Moraxella catarrhalis

出典: meddic

モラクセラ・カタラーリス
Moraxella catarrhalis, Branhamella catarrhalis
モラクセラ属



特徴

病原体

感染症

疫学

潜伏期間

感染経路

症状

合併症

経過

治療

検査

予防

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/24 17:47:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Effect of nasal mometasone furoate on the nasal and nasopharyngeal flora.
  • Aksoy F, Demirhan H, Bayraktar Gİ, Yıldırım YS, Ozturan O, Gönüllü N, Sapmaz B.SourceBezmialem Vakıf University, Medical Faculty, Department of Otorhinolaryngology and Head and Neck Surgery, Istanbul, Turkey.
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2012 Apr;39(2):180-5. Epub 2011 Sep 1.
  • OBJECTIVE: Mometasone furoate (MF) is one of the commonly used topical steroids, particularly for patients with allergic rhinitis. However, its effect on the colonization of bacteria that may cause superinfections by suppressing the local immunity is not known. Thus, we investigated the effect of MF
  • PMID 21889281
  • Passive smoking and nasopharyngeal colonization by Streptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzae, and Moraxella catarrhalis in daycare children.
  • Bakhshaee M, Naderi HR, Ghazvini K, Sotoudeh K, Amali A, Ashtiani SJ.SourceDivision of Rhinology, Ear, Nose and Throat Research Center, Imam Reza Hospital, Faculty of Medicine, Mashhad University of Medical Sciences, Mashhad, Iran, mehbakhsh@yahoo.com.
  • European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery.Eur Arch Otorhinolaryngol.2012 Apr;269(4):1127-32. Epub 2011 Oct 28.
  • Exposure to tobacco smoke may be associated with higher risk of nasopharyngeal colonization and infection by Streptococcus pneumoniae (SP), Haemophilus influenzae (HI), and Moraxella catarrhalis (MC). This study was done to determine the influence of passive smoking on S. pneumoniae, H. influenzae,
  • PMID 22033573
  • Activity of JNJ-Q2, a new fluoroquinolone, tested against contemporary pathogens isolated from patients with community-acquired bacterial pneumonia.
  • Biedenbach DJ, Farrell DJ, Flamm RK, Liverman LC, McIntyre G, Jones RN.SourceJMI Laboratories, 345 Beaver Kreek Centre, Suite A, North Liberty, IA 52317, USA.
  • International journal of antimicrobial agents.Int J Antimicrob Agents.2012 Apr;39(4):321-5. Epub 2012 Feb 4.
  • JNJ-Q2 is a broad-spectrum fluoroquinolone with bactericidal activity against Gram-positive and Gram-negative pathogens and is currently in clinical development for the treatment of community-acquired bacterial pneumonia (CABP) and acute bacterial skin and skin-structure infections. This study deter
  • PMID 22306239

和文文献

  • A prospective study of intrafamilial transmission and antimicrobial susceptibility of Moraxella catarrhalis
  • Masaki Hironori,Qin Liang,Zhou Zhaoyan [他]
  • Microbiology and immunology 55(9), 599-604, 2011-09
  • NAID 40019010572
  • 臨床報告 淋菌結膜炎との鑑別を要した新生児モラクセラ結膜炎--いわゆる偽淋菌結膜炎
  • 渡辺 純子,稲田 紀子,立花 敦子 [他]
  • 眼科 53(1), 137-142, 2011-01
  • NAID 40018697446
  • 成人急性鼻副鼻腔炎のスコアリングシステムによる抗菌薬の有効性評価に関する検討 : ―急性鼻副鼻腔炎に対するガレノキサシン(GRNX)の有効性評価―
  • 山中 昇,保富 宗城,戸川 彰久,池田 頼彦,田村 真司
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(10), 741-754, 2011
  • … In a prospective study of rhinosinusitis treatment efficacy in 163 subjects at 30 medical facilities between 2008 and 2009, we studied isolation of three major pathogenic bacteria-Streptococcus pneumoniae, Haemophillus influenzae, and Moraxella catarrhalis. … catarrhalis 6.8% (3/44) in 106 acute rhinosinusitis subjects. … catarrhalis. …
  • NAID 130001148507

関連リンク

INTRODUCTION Moraxella catarrhalis is a gram-negative diplococcus that commonly colonizes the upper respiratory tract, particularly in children. For much of the last century, the bacterium was regarded as a commensal. However ...
Introduction Moraxella catarrhalis is classified with the genera Neisseria, Moraxella, Kingella, and Acinetobacter in the family Neisseriaceae. The taxonomic position of M. catarrhalis is currently being debated; it has been proposed ...
Moraxella catarrhalis is a gram-negative, aerobic, oxidase-positive diplococcus that was first described in 1896. The organism has also been known as Micrococcus catarrhalis, Neisseria catarrhalis, and Branhamella ...

関連画像

Moraxella catarrhalisMoraxella catarrhalis on Columbia Horse Moraxella catarrhalis es una bacteria Moraxella CatarrhalisMoraxella CatarrhalisMoraxella Catarrhalismoraxella catarrhalis colonies


★リンクテーブル★
リンク元細菌」「慢性閉塞性肺疾患」「急性中耳炎」「モラクセラ属」「モラクセラ・カタラーリス感染症
関連記事catarrhal」「catarrhalis

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



慢性閉塞性肺疾患」

  [★]

chronic obstructive pulmonary disease, COPD
chronic obstructive lung disease COLD
慢性気道閉塞
  • 日本語訳としての「慢性閉塞性肺疾患」より「COPD」を使用することが勧められている

概念

  • 1.
  • 「COPD とは有毒な粒子やガスの吸入によって生じた肺の炎症反応に基づく進行性の気流制限を呈する疾患である.この気流制限には様々な程度の可逆性を認め、発症と経過が緩徐であり、労作性呼吸困難を生じる」疾患
  • 完全に可逆性ではない気流制限が特徴 ← 気管支喘息ではβ2受容体作動薬により気流制限の改善をみる。
  • 2. ICU.387
  • 慢性気管支炎や肺気腫により常に気道閉塞(一秒率:一秒量FEV1/努力肺活量FVC<70%)に陥っている病態で、気管支拡張薬に対する反応は乏しく、症状(呼吸困難)が恒常的・慢性的である。

疫学

  • 患者の9割が喫煙者

病因

参考1

臨床上のリスク因子

  • 喫煙
  • 気道の過敏性
  • 環境からの暴露
  • アトピー体質
  • 抗酸化物質の欠乏
  • 気管支肺低形成
  • 結核

遺伝形式

症状

身体所見

  • 視診
  • 打診上、鼓音
  • 聴診上、呼吸音減弱、呼気延長

検査

  • 血液ガス検査
  • PaO2:低下
  • PaCO2:上昇
  • A-aDO2:上昇
  • 呼吸機能検査
  • %VC:軽度の肺気腫においては時に正常より増えていることがあるが、進行した肺気腫においては低下する。(093E019)
  • %DLCO:肺胞領域の破壊により拡散能低下
  • 胸部単純X線写真:
  • 肺肝境界の下降、肺の過膨張、
  • 気管短縮(輪状軟骨上縁から胸骨上炎までが4-5cm未満に短縮していることがある、らしい)(出典不明、機序不明)
  • 胸部CT


診断

  • スパイロメータの結果による
呼吸器学会ガイドライン
  • 1. 気管支拡張薬投与後のスパイロ検査で、FEV1/FVC<70%
  • 2. 他の気流制限を来しうる疾患を除外する

鑑別診断

評価法

  • mMRC(the Modified British Medical Research Council):日常生活に対する呼吸困難(息切れ)の影響を測定
  • CAT(COPD assessment test):COPDの症状やQOLに関する8項目を0〜40点で評価
  • IPAG(International Primary Care Airways Group):COPD 関連症状と危険因子を測定
  • BODE指数:予後評価
  • ADO指数:予後評価

治療

病期分類

ガイドライン1
  • 0期:リスク群:慢性症状(咳嗽・喀痰):(a) 禁煙、インフルエンザワクチン接種(肺炎球菌ワクチンはガイドライン上では推奨されていないが(COPD増悪予防に対する効果が証明されなかった?)、接種した方がよいとする意見がある)
  • I期:軽症:80%≦%FEV1:(a)。(b) 必要に応じ短時間作用型の気管支拡張薬を使用。
  • II期:中等症:50%≦%FEV1<80%:(a)。(b)。(c) 呼吸リハビリテーション、長時間作用型気管支拡張薬の定期的使用
  • III期:重症:30%≦%FEV1<50%:(a)。(b)。(c)。(d) 吸入ステロイド薬の考慮(増悪を繰り返す)
  • IV期:最重症:%FEV1<30%または%FEV1<50%かつ慢性呼吸不全あるいは右心不全合併:(a)。(b)。(c)。(d)。(e) 長期酸素療法、外科的治療の考慮

安定期の治療

治療のmodality:薬物療法、包括的呼吸リハビリテーション、患者教育、栄養管理、酸素療法、換気補助療法、肺容量減量手術、肺移植、在宅管理

急性増悪

  • COPDの急性増悪や重症度の分類には定説はない (ガイドライン1)
  • COPDの急性増悪とは「病態が日内変動を超えて悪化し、日常施行していた治療内容を変更せざるを得ない状態」(呼吸器疾患最新の治療2004-2006 p.267)
  • 原因:気道感染と大気汚染が最多。1/3は原因不明。

COPDの急性増悪

定義

  • COPDの自然の進行の中で起きる現象で、呼吸困難、咳嗽、喀痰といった症状が日常の変動を超えて増悪したもの

入院適応

  • 突然の安静時呼吸器困難の出現など、症状の顕著な増悪
  • 基盤にあるCOPDが重症(III度,IV度)
  • 新たな身体所見の発言
  • 増悪に対する初期治療に反応しない
  • 重大な合併症の存在
  • 頻回の増悪
  • 新たに発生した不整脈
  • 診断が不確実な例
  • 高齢者
  • 不十分な住宅サポート


modality (ガイドライン1)
  • 気管支拡張薬吸入の容量/回数の増加(例えば、短期間作用型β2刺激薬が用いられる)
  • ステロイドの全身投与(経口/静脈注射):増悪からの回復、肺機能の回復までの時間を短縮する
  • (喀痰から感染症が疑われる場合)抗菌薬の投与
  • 外来 :経口ペニシリン系薬、ニューキノロン系薬
  • 入院例:注射用β-ラクタム系薬/β-ラクタマーゼ阻害薬、第3,4世代セフェム系薬、カルバペネム系薬、ニューキノロン系薬

病原体

  • 三大病原体の一つがMoraxella catarrhalis

予後

参考

  • 1. [charged] Chronic obstructive pulmonary disease: Risk factors and risk reduction - uptodate [1]

ガイドライン

  • 1. COPD診断と治療のためのガイドライン第2版
http://www.jrs.or.jp/quicklink/glsm/guideline/nopass_pdf/copd_summary.pdf

国試




急性中耳炎」

  [★]

acute otitis media, AOM
otitis media acuta
急性化膿性中耳炎 acute suppurative tympanitis
中耳炎
  • 小児が高頻度に小児が罹患する代表的な上気道炎 (参考1)
  • 疫学:生後1歳までに62%、生後3歳までに83%が少なくとも1回は罹患 (参考1)
  • リスク因子:2歳以下では難治性である。集団保育下では耐性菌の出現率が高い。
  • 病原体は肺炎球菌インフルエンザ菌モラクセラ・カタラーリス Moraxella catarrhalisが多い。 ← 年齢毎に異なる。
  • 小児軽症例では、3日間経過を観察してから、5日間の抗菌薬投与とする。
  • 小児軽症例における抗菌薬はアモキシシリンを第一選択とする

診断

  • 1. 急性の発症
  • 2. 中耳貯留液の存在(鼓膜の膨隆, 鼓膜の可動制限, 水疱形成, 耳漏)
  • 3. 中耳炎症所見と症状(鼓膜の明らかな発赤または耳痛)
1-3をすべて満足する場合確定例、その他不確定例とする

重症度

米国小児科学会ガイドライン「急性中耳炎の診断と治療」
  • 非重症:軽い耳痛かつ 24 時間以内の発熱が<39℃
  • 重症:中等度~重度の耳痛あるいは≧39℃の発熱

治療

米国のガイドラインによる抗生剤の適応

米国小児科学会ガイドライン「急性中耳炎の診断と治療」
  不確定例 確定例
非重症 重症 非重症 重症
6ヵ月未満 antibiotics antibiotics antibiotics antibiotics
6~24ヵ月 no antibiotics antibiotics antibiotics
2歳以上 no no no antibiotics

薬剤と治療期間

米国小児科学会ガイドライン「急性中耳炎の診断と治療」
重症度 初期治療 初期治療無効時   投与期間
非重症 AMPC 80~90 mg/kg/日 AMPC/CVA 14:1 90mg/kg/日  
重症 AMPC/CVA 14:1 90 mg/kg/日 CTRX 50mg/kg/日 3 日間   2歳以上非重症:5~7 日間


参考

  • 1. 小児急性中耳炎診療ガイドライン 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学領域 高橋晴雄
[display]http://www.k3.dion.ne.jp/~i-sibasi/2010.4.2aom.pdf
  • 2.
[display]http://www20.big.or.jp/~ent/topics/chuujien/chuujienjijou.html

国試



モラクセラ属」

  [★]

Moraxella
細菌


モラクセラ属

ブランハメラ亜属

球菌
  • Moraxella catarrhalis

モラクセラ亜属

桿菌


モラクセラ・カタラーリス感染症」

  [★]

Moraxella catarrhalis infection, Branhamella catarrhalis infection
ブランハメラ・カタラーリス感染症
Moraxella catarrhalisモラクセラ属


catarrhal」

  [★]

  • adj.
  • カタル性の
catarrhalis

WordNet   license wordnet

「of or relating to a catarrh; "catarrhal fever is any of several respiratory or oral diseases of livestock such as bluetongue in horses and sheep"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「カタル性の」


catarrhalis」

  [★]

  • .
  • カタル性の
catarrhal
Moraxella catarrhalisBranhamella catarrhalis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡