HLA-DQ

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Serological evaluation of possible exposure to Ljungan virus and related parechovirus in autoimmune (type 1) diabetes in children.
  • Nilsson AL1, Vaziri-Sani F, Broberg P, Elfaitouri A, Pipkorn R, Blomberg J, Ivarsson SA, Elding Larsson H, Lernmark Å.
  • Journal of medical virology.J Med Virol.2015 Jul;87(7):1130-40. doi: 10.1002/jmv.24127. Epub 2015 Apr 14.
  • Exposure to Ljungan virus (LV) is implicated in the risk of autoimmune (type 1) diabetes but possible contribution by other parechoviruses is not ruled out. The aim was to compare children diagnosed with type 1 diabetes in 2005-2011 (n = 69) with healthy controls (n = 294), all from the Jäm
  • PMID 25873230
  • Humoral Immune Response and Allograft Function in Kidney Transplantation.
  • Filippone EJ1, Farber JL2.
  • American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation.Am J Kidney Dis.2015 May 15. pii: S0272-6386(15)00629-0. doi: 10.1053/j.ajkd.2015.03.033. [Epub ahead of print]
  • HLA antibodies can damage a kidney transplant. In January 2013, consensus guidelines from The Transplantation Society were published regarding technical aspects of HLA antibody determination, as well as their potential significance in the pre- and posttransplantation periods. During the past 2 years
  • PMID 25987262
  • Mouse pancreatic beta cells express MHC class II and stimulate CD4+ T Cells to proliferate.
  • Zhao Y1, Scott NA1,2, Quah HS1,2, Krishnamurthy B1, Bond F1, Loudovaris T1, Mannering SI1,2, Kay TW1,2, Thomas HE1,2.
  • European journal of immunology.Eur J Immunol.2015 May 9. doi: 10.1002/eji.201445378. [Epub ahead of print]
  • Type 1 diabetes results from destruction of pancreatic beta cells by autoreactive T cells. Both CD4+ and CD8+ T cells have been shown to mediate beta cell killing. While CD8+ T cells can directly recognize MHC class I on beta cells, the interaction between CD4+ T cells and beta cells remains unclear
  • PMID 25959978

和文文献

  • Prediction of HLA-DQ8 β cell peptidome using a computational program and its relationship to autoreactive T cells
  • CHANG Kuan Y.,UNANUE Emil R.
  • International immunology 21(6), 705-713, 2009-06-01
  • NAID 10025386797

関連リンク

HLA-DQ (DQ) is a cell surface receptor type protein found on antigen presenting cells. DQ is an αβ heterodimer of the MHC Class II type. The α and β chains are encoded by HLA-DQA1 and HLA-DQB1, respectively. These two loci are ...
MHCクラスII分子はヒトではHLA-DR、HLA-DQ、HLA-DPの3種類があるが、DRのβ鎖 は2種類あることが多く、これがDRα鎖と結合するためDR分子は2種類あることになる。 つまり、ヒトでは4種類のMHCクラスII分子をもつことが多い。マウスMHCクラスII分子 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元主要組織適合複合体
拡張検索HLA-DQ antigen
関連記事H」「D」「HL」「HLA」「DQ

主要組織適合複合体」

  [★]

major histocompatibility complex, MHC
ヒト白血球抗原 human leucocyte antigen, HLA ← LHA/MHCの疾患との遺伝的関係についてはここを参照、MHC分子主要組織適合遺伝子複合体


MHCのクラスと特徴 (出典不明)

  MHC class I *MHC class II
MHC発現組織 全ての有核細胞(×赤血球) CD4陽性T細胞
CD8陽性T細胞
抗原提示細胞(マクロファージ樹状細胞

ランゲルハンス細胞クッパー細胞ミクログリアB細胞)

抗原認識するリンパ球 Tc細胞 Th細胞
ドメイン構造 α鎖(α1,2,3を持つ分子)とβ2-microgloblin α鎖(α1,α2を持つ分子)とβ鎖(β1,β2を持つ分子)
遺伝子座 HLA-A,B,C, HLA-DP,DQ,DR
提示されるペプチド 内在抗原 外来抗原
抗原ペプチドの長さ 9残基 12-30残基
抗原ペプチドとMHCとの相互作用部位 2残基 3(免疫学授業プリント)

4(IMM.131)

MHC分子の発現 (IMM.136)

  MHC class I MHC class II
リンパ組織 T細胞 +++
B細胞 +++ +++
マクロファージ +++ ++
樹状細胞 +++ +++
胸腺上皮細胞 +++
有核細胞 好中球 +++
肝細胞
腎臓
無核細胞 赤血球

  主要組織適合遺伝子複合体
    移植抗原として発見された抗原系
    応答免疫(抗原提示)に関与する
  ヒト(HLA complex) human leucocyte antigen
   HLA
   ドメイン構造
    クラスI		A	B	C
    クラスII	DP	DQ	DR
   多型性がある
   12種類のHLAを発現(父由来、母由来)
  マウス(H2 complex) Histcompatibility-2
   ドメイン構造
    クラスI		K	D
    クラスII	A	E
  MHCの歴史
   G.Snell		マウスH2が移植の正否を左右する
   J.Dausset		HLAが抗原
   B.Benaceraf	MHC遺伝子を明らかにし、MHCが免疫応答に関与していることを証明

(1)分子構造

 クラスI H鎖 β2-microglobulin
 クラスII α鎖 β鎖
 細胞外領域 膜貫通領域 細胞内領域
 ドメイン
 Igスーパーファミリー
 クリスタログラフィー crystallography

(2) MHC分子の生合成

 抗原処理
 抗原提示
 クラスI (proteasome TAP)
  クラスI抗原提示(内在性抗原)
  ①ほとんどの細胞が提示
   ただし赤血球には発現していない
  ②細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  ③ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
   クラスI+ペプチド複合体形成
  ④細胞表面に移動
  ⑤Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害
 クラスII (Ii=invariant chain, HLA-DM)
  クラスII抗原提示(外来抗原)
  ①抗原提示細胞:貪食、飲食による取り込み
  ②ファゴリソゾーム:ペプチドに分解
  ③小胞体(ER):(MHC class II + Ii鎖)複合
  ④ファゴリソゾーム:HLA-DMがIi鎖を解離
   ペプチドを提示→(MHC class II + ペプチド)複合体
  ⑤細胞表面に移動
  ⑥Th(CD4+T)細胞が認識

(3) MHC遺伝子

  • MHC遺伝子座
  • クラスI:HLA-A,HLA-B,HLA-C(古典的)
→全ての有核細胞が発現
   最近、E,F,Gが発見された→E,FはT細胞、Gは胎盤トロホブラストが発現(妊娠免疫に重要)
→限定された細胞が発現(マクロファージ、樹状細胞、ランゲルハンス細胞、クッパー細胞)
亜領域A1,A2,およびB1,B2を有し、いずれかしか発現しない。ちなみに、Aはα鎖、Bはβ鎖をコードしている。
HLA-DM、LMP、TAP遺伝子座がDP-DQ間に発現していることが明らかとなった
  • クラスIII:補体成分:C2,C4,Bf
        サイトカイン:TNPet,C,
        酵素:21-hydroxylase
 クラス(領域 亜領域)
 遺伝的多塑性 polymorphism
 対立遺伝子頻度
-MHC
主要組織適合遺伝子複合体


HLA-DQ antigen」

  [★]

HLA-D、HLA-DQ


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」


HL」

  [★]

HLA」

  [★] ヒト白血球抗原 human leukocyte antigen


DQ」

  [★]

developmental quotient


"http://meddic.jp/HLA-DQ" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡