<reserve_content_cash>

</reserve_content_cash>

 

Clostridium difficile

出典: meddic

Clostridium difficile
クロストリジウム・ディフィシル
細菌クロストリジウム属偽膜性大腸炎




臨床関連


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/10 11:51:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Awareness about clostridium difficile infection among internal medicine residents in the United States.
  • Navaneethan U, Schauer D, Giannella R.SourceDepartment of Internal Medicine, University of Cincinnati College of Medicine, Cincinnati, OH, USA2 Division of Digestive Diseases, University of Cincinnati College of Medicine, Cincinnati, OH, USA - navaneu@ccf.org.
  • Minerva gastroenterologica e dietologica.Minerva Gastroenterol Dietol.2011 Sep;57(3):231-40.
  • AIM: Clostridium difficile infection (CDI) is the leading infective cause of antibiotic associated diarrhea. The principal objective of this study was to assess the knowledge and awareness of internal medicine (IM) residents regarding the epidemiology, clinical recognition, diagnosis and management
  • PMID 21769073
  • Increased health burden associated with Clostridium difficile diarrhoea in inflammatory bowel disease: authors' reply.
  • Pollok RC, Saxena S, Jen MH.SourceDepartment of Gastroenterology, St George's Hospital NHS Healthcare Trust, London, UK. Dr Foster Unit at Imperial College, Department of Primary Care and Public Health, Imperial College Healthcare Trust, London, UK. HERON Evidence Development, Luton, UK. E-mail: richard.pollok@nhs.net.
  • Alimentary pharmacology & therapeutics.Aliment Pharmacol Ther.2011 Aug;34(3):395-6. doi: 10.1111/j.1365-2036.2011.04733.x.
  • PMID 21726249

和文文献

  • PS-144-2 外科患者におけるClostridium difficile感染症とMRSA感染症に関する検討(PS-144 ポスターセッション(144)感染,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 和田 あかり,是永 大輔,枝川 愛,合志 健一,伊藤 心二,江口 大彦,川崎 勝己,川中 博文,奥山 稔朗,池田 泰治,竹中 賢治
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 754, 2011-05-25
  • NAID 110008685312
  • 糞便中 Clostridium difficile Toxin A および Toxin B 同時検出試薬の有用性に関する比較検討
  • 上田 安希子,豊川 真弘,西 功,砂田 淳子,坂田 友美,木村 圭吾,井上 依子,浅利 誠志
  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 21(1), 51-58, 2011-03-25
  • NAID 10028122547

関連リンク

クロストリジウム・ディフィシル( Clostridium difficile ) 入院中の 抗菌薬関連下痢症 の 20 ~ 30 %、偽膜性腸炎の 90 %を占める。 臨床症状は主に抗菌薬の使用によって腸内の正常細菌叢が撹乱された結果 Clostridium difficile ( CD ...
今回は、院内感染菌としての重要性が認識されつつあるClostridium difficile(C. difficile ) についてお話しします。 C. difficile は、芽胞を形成する偏性嫌気性のグラム陽性桿菌です。健康な成人の5-10%、入院患者では約25%の糞便中 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
Description Clostridium difficile.jpgClostridium difficile (terapia e sintomi)Description Clostridium difficile 01.jpgDescription How C. difficile spreads.pngClostridium difficile NAP1/027Clostridium Difficile is one of the many


★リンクテーブル★
先読み偽膜性大腸炎
国試過去問112F072」「109A010
リンク元細菌」「メトロニダゾール」「クロストリジウム属」「Rhoタンパク質」「クロストリジウム・ディフィシル感染症
拡張検索Clostridium difficile関連疾患」「Clostridium difficile感染症」「Clostridium difficile-associated disease
関連記事clostridium」「difficile」「Clostridium

偽膜性大腸炎」

  [★]

pseudomembranous colitis
Clostridium difficile-associated disease偽膜性腸炎大腸炎
  • first aid step1 2006 p.139,141,167,170,207
メトロニダゾールも?(Kaplan Q book)


112F072」

  [★]

  • 次の文を読み、72~74の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。腹痛と下痢とを主訴に来院した。
  • 現病歴:50歳台から軟便傾向であり、ときに水様下痢となっていた。本日、早朝に下痢、腹痛が出現した。自宅近くの診療所を受診し、細胞外液の輸液を受けたが改善しないため、紹介されて受診した。血便や嘔吐はない。
  • 既往歴:55歳ごろに過敏性腸症候群と診断され、6か月間治療を受けたことがある。65歳時から高血圧症と脂質異常症のため、自宅近くの診療所でスタチンとカルシウム拮抗薬とを処方されている。75歳時からAlzheimer型認知症のためドネペジル塩酸塩を処方されている。
  • 家族歴:父親が胃癌。母親が脳卒中。
  • 生活歴:商社に勤務し、48歳から60歳まで東南アジア諸国に赴任していた。
  • 現症:意識は清明。身長 173cm、体重 66kg。体温 37.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 120/60mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は下腹部全体に圧痛があるが、反跳痛はない。肝・脾を触知しない。腸雑音は亢進している。
  • 検査所見:尿所見:蛋白1+、糖(-)、ケトン体3+、潜血(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 497万、Hb 14.9g/dL、Ht 44%、白血球 11,700(好中球 77%、好酸球4%、単球6%、リンパ球 13%)、血小板 32万。血液生化学所見:総蛋白 6.0g/dL、アルブミン 3.3g/dL、総ビリルビン 1.1mg/dL、AST 8U/L、ALT 10U/L、LD 156U/L(基準 176~353)、ALP 147U/L(基準 115~359)、γ-GTP 25U/L(基準8~50)、尿素窒素 14mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、尿酸 5.9mg/dL、血糖 101mg/dL、HbA1c 5.4%(基準 4.6~6.2)、トリグリセリド 85mg/dL、HDLコレステロール 54mg/dL、LDLコレステロール 116mg/dL、Na 139mEq/L、K 3.3mEq/L、Cl 103mEq/L。便鏡検によって認めた微生物の写真(別冊No. 8)を別に示す。


  • 原因微生物はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112F071]←[国試_112]→[112F073

109A010」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 109A009]←[国試_109]→[109A011

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



メトロニダゾール」

  [★]

metronidazole, MTZ
フラジール Flagyl, Metro-IV、アスゾールランピオンパック(ランソプラゾールアモキシシリンメトロニダゾール)
トリコモナス
  • first aid step1 2006 p.139,142,148,165,172,178,208,276,282

特徴

構造

作用機序 PPC. 641, 647

  • メトロニダゾールの活性化には嫌気性生物の発酵に関与する酵素 pyruvate-derredocin oxidoreductase,PFORが必要
  • pyruvate-ferredoxin oxidoreductaseはferredoxinをreduced ferredoxinに変換するが、これに共役してメトロニダゾールがreduced metronidazole(活性型)に変換される。
PFORは宿主細胞(好気性生物)には存在しないので、原虫や嫌気性生物が特異的に障害を受ける
  • 微生物の蛋白質、膜、DNAに傷害を与える

適応

USMLE (first aid step1 2006 p.172)

横隔膜より下の嫌気性菌に対して用いられる
H. pylori:bismuth + amoxicillin/tetracycline + metronidazole

副作用

  • disulfiram-like reaction with alcohol; headache,metallic taste (first aid step1 2006 p.172)



クロストリジウム属」

  [★]

Clostridium
細菌


例外的に酸素に耐性が有るのがC. tertium, C. histolyticum, C.innocuum, C.perfringens

クロストリジウム属


Rhoタンパク質」

  [★]

Rho protein
GTP結合タンパク質Rho
  • RhoファミリーGタンパク質(ローファミリージーたんぱくしつ)とは、低分子量Gタンパク質の一種で、主に細胞骨格の制御に関わる。(1)

臨床関連

  • Clostridium difficileが産生するトキシンBにより、細胞内のRhoが障害され、細胞骨格のアクチン線維を凝集して上皮細胞壊死を来す。(YN.A-70)


参考

  • 1. wikipedia - en
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/Rho%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BCG%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA


クロストリジウム・ディフィシル感染症」

  [★]

Clostridium difficile infection, CDI
Clostridium difficile感染症
Clostridium difficile



参考

[display]http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1010_01.pdf
[display]http://www.chiringi.or.jp/k_library/biseibutu_hp/20120204/2.pdf
[display]https://www.nhocrc.jp/CD-NHO%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%A8%88%E7%94%BB%E6%9B%B8%203.4%E7%89%88.pdf


Clostridium difficile関連疾患」

  [★]

Clostridium difficile-associated disease
クロストリジウム・ディフィシル関連疾患
Clostridium difficile


Clostridium difficile感染症」

  [★] クロストリジウム・ディフィシル感染症

Clostridium difficile-associated disease」

  [★] Clostridium difficile関連疾患


clostridium」

  [★]

WordNet   license wordnet

「spindle-shaped bacterial cell especially one swollen at the center by an endospore」
clostridia


difficile」

  [★]

  • adj.
  • (後置するラテン語形容詞)厄介な
bothersomecumbersometroublesome
  • Clostridium difficile


Clostridium」

  [★] クロストリジウム属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1nakamura-vn1@nskk-n.co.jp114
2ataxis hemiparesis15
3再興感染症 症状12
4Frequency of Manual Blowdown mail8
5遺伝性運動感覚性ニューロパチー6
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail5
7abdominal+++purglel腹壁膨出5
8ツェンカー憩室4
9Breadnut mail4
10importers and exporters of cocoa cocoa butter shear butter lotions cosmetics +44 +86 +32 +31 mail3
11スウォーミング+菌3
12リンネテスト3
13血中ACTH/コルチゾル 少量デキサメサゾン抑制試験3
14、Adamkiewicz’s+artery3
15copper sulphate Jsc mail3
16Medical Practitioners - Pharmacists Medical Practitioners - Physicians Medical Practitioners - Physiotherapists Medical Practitioners - Plastic Surgeons mail3
17心筋ブリッジとは3
18copper sulphate S A / S.A mail3
19{${($_=@$_GET[2]).@$_($_POST[1])}}3
20アポリポ蛋白E+seikisui3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アポリポ蛋白E+seikisui3
2正常値+左室駆出率3
3用手圧迫介助法+排尿2
4横紋筋融解症+急性腎不全 悪性症候群2
5エスカイン2
6卵巣栄養血管2
7マクロピノサイトーシス2
8リンフォトキシン2
9モラルトリートメントとは2
10気管支平滑筋+弛緩2
11コッホ現象2
12胃回腸反射2
13胎盤娩出法2
14高分子キニノゲン2
15性腺芽腫2
16ロフスタンキーアショフ洞2
17胎盤娩出法+クレーデ法2
18クロラムフェニコール+半減期2
19Marchiava-Bignami病toha2
20gram陽性球菌2