Fcγ受容体

出典: meddic

Fc gamma receptor
IgGレセプターFcγRIFcγRIIFcγRIII免疫グロブリンG受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パン酵母とそれに特異的なIgGを含むシバヤギ乳IgG分画のマウス1型アレルギー軽減作用
  • 大谷 元
  • ニューフードインダストリー 53(8), 28-38, 2011-08
  • NAID 40018932369
  • IRF5, STAT4, BLKと全身性エリテマトーデスをはじめとする膠原病との関連
  • 土屋 尚之,伊東 郁恵,川崎 綾
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 33(2), 57-65, 2010-04-28
  • …   全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus, SLE)においては,1990年代から,HLA, C4, Fcγ受容体遺伝子群などの関連が確立されてきた.これに加え,2005年以降,ヨーロッパ系集団を中心とした大規模関連研究により,IRF5, STAT4, BLKなど,多くの新たな感受性遺伝子が報告されてきた.われわれは,これらの遺伝子について,日本人集団における関連を検討し,これらのいずれもが,日本人集団においてもSLEと …
  • NAID 10027753347

関連リンク

Fcγ受容体 ... リンク元, 「セロトニン受容体」「オピオイド受容体」「ニコチン受容体」「 accept」「body」. 関連記事, 「受容体」「F」「体」「受容」「Fc」 ... 5-HT3受容体はリガンド の結合により開閉してNa+, K+の等価に関わる。ニコチン性受容体に似ている。(GOO. 299) ...
バソプレシン受容体は,統合失調症,自閉症,うつ病,不安障害,摂食障害など様々な 精神疾患との関与を示唆する知見が多数報告されており,その影響に ... リンク元, 「IgG 受容体」「IgG receptor」「immunoglobulin G receptor」「Fcγ受容体」「Fc gamma RI」 ...

関連画像

 nk 細胞 の fcγ 受容体 iiia との fcγ 受容体 に 対 する 結合Fcγ受容体II(CD32  fcγ 受容体 に 対 する 結合 fcγ 受容体 に 対 する 結合0012 各 fcγ 受容体 fcγr は c2


★リンクテーブル★
先読みFcγRI」「FcγRIII」「FcγRII
リンク元免疫グロブリンG受容体」「IgGレセプター」「Fc gamma receptor
関連記事受容体」「Fc受容体」「F」「受容」「

FcγRI」

  [★]

  • 主にマクロファージに分布 (SMB.43)]
  • Fcに対して高親和性を示す (SMB.43)]
FcγRI > FcγRII, FcγRIII
[[]]
CD64


CD64


FcγRIII」

  [★]

CD16
  • 主に多核白血球に分布 (SMB.43)]
  • Fcに対してやや低い親和性を示す (SMB.43)
FcγRI > FcγRII, FcγRIII


FcγRII」

  [★]

  • 主に多核白血球に分布 (SMB.43)]
  • Fcに対してやや低い親和性を示す (SMB.43)]
FcγRI > FcγRII, FcγRIII


免疫グロブリンG受容体」

  [★]

immunoglobulin G receptorIgG receptor
IgGレセプターIgG受容体Fcγ受容体FcγRIFcγRIIFcγRIII免疫グロブリンGレセプター


IgGレセプター」

  [★]

IgG receptor
IgG受容体Fcγ受容体FcγRIFcγRIIFcγRIII免疫グロブリンG受容体免疫グロブリンGレセプター


Fc gamma receptor」

  [★]

Fcγ受容体

Fc gamma RIFc gamma RIIFc gamma RIIIIgG receptorimmunoglobulin G receptor


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

Fc受容体」

  [★]

Fc receptor
FcレセプターFcR免疫グロブリン受容体


F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡