COMT

出典: meddic

カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/03/01 08:18:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Genetic correlate of cognitive training response in schizophrenia.
  • Panizzutti R, Hamilton SP, Vinogradov S.SourceInstituto de Ciências Biomédicas, Universidade Federal do Rio de Janeiro, 21941-590, Brazil; Department of Psychiatry, University of California, San Francisco, CA 94143-0984, USA.
  • Neuropharmacology.Neuropharmacology.2013 Jan;64(1):264-7. doi: 10.1016/j.neuropharm.2012.07.048. Epub 2012 Aug 7.
  • Intensive computerized auditory training results in improved cognition for schizophrenia patients, but participants show variation in their cognitive gains and the biological factors that affect the response to training are unknown. Single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the catechol-O-methyltran
  • PMID 22992330
  • Objective and subjective cognitive enhancing effects of mixed amphetamine salts in healthy people.
  • Ilieva I, Boland J, Farah MJ.SourceUniversity of Pennsylvania, United States. Electronic address: iilieva@sas.upenn.edu.
  • Neuropharmacology.Neuropharmacology.2013 Jan;64(1):496-505. doi: 10.1016/j.neuropharm.2012.07.021. Epub 2012 Aug 1.
  • Psychostimulants such as mixed amphetamine salts (MAS, brand name Adderall) are widely used for cognitive enhancement by healthy young people, yet laboratory research on effectiveness has yielded variable results. The present study assessed the effects of MAS in healthy young adults with an adequate
  • PMID 22884611

和文文献

  • 他者の痛みの知覚に対するCOMT Val 158 Met遺伝子多型の影響
  • 日道 俊之,金子 雅幸,野村 淳,大熊 康修,野村 靖幸,野村 理朗
  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 32(2), 91-92, 2012-04-25
  • NAID 10030656943
  • How to place concerts as a part of therapeutic process in Community Music Therapy
  • 木村 博子
  • 文学部論叢 103, 1-11, 2012-03-10
  • … In Community Music Therapy (CoMT) , concerts are an effective therapeutic medium because they are widely open to everybody and the first aim of CoMT is to unite participants to the community. …
  • NAID 110008919249

関連リンク

COMTはcatechol-O-methyltransferaseの略で、レボドパ、ドパミン、アドレナリン等の カテコール核を持つ物質を代謝する酵素です。レボドパは末梢でドパ脱炭酸酵素による ドパミンへの代謝のほかにCOMTによる3-O-methyldopa(3-OMD)への代謝も受け てい ...
RS232C受信データ解析、COMポートの診断が可能 ラインモニタ機能搭載.

関連画像

comt.gifCatechol-O-methyltransferaseCOMT_mutationsCOMT: Catechol–O–Methyl Transferase comtNorepinephrine degradation. Catechol-O


★リンクテーブル★
リンク元カテコールアミン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「モノアミン神経伝達物質」「エンタカポン
関連記事CO

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






アドレナリン」

  [★]

adrenarine
(国試)エピネフリン epinephrineエピレナミン epirenamineスプラレニン suprarenin
酒石酸水素エピネフリン
Adrenalin, EpiPenボスミンエピペン
カテコールアミンノルアドレナリンアドレナリン受容体
SPC. 61,68,86,142
GOO. 244

作用機序

薬理作用

血管作用

アドレナリン投与下にα受容体阻害薬を投与すると末梢血管抵抗が低下し血圧が低下する現象。α受容体を介した末梢血管収縮が抑制され、β2受容体を介した末梢血管平滑筋が弛緩することによる。

動態

適応

効能又は効果

(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

  • 下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
  • 気管支喘息,百日咳
  • 各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧またはショック時の補助治療
  • 心停止の補助治療

用量

  • 心肺蘇生
  • ACLS:静注1mg  ←  プレフィルのシリンジは大抵1mg/1mlで調製されている。
  • PALS:静注・骨髄 0.01mg/kg 気管内投与 0.1mg/kg
  • アナフィラキシーショック:皮下注~筋注で0.3mg

注意

  • 本剤は心筋酸素需要を増加させるため、心原性ショックや出血性・外傷性ショック時の使用は避けること(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

禁忌

副作用

ノルアドレナリン」

  [★]

noradrenarine NA
ノルエピネフリン norepinephrin NEノルエピレナミン norepirenamine l‐アルテレノール l‐arterenol、レバルテレノール levarterenol
塩酸ノルエピネフリン norepinephrine hydrochloride
ノルアドリナリン
カテコールアミンアドレナリンアドレナリン受容体
  • MAOCOMTによって代謝される
  • ノルアドレナリン合成阻害薬
α-methyldopa

生合成

ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン




モノアミン神経伝達物質」

  [★]

monoamine neurotransmitter
モノアミン

モノアミン神経伝達物質

モノアミン神経伝達物質を産生する細胞 (神経核の局在はB.29参照)

代謝



エンタカポン」

  [★]

entacapone
コムタン
レボドパカルビドパカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ COMT
抗パーキンソン剤
  • 末梢COMT阻害薬であり、レボドパ・カルビドパ又はレボドパ・塩酸ベンセラジドと併用され、レボドパから3-O-メチルドパ(3-OMD)の代謝経路を阻害することでレボドパの生物学的利用率を増大させ、そのため血中レボドパの脳内移行を効率化する。



CO」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Colorado」


"http://meddic.jp/COMT" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡