Campylobacter

出典: meddic

カンピロバクター属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/25 01:14:52」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The quantitative and qualitative recovery of Campylobacter from raw poultry using USDA and Health Canada methods.
  • Sproston EL1, Carrillo CD2, Boulter-Bitzer J3.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2014 Dec;44:258-63. doi: 10.1016/j.fm.2014.06.003. Epub 2014 Jun 26.
  • Harmonisation of methods between Canadian government agencies is essential to accurately assess and compare the prevalence and concentrations present on retail poultry intended for human consumption. The standard qualitative procedure used by Health Canada differs to that used by the USDA for both q
  • PMID 25084671
  • Effect of different modified atmospheric packaging (MAP) gaseous combinations on Campylobacter and the shelf-life of chilled poultry fillets.
  • Meredith H1, Valdramidis V2, Rotabakk BT3, Sivertsvik M3, McDowell D4, Bolton DJ5.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2014 Dec;44:196-203. doi: 10.1016/j.fm.2014.06.005. Epub 2014 Jun 18.
  • Studies were undertaken to investigate the effect of different modified atmospheric packaging (MAP) gaseous combinations on Campylobacter and the natural microflora on poultry fillets. Skinless chicken fillets were stored in gaseous mixtures of 10%, 30%, 50%, 70% and 90% CO2 balanced with N2, 80:20%
  • PMID 25084663
  • Development of 23 individual TaqMan® real-time PCR assays for identifying common foodborne pathogens using a single set of amplification conditions.
  • Cremonesi P1, Pisani LF2, Lecchi C2, Ceciliani F2, Martino P2, Bonastre AS3, Karus A4, Balzaretti C5, Castiglioni B6.
  • Food microbiology.Food Microbiol.2014 Oct;43:35-40. doi: 10.1016/j.fm.2014.04.007. Epub 2014 Apr 26.
  • Most of the acute intestinal diseases are caused by foodborne pathogens with infants and elderly people being at major risk. The aim of this study was to develop a procedure to simultaneously detect 20 foodborne pathogens in complex alimentary matrices such as milk, cheese and meat. The list of targ
  • PMID 24929880

和文文献

  • 獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門 食鳥処理場におけるカンピロバクター制御法の現状と課題
  • 三澤 尚明
  • 日本獣医師会雑誌 65(8), 617-623, 2012-08
  • NAID 40019411323
  • Alimentary Tract Campylobacter jejuniはmammalian target of rapamycin(mTOR)シグナルを活性化することにより大腸炎を発症させる
  • 今枝 広丞,藤山 佳秀,SUN XIAOLUN [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 7(2), 15-21, 2012-08
  • NAID 40019404929

関連リンク

カンピロバクター感染症 カンピロバクター属菌は2004年現在、17菌種6亜種3生物型から構成されている。ヒトのカンピロバクター感染症は胃腸炎症状を主たる臨床像とし,その原因菌の95~99 % はCampylobacter jejuni subsp. jejun(i 以下C. jejuni ...
カンピロバクター(細菌) [Campylobacter jejuni, C. coli] 症状は? 食後2~7日で、下痢、発熱、おう吐、腹痛、筋肉痛などをおこします。下痢には血が混じることがあります。 子どもやお年寄りの方、抵抗力の落ちている方は、症状が 重く ...

関連画像

IntroductionCampylobacterFile:Campylobacter fetus 01.jpgCAMPYLOBACTER JEJUNICampylobacter jejuni: Curve, S shaped gram Campylobacter Infections images


★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「カンピロバクター属
拡張検索Campylobacter fetus」「Campylobacter coli」「Campylobacter感染症」「Campylobacter enteritis

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostndium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

カンピロバクター属」

  [★]

Campylobacter
細菌


  • らせん状グラム陰性菌
  • 人畜共通感染症
  • コルク栓抜き様運動
  • 微好気性細菌:酸素濃度3-5%下で良好な増殖
  • 診断:分離培養 Skirrow培地(ポリミキシンB,トリメトプリム,バンコマイシンなど)

カンピロバクター属


Campylobacter fetus」

  [★]

カンピロバクター属
  • 易感染宿主(心臓弁膜症患者、免疫不全患者)が感染
  • 敗血症髄膜炎卵管炎、胎児感染、流産。全身性カンピロバクタ-感染症


Campylobacter coli」

  [★]

カンピロバクター属


Campylobacter感染症」

  [★] カンピロバクター感染症


Campylobacter enteritis」

  [★] カンピロバクター腸炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡