CD14

出典: meddic

同?
リポ多糖受容体 LPS受容体 lipopolysaccharide receptor, LPS receptor

LPSの受容 (SMB.117)

  • LPSはマクロファージ、単球、顆粒球、Bリンパ球と反応し、多彩な生物活性を発現する。この反応には細胞表面のToll-like receptorTLR-4がLPSのレセブタ-としてはたらき, LPSのシグナルを細胞内へと伝達する。このTLR-4の機能不全はLPSに対する応答性を失わせる。 TLR-4のほかに, CD14MD-2と呼ばれる分子もLPSの認識に関与している。このTLRは分子群を形成し,ペプチドグリカン,リポタンパク質DNAなどの菌体成分を認識し,感染防御に重要なシグナルを伝達する。

発現細胞

  • 骨髄性単球細胞

機能

  • LPSの直接の受容体であり、Toll-like receptorとともに細胞内へのシグナル伝達に関わる。
  • LPS-LBP複合体の受容体 ← 日本語がよく分かりません




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/14 17:00:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Interferon stimulated genes, CXCR4 and immune cell responses in peripheral blood mononuclear cells infected with bovine viral diarrhea virus.
  • Weiner CM, Smirnova NP, Webb BT, Van Campen H, Hansen TR.SourceAnimal Reproduction and Biotechnology Laboratory, Department of Biomedical Sciences, College of Veterinary Medicine and Biomedical Sciences, Colorado State University, Fort Collins, CO 80523, USA; Department of Microbiology, Immunology, and Pathology, College of Veterinary Medicine and Biomedical Sciences, Colorado State University, Fort Collins, CO 80523, USA.
  • Research in veterinary science.Res Vet Sci.2012 Oct;93(2):1081-8. Epub 2012 Feb 18.
  • Non-cytopathic bovine viral diarrhea virus (ncpBVDV) induces immune responses mediated by chemokines and interferon (IFN) stimulated genes (ISGs). Cultured bovine peripheral blood mononuclear cells (PBMC) from ncpBVDV-naïve cattle were used herein to demonstrate that BVDV infection modulates chemok
  • PMID 22349591
  • Pravastatin reverses the membrane cholesterol reorganization induced by myocardial infarction within lipid rafts in CD14(+)/CD16(-) circulating monocytes.
  • Salvary T, Gambert-Nicot S, Brindisi MC, Meneveau N, Schiele F, Séronde MF, Lorgis L, Zeller M, Cottin Y, Kantelip JP, Gambert P, Davani S.SourceIFR100 SANTE-STIC-INSERM, Université de Bourgogne, Dijon, France.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2012 Sep;1821(9):1287-94. Epub 2012 Mar 15.
  • Large numbers of monocytes are recruited in the infarcted myocardium. Their cell membranes contain cholesterol-rich microdomains called lipids rafts, which participate in numerous signaling cascades. In addition to its cholesterol-lowering effect, pravastatin has several pleiotropic effects and is w
  • PMID 22425357
  • The three human monocyte subsets: implications for health and disease.
  • Wong KL, Yeap WH, Tai JJ, Ong SM, Dang TM, Wong SC.SourceSingapore Immunology Network (SIgN), Agency for Science, Technology and Research (A*STAR), 8A Biomedical Grove, #04/04, Immunos, Biopolis, Singapore, 138648, Singapore.
  • Immunologic research.Immunol Res.2012 Sep;53(1-3):41-57.
  • Human blood monocytes are heterogeneous and conventionally subdivided into two subsets based on CD16 expression. Recently, the official nomenclature subdivides monocytes into three subsets, the additional subset arising from the segregation of the CD16+ monocytes into two based on relative expressio
  • PMID 22430559

和文文献

  • 敗血症診断マーカーとしてのプレセプシン(可溶性CD14サブタイプ)の有用性
  • 遠藤 重厚,高橋 学,小豆島 立頼,松本 尚也,小鹿 雅博,鈴木 泰,井上 義博
  • 岩手医学雑誌 64(1), 1-14, 2012-04-01
  • NAID 110009421582
  • Chaetoglobosin Fex from the Marine-Derived Endophytic Fungus Inhibits Induction of Inflammatory Mediators via Toll-Like Receptor 4 Signaling in Macrophages
  • DOU Huan,SONG Yuxian,LIU Xianqin [他]
  • Biological & pharmaceutical bulletin 34(12), 1864-1873, 2011-12
  • NAID 40019073547
  • Aberrant splicing of the hRasGRP4 transcript and decreased levels of this signaling protein in the peripheral blood mononuclear cells in a subset of patients with rheumatoid arthritis
  • Hashimoto Toko,Yasuda Shinsuke,Koide Hideyuki,Kataoka Hiroshi,Horita Tetsuya,Atsumi Tatsuya,Koike Takao
  • Arthritis Research & Therapy 13(5), R154, 2011-09-20
  • … Results: Circulating CD14+ cells in normal individuals were found to express hRasGRP4. …
  • NAID 120003945421

関連リンク

CD14抗原は、分子量53-55kDaのグリコシル-ホスファチジルイノシトール(GPI)結合型 単鎖膜糖タンパクです。リポ多糖類(LPS)とLPS ... CD14抗原は骨髄単球系細胞にみ られ、単球やマクロファージに強く発現し、好中球に弱く発現します。またB細胞にも弱く ...
CD45-FITC / CD14-PE 【リンパ球ゲートチェック用】 ... リンパ球領域(CD45+CD14-) から赤血球(CD45-CD14-)および単球(CD45+CD14+)を除外するためのゲー ティングコントロールです。

関連画像

CD14 is GPI - anchored on the surface of Hyaluronan as an Immune Regulator in Human File:Monocytes, a type of white blood cell Figure 1.Description Protein CD14 PDB 1WWL.pngFIGURE 1. Recognition of LPS on the


★リンクテーブル★
先読み好中球」「マクロファージ」「IL-1」「TNF-α」「単球
リンク元リポ多糖」「表面抗原分類」「プレセプシン」「lipopolysaccharide receptor
拡張検索CD142」「CD140p」「CD143」「CD141
関連記事CD1」「CD

好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌



IL-1」

  [★]

interleukin-1 interleukin 1
インターロイキン1
サイトカインインターロイキン

産生細胞

機能

  • 発熱
視床下部に作用

受容体

  • CD121a, CD121b

情報伝達系路

  • IL-1Rより下流の経路はTLRの経路と共通
IL-1RのTIR→MyD88IRAKTRAF6NF-κB→炎症性サイトカインの転写↑




TNF-α」

  [★]

tumor necrosis factor-α TNFα, tumor necrosis factor-alpha TNF-alpha
腫瘍壊死因子αカケクチン cachectin
サイトカイン
腫瘍壊死因子 tumor necrosis factor TNF

概念

  • 活性化マクロファージなどが産生する抗腫瘍性サイトカイン

作用

  • 発熱作用
視床下部に作用



単球」

  [★]

monocyte (Z), monocytes
マクロファージ




リポ多糖」

  [★]

lipopolysaccharide, LPS
リポ多糖類リポポリサッカライド
  • エンドトキシン endotoxinである
主にマクロファージを刺激して多彩な生理作用を表す

LPSの生物活性 (SMB.115-117)

  • 1. B細胞マイトジェン活性:B細胞の分裂を誘導
  • DNA合成の促進
  • 2. ポリクローナルB細胞活性化:B細胞を刺激し、抗原非特異的に抗体産生細胞へと分化誘導。IgMクラスの抗体を産生させる。
  • 3. マクロファージの活性化:サイトカイン(IL-1、TNF-α、IFN、コロニー刺激因子(CSF)など)、フリーラジカルを放出させる。
  • 4. 補体の古典的経路、別経路を活性化
  • 5. アラキドン酸代謝経路の刺激:ロイコトリエン、プロスタグランジンの産生亢進
  • 6. 白血球との結合:生体ではLPS投与後1時間目に顆粒球減少(白血球凝集や末梢血管への貯留による)。2-4時間後、急激に白血球増加(骨髄の顆粒球の放出や顆粒球産

生の増加による)

  • 7. 血小板の活性化と破壊:セロトニン、核酸、血小板因子3などを放出。LPSにより破壊されやすい
  • 8. NK細胞やNKT細胞によるIFN-γの産生亢進

リポ多糖の受容体

リポ多糖受容体=CD14

リポ多糖のクリアランス(SMB.117)

  • 血流に入ったLPSは、LPS結合タンパク質(LBP)や遊離CD14と結合し、ついで血清タンパク質(特に高比重リポタンパク質(HDL)と結合し、速やかに主に肝臓に取り込まれる。肝臓、脾臓などのマクロファージ系の貪食細胞がLPSを捕獲し、比較的長い時間かかって分解するらしい。

リポ多糖の臨床的意義 (SMB.117-118)

エンドトキシンショック

  • 1. マクロファージ、単球、好中球、NK細胞、血管内皮細胞、線維芽細胞などに作用し、TNFIFNIL-1IL-6IL-8などのサイトカインを誘導
  • 2. 1.のサイトカインは、標的細胞に作用し、血小板活性化因子(PAF)、ロイコトリエンプロスタグランジン活性酸素NO、プロテアーゼなどを放出させる。
  • 3. 発熱、悪寒、白血球減少、DIC、出血、低血圧、頻脈、アシドーシス、多臓器障害、多臓器不全をもたらす。

抗生物質誘発内毒素遊離

  • 内毒素は菌が増殖するときに、外膜より遊離。
  • ある種の抗生物質は菌を殺す際、大量の内毒素の遊離を招く

検査



表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


プレセプシン」

  [★]

presepsin
炎症マーカー、可溶性CD14 subtype、CD14


参考

[display]http://knight1112jp.at.webry.info/201308/article_6.html

lipopolysaccharide receptor」

  [★] CD14リポ多糖受容体

CD142」

  [★]

Thromboplastin, Tissue factor
also Tissue factor


CD140p」

  [★]

Platelet-derived factor receptor p


CD143」

  [★] アンジオテンシン変換酵素

CD141」

  [★]

Fetomodulin, Thrombomodulin

CD1」

  [★]

leucine-6, CD1A through E

種類

  • CD1a, CD1b, CD1c, CD1d

発現組織

  • 胸腺皮質、ランゲルハンス細胞、樹状細胞、B細胞(CD1c)、腸上皮、平滑筋、血管上皮(CD1d)

分子量

  • 43-49

機能

  • MHC class I-like molecule, associated with β2-microgloulin. Has specialized role in presentation of lipid antigens


CD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「certificate of deposit / (また『C.D.』)Civil Defense民間防衛」


"http://meddic.jp/CD14" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡