Clostridium perfringens

出典: meddic

Clostridium perfringens
ウェルシュ菌 Clostridium welchii
クロストリジウム・パーフリンゲンスクロストリジウム・パーフリンジェンス
細菌クロストリジウム属食中毒菌gas gangrene
[show details]


特徴

感染症

  • a:(創傷より侵入)ガス壊疽、蜂巣炎、子宮感染、菌血症
  • b:(腸管内で外毒素分泌)食中毒、致死性腸炎

常在部位

  • 土壌、水、ヒトおよび動物の腸管

ウェルシュ菌による食中毒

食中毒菌
  • エンテロトキシン

症状

  • 下痢、腹痛、吐き気

食品

  • 畜肉および魚肉とその加工品、動物性蛋白質を用いて調理後、長期保存されていた食品(カレー、シチューなど)

潜伏期

  • 8-22時間

予防

  • 肉類、魚介類の脹内容物からの汚染防止。長時間保存する場合、加熱調理後冷蔵庫内にて保存。再加熱を十分に行う。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/20 22:43:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Vaccines against Clostridium perfringens alpha-toxin.
  • Nagahama M.
  • Current pharmaceutical biotechnology.Curr Pharm Biotechnol.2014 Nov;14(10):913-7.
  • Clostridium perfringens alpha-toxin is thought to be an important agent in gas gangrene, which is a lifethreatening infection with fever, pain, edema, myonecrosis, and gas production. The toxin (370 residues) is composed of an N-terminal domain (1-250 residues, N-domain) in which the catalytic site
  • PMID 24372250
  • Eutrophication and bacterial pathogens as risk factors for avian botulism outbreaks in wetlands receiving effluents from urban wastewater treatment plants.
  • Anza I1, Vidal D2, Laguna C3, Díaz-Sánchez S4, Sánchez S4, Chicote A3, Florín M3, Mateo R4.
  • Applied and environmental microbiology.Appl Environ Microbiol.2014 Jul 15;80(14):4251-9. doi: 10.1128/AEM.00949-14. Epub 2014 May 2.
  • Due to the scarcity of water resources in the "Mancha Húmeda" Biosphere Reserve, the use of treated wastewater has been proposed as a solution for the conservation of natural threatened floodplain wetlands. In addition, wastewater treatment plants of many villages pour their effluent into nearby na
  • PMID 24795377
  • White-rot fungal pretreatment of wheat straw with Phanerochaete chrysosporium for biohydrogen production: simultaneous saccharification and fermentation.
  • Zhi Z1, Wang H.
  • Bioprocess and biosystems engineering.Bioprocess Biosyst Eng.2014 Jul;37(7):1447-58. doi: 10.1007/s00449-013-1117-x. Epub 2014 Jan 16.
  • This paper demonstrates biohydrogen production was enhanced by white-rot fungal pretreatment of wheat straw (WS) through simultaneous saccharification and fermentation (SSF). Wheat straw was pretreated by Phanerochaete chrysosporium at 30 °C under solid state fermentation for 12 days, and lignin
  • PMID 24429553
  • Synergistic Effects of Clostridium perfringens Enterotoxin and Beta Toxin in Rabbit Small Intestinal Loops.
  • Ma M1, Gurjar A2, Theoret JR1, Garcia JP3, Beingesser J3, Freedman JC1, Fisher DJ4, McClane BA1, Uzal FA5.
  • Infection and immunity.Infect Immun.2014 Jul;82(7):2958-2970. Epub 2014 Apr 28.
  • The ability of Clostridium perfringens type C to cause human enteritis necroticans (EN) is attributed to beta toxin (CPB). However, many EN strains also express C. perfringens enterotoxin (CPE), suggesting that CPE could be another contributor to EN. Supporting this possibility, lysate supernatants
  • PMID 24778117

和文文献

  • Enterotoxigenic Clostridium perfringens : Detection and Identification
  • MIYAMOTO KAZUAKI,LI JIHONG,MCCLANE BRUCE A.
  • Microbes and Environments 27(4), 343-349, 2012-12
  • NAID 40019504085
  • ウエルシュ菌 (特集 食中毒の基礎と臨床 : 疾患メカニズムから予防まで) -- (最新の臨床研究と診療戦略)
  • 小松 陽樹,乾 あやの,十河 剛 [他]
  • 日本臨床 70(8), 1357-1361, 2012-08
  • NAID 40019375778
  • ウエルシュ菌α毒素研究の最新知見 (特集 食中毒の基礎と臨床 : 疾患メカニズムから予防まで)

関連リンク

感染症の話トップページへ 感染症の話 2001年第7週(2月12日~2月18日)掲載 ウェルシュ菌感染症 ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)は,ヒトや動物の大腸内常在菌であり、下水、河川、海、耕地などの土壌に広く分布する。
Clostridium perfringens (C. perfringens) is one of the most common causes of food poisoning in the United States. According to some estimates, this type of bacteria causes nearly a million illnesses each year.
Clostridium perfringens is a prolific, toxin-producing anaerobe causing multiple diseases in humans and animals. One of these toxins is epsilon, a 33 kDa protein produced by Clostridium perfringens (types B and D) that induces fatal ...

関連画像

Clostridium PerfringensPrintClostridium PerfringensClostridium PerfringensFile:Clostridium perfringens gas gangrene Clostridium perfringensb323-5 Clostridium perfringens. India ink Clostridium perfringens 01.png


★リンクテーブル★
先読みClostridium welchii
リンク元細菌」「クリンダマイシン」「急性胃腸炎」「クロストリジウム性ガス壊疽」「クロストリジウム属
関連記事clostridium」「clostridium perfringens」「Clostridium」「perfringens

Clostridium welchii」

  [★] ウェルシュ菌ウェルチ菌


細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



クリンダマイシン」

  [★]

clindamycin, CLDM
塩酸クリンダマイシン clindamycin hydrochlorideクリンダマイシン塩酸塩リン酸クリンダマイシン clindamycin phosphate塩酸パルミチン酸クリンダマイシン clindamycin palmitate hydrochlorideクリンダマイシンリン酸エステル
クリンダマイシンリン酸エステルクリンダマイシンリンタシンハンダラミンクリダマシンクリンダマイシンゲルダラシンダラシンSミドシンリンタシンCleocin
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.139,148,165,166(抗菌スペクトル),169,170,207(副作用)

特徴

構造

  • マクロライド系に属するにもかかわらず、糖が結合している環構造が5員環と小さい
  • リンコマイシンの誘導体。7位の水酸基を塩素で置換。

作用機序

  • ペプチド転移酵素反応を阻止 → 蛋白質合成を阻害
エリスロマイシンと同様にリボソーム50Sサブユニットに結合する

薬理作用

  • 静菌的
  • 高濃度で感受性の高い細菌には殺菌的に
  • 時間依存性薬剤

抗菌スペクトラム

  • グラム陽性菌:A群溶連菌、B群溶連菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌
  • 嫌気性菌:Peptostreptococcus属、Bactetoides属

動態

適応

注意

  • 最近、Bacteroides fragilisのクリンダマイシン耐性が問題となっている。

禁忌

副作用






急性胃腸炎」

  [★]

acute gastroenteritis
感染性胃腸炎viral gastroenteritis


  • 下痢症である

感染性胃腸炎

  • 上部消化管症状
  • 下部消化管症状

分類(SMB.604)

非炎症性

炎症性


クロストリジウム性ガス壊疽」

  [★]

clostridial gas gangrene
ガス壊疽クロストリジウム属
p.722


病原体

潜伏期

  • 1-4日間。

病態

  • 皮下組織から骨格組織への炎症の拡大。
  • 外毒素(αトキシン)の産生による組織障害。

身体所見

p.722
  • 創傷部の激痛と腫脹。皮膚の色は青白~青銅色となり出血性水疱を伴う。血性滲出性浸出液は激烈な鼠臭。
  • ガス産生があれば握雪感

症状

  • 循環器:頻脈
  • 精神 :精神障害
  • 皮膚 :身体所見の通り。

治療

  • デブリドマン
  • 抗ショック療法
  • ペニシリンG大量投与、(クリンダマイシン)
  • ガス壊疽抗毒素
  • 高圧酸素療法

予後

  • 不良


クロストリジウム属」

  [★]

Clostridium
細菌

クロストリジウム属


clostridium」

  [★]

WordNet   license wordnet

「spindle-shaped bacterial cell especially one swollen at the center by an endospore」
clostridia


clostridium perfringens」

  [★]

WordNet   license wordnet

「anaerobic Gram-positive rod bacterium that produces epsilon toxin; can be used as a bioweapon」


Clostridium」

  [★] クロストリジウム属


perfringens」

  [★] Clostridium perfringens




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡