



D」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


アスパラギン」

  [★]

asparagine, Asn, N
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • アスパラギン酸のカルボキシル基(-COOH)とアンモニア(NH3)が反応してアミド基(-CONH2)を有した形。
  • アラニンの側鎖にアミド基が付いた形
  • 側鎖
-CH2-CO-NH2



N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

d」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(おもに人称代名詞・固有名詞(人名),thereの後で)had, wouldの短縮形 / (疑問文でwhere,what,whenの後で)didの短縮形;Where'd he go?=Where did he go?」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3