Mycobacterium tuberculosis

出典: meddic

Mycobacterium tuberculosis
結核菌
tubercle bacillus, TB
コッホ菌 Koch's bacillus
結核 Tuberculosis、細菌


長炭素鎖脂肪酸(ミコール酸)で覆われる→疎水性が高い

特徴

  • 細胞内寄生性
  • 細胞壁
  • 好気性
  • 遅発育性
  • 感染形式 飛沫核/空気感染
  • 病原性
  • 遺伝子

感染症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/21 10:56:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A mathematical representation of the development of Mycobacterium tuberculosis active, latent and dormant stages.
  • Magombedze G, Mulder N.SourceUniversity of Cape Town, Institute of Infectious Disease and Molecular Medicine, Department of Clinical Laboratory Sciences, Computational Biology Group (CBIO), Anzio Road, Obs 7925, Cape Town, South Africa.
  • Journal of theoretical biology.J Theor Biol.2012 Jan 7;292:44-59. Epub 2011 Sep 29.
  • The majority of individuals infected with Mycobacterium tuberculosis (Mtb) bacilli develop latent infection. Mtb becomes dormant and phenotypically drug resistant when it encounters multiple stresses within the host, and expresses a set of genes, known as the dormancy regulon, in vivo. These genes a
  • PMID 21968442
  • Expression of common fluorescent reporters may modulate virulence for Mycobacterium marinum: Dramatic attenuation results from Gfp over-expression.
  • Mutoji KN, Ennis DG.AbstractMycobacterium marinum is an established surrogate pathogen for Mycobacterium tuberculosis because of its strong conservation of thousands of orthologous genes, lower risk to researchers and similar pathology in fish. This pathogen causes TB-like chronic disease in a wide variety of fish species. As in human TB, the microbe grows within the host macrophages, can mount life-long chronic infections and produces granulomatous lesions in target organs. One of the fish species known to manifest chronic "fish TB" is the small laboratory fish, Japanese ricefish (medaka; Oryzias latipes). Our laboratory is currently characterizing the disease progression in medaka using fluorescent reporter systems that are introduced into engineered strains of M. marinum. While conducting these studies we observed differences in growth, plasmid stability, and virulence depending on which fluorescent reporter construct was present. Here, we describe large negative effects on virulence and organ colonization that occurred with a commonly used plasmid pG13, that expresses green fluorescent protein (Gfp). The studies presented here, indicate that Gfp over-expression was the basis for the reduced virulence in this reporter construct. We also show that these negative effects could be reversed by significantly reducing Gfp expression levels or by using low-expression constructs of Rfp.
  • Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP.Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol.2012 Jan;155(1):39-48. Epub 2011 Jun 1.
  • Mycobacterium marinum is an established surrogate pathogen for Mycobacterium tuberculosis because of its strong conservation of thousands of orthologous genes, lower risk to researchers and similar pathology in fish. This pathogen causes TB-like chronic disease in a wide variety of fish species. As
  • PMID 21658470
  • Reduced in vivo Cytotoxicity and Increased Mycobacterial Burden Are Associated with Virulent Mycobacterium tuberculosis Strains During Lung Infection.
  • Quintero-Macías L, Silva-Sánchez A, Valderrabano-Ortíz E, Munguía-Fuentes R, Aguilar-León D, Hernández-Pando R, Flores-Romo L.SourceDepartment of Cell Biology Cinvestav-IPN.
  • Immunological investigations.Immunol Invest.2012;41(1):51-60. Epub 2011 Jun 2.
  • Cytotoxic cellular responses are crucial for clearing intracellular pathogens and generating host resistance. Experimental pulmonary tuberculosis is associated with an early delay in T cell responses and with elevated lung bacterial burden during chronic infection. In this study we quantified the in
  • PMID 21635179

和文文献

  • NADPH regulates human NAD kinase, a NADP⁺-biosynthetic enzyme.
  • Ohashi Kazuto,Kawai Shigeyuki,Koshimizu Mari,Murata Kousaku
  • Molecular and cellular biochemistry 355(1-2), 57-64, 2011-09
  • … Furthermore, these attributes may provide a clue to design a novel drug against Mycobacterium tuberculosis in which this bacterial NADK is potently inhibited by NADP(+). …
  • NAID 120003405536
  • Formation and Aggregation of Lipid Rafts in γδT Cells Following Stimulation with Mycobacterium tuberculosis Antigens
  • LU He-Zuo,ZHU An-You,CHEN Yong,TANG Jie,LI Bai-Qing
  • Tohoku journal of experimental medicine 223(3), 193-198, 2011-03-01
  • NAID 10027990287
  • らい菌および結核菌のニューキノロン耐性獲得機構と耐性菌迅速鑑別法
  • 金 玄,鈴木 晴香,松岡 正典,松葉 隆司,横山 和正,中島 千絵,鈴木 定彦
  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 80(1), 17-27, 2011-02-01
  • NAID 10027809159

関連リンク

Tuberculosis, or TB, is an infectious bacterial disease caused by Mycobacterium tuberculosis, which most commonly affects the lungs. It is transmitted from person to person via droplets from the throat and lungs of people with the ...
Classification Higher order taxa Domain: Bacteria; Phylum: Actinobacteria; Class: Actinobacteria; Order: Actinomycetales; family: Mycobacteriaceae; Genus: Mycobacterium Species The Mycobacterium tuberculosis complex (MTC ...
My·co·bac·te·ri·um tu·ber·cu·lo·'sis a bacterial species that causes tuberculosis in humans; it is the type species of the genus Mycobacterium. Synonym(s): Koch bacillus, tubercle bacillus (1) Mycobacterium tuberculosis Tubercle ...

関連画像

MYCOBACTERIUM+TUBERCULOSIS.jpgFile:Mycobacterium tuberculosis Ziehl Mycobacterium tuberculosis | Understanding Ofbyld:Mycobacterium tuberculosis Ziehl  tuberculosis and non-tuberculosisMycobacterium tuberculosisMycobacterium tuberculosis bacteria. [CDC Mycobacterium tuberculosis


★リンクテーブル★
先読みTB
リンク元細菌」「ワクチン」「結核」「咳嗽」「結核菌
関連記事tuberculosis

TB」

  [★]


細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



ワクチン」

  [★]

vaccine
予防接種 immunization感染症感染症予防法シードロット・システムimmunization

種類

  • 遺伝子組換えワクチン

副反応

風疹ワクチン

  • 発熱、発疹、関節痛、リンパ節腫脹

おたふくかぜワクチン

  • 2-3週間後、まれに、発熱、耳下腺腫脹、咳、鼻水
  • MMRの際に無菌性髄膜炎が数千人に一人
  • 髄膜炎の症状:発熱、頭痛、嘔吐

学校伝染病、予防接種、ワクチン (学校伝染病、予防接種、ワクチン.xls)

病原体 感染症 ワクチン 学校伝染病 ワクチンの形状 潜伏期間 季節性 年齢 出席停止解除条件
ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア ジフテリア,破傷風,百目咳混合ワクチン    トキソイド        
百日咳菌 Bordetella pertussis 百日咳 不活化 6~14     咳の消失
結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 BCG 不活化       伝染のおそれが無くなるまで
ポリオウイルス poliovirus ポリオ ポリオワクチン(経口)          
麻疹ウイルス measles virus 麻疹 麻疹・風疹混合ワクチン 10~12   0~2 解熱後3日
風疹ウイルス rubella virus 風疹 18 春~初夏 4~9 発疹消失
日本脳炎ウイルス Japanese encephalitis virus 日本脳炎 日本脳炎ワクチン   不活化        
インフルエンザウイルス influenza virus インフルエンザ インフルエンザワクチン 不活化 1~5 冬期   解熱後2日
インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae  化膿性髄膜炎など Hibワクチン            
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae                
水痘・帯状疱疹ウイルス varicella zoster virus 水痘   11~21 冬(12, 1) 5~9 発疹の痂皮化
ムンプスウイルス mumps virus 流行性耳下腺炎   18~21     耳下腺腫脹消失
B型肝炎ウイルス hepatitis B virus B型肝炎     成分 60~160      
A型肝炎ウイルス hepatitis A virus A型肝炎     不活化 15~40      
狂犬病ウイルス rabies virus 狂犬病     不活化        
アデノウイルス adenovirus 咽頭結膜熱            
黄熱病ウイルス yellow fever virus 黄熱病            

日本で使われているワクチン

その他マイナーなワクチン

  • 1ヶ月に1回、6ヶ月続けて。
  • 適応は低体重児と免疫不全児だった気がする

接種間隔


参考

  • 1. 国立感染症研究所 感染症情報センター:予防接種のページ
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/vaccine-j.html
  • 2. 日本で接種可能なワクチンの種類 - 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/atopics/atpcs003.html




結核」

  [★]

tuberculosis, TB
結核症
結核菌 Mycobacterium tuberculosis抗結核薬
肺結核腸結核、脳結核腫
  • 感染予防学 080423I,II
  • first aid step1 2006 p.135,137,143,162,172,173,181
Pott's disease = vertebral tuberculosis. constrictive pericarditis = tuberculosis

概念

病原菌

  • Mycobacterium tuberculosis

疫学

  • 罹患率は男性の方が多い。

平成21年

参考3
  • 結核患者の発生は未だ2万4千人以上である。結核罹患率は引き続き減少傾向にあるが、減少率は2%台と低い。
新登録結核患者数 24,170人
罹患率(人口10万人対の新登録結核患者数) 19.0 (対前年比0.4減)
  • 80歳以上の結核罹患率は横ばいないし増加し、70歳以上の高齢結核患者は新登録結核患者の半数以上となった。
80歳以上の罹患率 88.3 (H20 87.6、H19 90.5、H18 93.0)
70歳以上の新登録結核患者の占める割合 50.1%(H20 48.9%、H19 47.9%、H18 47.0%)
  • 世界的に見て、日本は依然として結核中まん延国である。
日本の罹患率(19.0)は、米国(4.3)の4.4倍、カナダ(4.7)の4.0倍、スウェーデン(5.4)の3.5倍、オーストラリア(5.5)の3.5倍。

感染の型

SPU.178

一次感染

  • 初感染患者に形成される初期変化群の増悪による病変:全身性血行性散布(粟粒結核など)、肺原発巣の空洞化、リンパ節の穿孔による吸引性結核性肺炎、結核性胸膜炎

二次感染

  • 初感染から長期間を経て発症するもの

症状

結核の皮膚病変

  • 真性皮膚結核

検査

  • 「喀痰の抗酸菌検査では1日1回、連続して3日間検査することが推奨されている。抗酸菌検査では通常、塗抹検査と培養検査の2項目をオーダーするが、結核の疑いが強い場合には、健康保険診療上、結核菌核酸増幅法検査を1回行うことができる。」(ガイドライン1より引用)

診断

  • 結核菌の診断を行う上では、あくまでも細菌学的検査(塗沫検査、培養検査)によることが原則である。(IRE.1034)
  • 結核の疑いが強い場合にはPCR法により確定して、直ちに保健所に届けるのがよい。

治療

  • 標準治療法:最初2ヶ月間4剤、次の4ヶ月間2-3剤の計6ヶ月間の治療
  • 例:INH,RFP,EB,PZAで2ヶ月間(bactericidal phase) → INH,RFP(,EB)で4ヶ月間(continuation phase)
  • 多剤耐性結核菌:少なくともINHとRFPに同時耐性を示す菌株

2009年に厚生労働省告示

  • A法
  • ピラジナミド(PZA)を使用できる場合には、まずイソニアジド(INH)、リファンピシン(RFP)およびPZAにストレプトマイシン(SM)またはエタンブトール(EB)を加えた4剤併用療法を2カ月間行い、その後INHおよびRFPの2剤併用療法を4剤併用療法開始時から6カ月を経過するまで行う。
  • B法
  • PZAを使用できない場合には、まずINHおよびRFPの2剤にSMまたはEBを加えてた3剤併用療法を2ないし6ヵ月間行い、その後INHおよびRFPの2剤併用療法を3剤併用療法開始時から9ヶ月を経過するまでに行う。INHまたはRFPを使用できない場合、症状が著しく重い場合、治療開始から2カ月を経ても結核菌培養検査陽性の場合、糖尿病、じん肺、HIV感染症等の疾患を合併する場合、または副腎皮質ホルモン剤を免疫抑制剤を長期にわたり使用している場合、などでは治療期間を3ヵ月間延長できる。

薬物療法:抗結核薬

感染経路

公衆衛生

参考

  • 1. 日本結核病学会
[display]http://www.kekkaku.gr.jp
  • 2. 共益財団法人結核予防学会
[display]http://www.jatahq.org/about_tb/index.html
  • 3. 結核登録者情報調査【平成18年まで結核発生動向調査】|厚生労働省
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/kekkaku_tourokusya.html

ガイドライン

  • 1. 結核診療ガイドライン(の要点抜粋) 山岸文雄 独立行政法人国立病院機構千葉東病院 病院長
[display]http://www.kekkaku.gr.jp/ga/ga-59.htm

国試




咳嗽」

  [★]

がいそう
cough
せき

分類

原因

  • 慢性咳
  • 気管支喘息、上気道咳症候群、胃食道逆流症、感染症後の持続咳、慢性心不全、心因性咳嗽、ACE阻害薬、百日咳、結核、癌(肺、甲状腺、頚部、悪性リンパ腫)

日内変動

増悪因子

小児の咳の原因

小児アレルギー診療ブラッシュアップ p.29
  • 1 非常に多い:ウイルス性気管支炎、気管支喘息、後鼻漏(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎)
  • 2 多い:タバコ、大気汚染、細菌性気管支炎(<一次性>百日咳、Mycoplasma pneumoniae、クラミジア属、Mycobacterium tuberculosisLegionella pneumophilia、<二次性>肺炎球菌、インフルエンザ菌)
  • 3 まれ:気道異物、反復性誤嚥、心因性咳嗽
  • 4 非常にまれ:化膿性肺疾患、気道局所所見(気道狭窄気管支腺腫、喉頭気管気管支軟化症)



結核菌」

  [★] Mycobacterium tuberculosis


tuberculosis」

  [★] 結核 TB

WordNet   license wordnet

「infection transmitted by inhalation or ingestion of tubercle bacilli and manifested in fever and small lesions (usually in the lungs but in various other parts of the body in acute stages)」
TB, T.B.

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「結核({略}TB,T.B.) / 肺結核」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡