CD2

出典: meddic

Leucine-5, SRBC receptor, LFA-2
CD


発現細胞

分子量

  • 45-58

機能

  • 接着分子、CD58(LFA-3)に結合。細胞内部でLckに結合し、T細胞を活性化


  • リンパ球が抗原提示細胞と相互作用するのに重要 (IMM.343)

別名

ファミリー

  • immunoglobulin




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/27 11:06:37」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Thiocyanate mediated structural diversity in phenol based "end-off" compartmental ligand complexes of group 12 metal ions: Studies on their photophysical properties and phosphatase like activity.
  • Adhikary J1, Chakraborty P2, Samanta S3, Zangrando E4, Ghosh S5, Das D6.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2017 May 5;178:114-124. doi: 10.1016/j.saa.2017.01.041. Epub 2017 Jan 25.
  • PMID 28171815
  • Cd2+ and Pb2+ complexation by glutathione and the phytochelatins.
  • Jacquart A1, Brayner R1, El Hage Chahine JM1, Ha-Duong NT2.
  • Chemico-biological interactions.Chem Biol Interact.2017 Apr 1;267:2-10. doi: 10.1016/j.cbi.2016.09.002. Epub 2016 Sep 6.
  • PMID 27613484
  • Layer-by-layer encapsulated nano-emulsion of ionic liquid loaded with functional material for extraction of Cd2+ ions from aqueous solutions.
  • Elizarova IS1, Luckham PF2.
  • Journal of colloid and interface science.J Colloid Interface Sci.2017 Apr 1;491:286-293. doi: 10.1016/j.jcis.2016.12.054. Epub 2016 Dec 24.
  • PMID 28049053

和文文献

  • 金属イオン添加によるCu-In-S系ナノ粒子の光学特性
  • Watanabe Kosuke,Uehara Masato,Nakamura Hiroyuki,Miyazaki Masaya,Maeda Hideaki
  • Engineering sciences reports, Kyushu University 35(2), 1-6, 2013-12
  • … Furthermore, we added some metal ions (Zn2+, Cd2+ or Ag+) by the post heat-treatment in the organic coordinating solvent in order to tune the PL wavelength of NCs. … In particular, the materials treated with Zn2+ or Cd2+ achieved respective QY of 25% and 40%. …
  • NAID 120005372136
  • Close Relations between Podocyte Injuries and Membranous Proliferative Glomerulonephritis in Autoimmune Murine Models
  • Kimura Junpei,Ichii Osamu,Otsuka Saori,Sasaki Hayato,Hashimoto Yoshiharu,Kon Yasuhiro
  • American Journal Of Nephrology 38(1), 27-38, 2013-07
  • … Furthermore, both MPGN models showed a decrease in immune-positive areas of nephrin, podocin and synaptopodin in the glomerulus, and in the mRNA expression of Nphs1, Nphs2, Synpo, Actn4, Cd2ap, and Podxl in the isolated glomerulus. … Significant negative correlations were detected between serum anti-dsDNA antibody levels and glomerular Nphs1 expression, and between urinary albumin-to-creatinine ratio and glomerular expression of Nphs1, Synpo, Actn4, Cd2ap, or Podxl. …
  • NAID 120005322430
  • パイロクロア酸化物Cd₂Os₂O₇における全入全出型スピン配列と金属絶縁体転移 (特集 4d/5d電子系酸化物の特異な物性)
  • 広井 善二,山浦 淳一,播磨 尚朝
  • Ceramics Japan = セラミックス : bulletin of the Ceramic Society of Japan 48(6), 453-458, 2013-06
  • NAID 40019653388

関連リンク

関連画像

 Fiber Paddle : CD2 Black - DragonBoat.PHBel Canto CD2 CD Player and DAC3.5VB Mark CD2_Control_Driver_C_Line_Standard CD плеер Audio Note AN-CD2 268667 Fiber Paddle : CD2 Black - DragonBoat.PH CDプレヤーGT-CD2の仕様 ヤマハ


★リンクテーブル★
リンク元接着分子」「悪性リンパ腫」「成人T細胞白血病」「T細胞」「免疫グロブリンスーパーファミリー
拡張検索CD25」「CD21」「CD8+ CD28- T cell
関連記事C」「CD

接着分子」

  [★]

adhesion molecule
接着因子

接着分子のファミリー

白血球の相互作用に関与している接着分子 (IMM.87)

グループ名 機能 名称 別名 組織分布 リガンド
セレクチン 炭化水素鎖に結合。
白血球-内皮細胞の反応を開始
P-selectin PADGEN CD62P 活性化した内皮細胞、活性化した血小板 PSGL-1, sialyl-Lewisx
E-selectin ELAM-1 CD62E 活性化した内皮細胞 sialyl-Lewisx
インテグリン CAMや細胞外マトリックスに結合。
強い結合
LFA-1 αL:β2 CD11a:CD18 単球、T細胞、マクロファージ、好中球、樹状細胞 ICAMs
CR3, Mac-1 αM:β2 CD11b:CD18 好中球、単球、マクロファージ ICAM-1, iC3b, fibrinogen
CR4, p150.95 αX:β2 CD11c:CD18 樹状細胞、マクロファージ、好中球 iC3b
VLA-5 α5:β1 CD49d:CD29 単球、マクロファージ fibronectin
免疫グロブリンスーパーファミリー 細胞結合で様々に働く。
インテグリンの基質
ICAM-1   CD54 活性化した内皮細胞 LFA-1, MAC1
ICAM-2   CD102 非活性化状態の内皮細胞、樹状細胞 LFA-1
VCAM-1   CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4
PECAM   CD31 活性化した白血球、内皮細胞間の結合 CD31

白血球の相互作用に関与している免疫グロブリンスーパーファミリーの接着分子 (IMM.329)

名称 分布組織 リガンド
CD2 LFA-2 T細胞 LFA-1 CD53
ICAM-1 CD54 活性化した血管、リンパ球、樹状細胞 LFA-1, Mac-1  
ICAM-2 CD102 非活性化状態の血管 LFA-1  
ICAM-3 CD50 Naive T cells DC-SIGN, LFA-1  
LFA-3 CD58 リンパ球、APC CD2  
VCAM-1 CD106 活性化した内皮細胞 VLA-4  
-接着分子
-細胞接着分子
-カドヘリン


悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




成人T細胞白血病」

  [★]

adult T cell leukemia, adult T-cell leukemia ATL
成人T細胞白血病リンパ腫 adult T-cell leukemia/lymphoma ATLL
ヒトTリンパ球向性ウイルス

特徴

  • CD4陽性Tリンパ球に感染して白血病/リンパ腫を起こす  →  成熟したT細胞に感染し、それが腫瘍性に増殖
(CD2+, CD3+, CD4+, CD25+, HLA-DR+, CD8-)

病型

  • 急性型、慢性型、くすぶり型、リンパ腫型
  急性型 リンパ腫型 慢性型 くすぶり型
典型的な症状 腫瘍随伴症状(腫瘍熱、高カルシウム血症(意識障害・脱水・腎機能障害)
(50%で認められる))が初発症状であることが多い。
臓器浸潤による症状(消化管浸潤(下痢・腹痛)、肝臓浸潤(黄疸)、
肺浸潤(呼吸困難)、中枢神経浸潤(脳神経症状))
リンパ節腫大は全例で認められる。
腫瘍熱、高カルシウム血症を初発症状とする場合もある。
末梢血中の形態的異常細胞は1%以下
多くの場合、自覚症状を欠き、健康診断などで偶然診断される。
日和見感染症や腫瘍の浸潤に伴う皮膚症状(皮疹、皮膚腫瘤)、
肺病変(労作時息切れ、咳嗽)が診断の発端となる場合もある。
リンパ球増多を伴わないため、血液検査では診断に至らない。
無症候キャリアーと同様、多くの患者では症状を欠く。
PS>1 67.6% 45.4% 27.2% 22.7%
感染性併発症 26.9% 10.9% 35.5% 35.6%
皮膚病変 40.2% 25% 46.1% 48.9%
肺病変 20.2% 10.9% 15.1% 15.6%
肝腫大 35.9% 16% 13.8% 0%
脾腫大 29.9% 15.4% 11.2% 0%
4個以上の腫大リンパ節 80.7% 62.2% 54% 6.7%
高カルシウム血症 50.3% 16.7% 0% 0%
貧血(Hb<10g/dl) 10.1% 4.5% 4% 0%
血小板減少(10万/ul) 19.4% 4.5% 2% 6.7%

疫学

  • 日本に約120万人の感染者
  • 男性に多い。
  • 1000-2000人に1。50歳以上で発症(平均58歳)。

病原体

潜伏期間

感染経路

  • 母乳感染 ← 哺乳の停止・人工乳による感染防止
  • 輸血
  • 性交

病理

参考1
  • 末梢血、骨髄:花弁状、脳回転状に分葉した異型細胞 → ATL細胞:CD4陽性、CD8陰性
[show details]
  • リンパ節
  • その他:(皮膚)皮膚T細胞リンパ腫のように表皮向性をもち、ポートリエ微小膿瘍を伴って皮膚に浸潤することがある。このばあい、緩徐進行型の経過をたどる
  • 免疫表現型
  • 遺伝子:決まった核型異常や遺伝子異常はない。

病態

  • ATL細胞はPTHrP、IL-1α、TNF-βを産生 → 高カルシウム血症、全身症状?(発熱、全身倦怠感など)
  • 正常T細胞の減少 → 易感染性

症状

  • 初発症状は皮膚症状、リンパ節腫脹、肝脾腫、高カルシウム血症など。貧血や出血症状の頻度は少ない。
  • 皮膚症状
  • リンパ節腫脹
  • 肝脾腫
  • 高カルシウム血症:ATL細胞の産生する副甲状腺ホルモン関連蛋白質(PTHrP)により破骨細胞の活性化が起こるため。

検査

  • 血液塗沫
  • 花弁状の腫瘍細胞

合併症

  • HTLV-1 associated myelopath(HAM) = tropical spastic paraparesis(TSP) →まとめて「HAM/TSP」と呼ばれることがある。

検査

治療

  • 慢性(進行型を除く)・くすぶり型
  • 経過観察
  • 急性・リンパ腫型・慢性進行型

予後

  • 急性型とリンパ腫型は予後不良
  • LDH、血清Ca濃度が予後と関連(PMID 16122659)

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of adult T cell leukemia-lymphoma - uptodate [1]

国試






T細胞」

  [★]

T cell
Tリンパ球T lymphocyte
TCRB細胞MHC
  • 図:IMM.315(T細胞の成熟)
  • 胸腺で成熟したT細胞は血流によって移動し、リンパ節の傍皮質白脾髄のリンパ性動脈周囲鞘、パイエル板の傍濾胞域に集まる(人間の正常構造と機能 VIIA血管・免疫 p.28)

種類

  1. ヘルパーT細胞(Th細胞)
  2. キラーT細胞(Tc細胞)
  3. サプレッサーT細胞(Treg細胞)

T細胞の抗原認識 (SP.248)

  CD TCRが抗原と共に認識する分子 認識する細胞
Tc細胞 CD8 MHCクラスI 感染細胞
Th細胞 CD4 MHCクラスII 抗原提示細胞

CD4+ T細胞のサイトカイン放出とその原因

DCが認識する外来異物 DCが分泌する物質 DCに反応する細胞 この細胞が分泌する
サイトカイン
NK系の細胞が放出した
サイトカインに反応するTh細胞
Th細胞が分泌するサイトカイン
ウイルス、一部の細菌 IL-12 NK細胞(IL-12による) INF-γ Th1 IL-2, IFN-γ, TNF-β
原虫など   NKT細胞 IL-4 Th2 IL-4, IL-13, IL-5

Th細胞活性化と接着分子

  抗原提示細胞 Th細胞
主シグナル MHC classII TCR, CD3
CD4
副シグナル B7{B7-1(CD80)/B7-2(CD86)} CD28
VCAM-1(CD106) VLA-4
ICAM-1 LFA-1
LFA-3(CD58) CD2



免疫グロブリンスーパーファミリー」

  [★]

immunoglobulin superfamily
免疫グロブリン遺伝子スーパーファミリー ←?
immunoglobulin gene superfamily ←?
免疫グロブリン
Igドメイン サブユニット 多形性 遺伝子再構成 局在  
単一 単量体 無し 無し 細胞表面 Thy1, CD1のサブユニット, CD3のサブユニット
単量体 無し 無し 細胞表面 N-CAM, PDGF-R, poly Ig receptor, CEA, MAG, CD2
多量体 無し 無し 細胞表面 CD4, CD8
多量体 有り 無し 細胞表面 MHC
多量体 有り 有り 細胞表面 TCR
多量体 有り 有り 液性因子 Ig


CD25」

  [★]

T-cell α-chemoattractant antigen, α-chain of IL-2 receptor
インターロイキン2受容体α鎖 interleukin-2 receptor α-chain、Tac抗原 Tac antigen
CD, interleukin-2 receptor

概念

  • 親和性の低いIL-2受容体はβ鎖とγ鎖からなりT細胞表面に発現している。MHC class IIと抗原複合体のTCRを介した主シグナルとB7CD28を介した副シグナルを受けるとT細胞が活性化する。するとT細胞はCD25(α鎖)を発現し、親和性の強いIL-2受容体を形成する。IL-2はT細胞を刺激して増殖や分化を促す。 (IMM.345)

発現細胞

  • 活性化したT細胞、B細胞、単球

機能

  • IL-2 receptor α chain




CD21」

  [★]

CR2

発現細胞

  • 成熟B細胞

分子量

  • 145 kDa

機能

ファミリー

CR2, Epstein-Barr virus receptor, C3d receptor
CR2


CD8+ CD28- T cell」

  [★]

CD8+ CD28- T cells
CD8+ CD28- T cells


C」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 3rd letter of the Roman alphabet」
c

WordNet   license wordnet

「(music) the keynote of the scale of C major」

WordNet   license wordnet

「a general-purpose programing language closely associated with the UNIX operating system」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「carbonの化学記号」


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD2" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡