Aspergillus fumigatus

出典: meddic

Aspergillus fumigatus
アスペルギルス・フミガータス

  • first aid step1 2006 p.147


  • 子嚢菌、糸状菌、不完全菌、遊郭菌糸(branching septate hyphae)

感染症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/24 21:51:27」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antibody specific to thioredoxin reductase as a new biomarker for serodiagnosis of invasive aspergillosis in non-neutropenic patients.
  • Shi LN, Li FQ, Lu JF, Kong XX, Wang SQ, Huang M, Shao HF, Shao SH.SourceSchool of Medical Technology, Jiangsu University, Zhenjiang 212013, PR China; Laboratory of Molecular Biology, Institute of Medical Laboratory Sciences, Jinling Hospital, School of Medicine, Nanjing University, Nanjing 210002, PR China.
  • Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry.Clin Chim Acta.2012 May 18;413(9-10):938-43. Epub 2012 Feb 17.
  • BACKGROUND: Invasive aspergillosis (IA) is an important cause of mortality in critically ill patients, but the diagnosis is difficult as clinical and radiological signs are neither sensitive nor specific. Serum galactomannan (GM) is a useful marker for IA, but exhibits low sensitivity in non-neutrop
  • PMID 22366166
  • Developments in novel breath tests for bacterial and fungal pulmonary infection.
  • Chambers ST, Scott-Thomas A, Epton M.SourceaDepartment of Pathology, University of Otago, Christchurch bDepartment of Infectious Diseases cDepartment of Respiratory Medicine, Christchurch Hospital, Christchurch, New Zealand.
  • Current opinion in pulmonary medicine.Curr Opin Pulm Med.2012 May;18(3):228-32.
  • PURPOSE OF REVIEW: Breath testing has developed over the last 20 years. New techniques that can identify fingerprints for specific diseases and specific markers of respiratory pathogens have been applied to breath analysis. This review discusses the recent advances in breath analysis for the diagnos
  • PMID 22366996

和文文献

  • Role of Inhaled Corticosteroids in the Management of Serological Allergic Bronchopulmonary Aspergillosis (ABPA)
  • Agarwal Ritesh,Khan Ajmal,N Aggarwal Ashutosh,Saikia Biman,Gupta Dheeraj,Chakrabarti Arunaloke
  • Internal Medicine 50(8), 855-860, 2011
  • Background and Aim The treatment of choice for allergic bronchopulmonary aspergillosis (ABPA) is oral corticosteroids (OCS). However, they are associated with numerous adverse effects. Inhaled cortico …
  • NAID 130000650075
  • P-073 Aspergillus fumigatusのガラクトマンナンに存在するガラクトフラノース鎖の変化とその影響(免疫・アレルギー,ポスター討論,一般演題,医真菌学のコペルニクス的転回を目指して)
  • 工藤 敦,柴田 信之,大川 喜男
  • 日本医真菌学会総会プログラム抄録集 51(Supplement_1), 80, 2010-09-17
  • NAID 110007767298

関連リンク

Aspergillus属のうち、A. fumigatusやA. flavus、A. nigerなどの一部のものはヒト に対する病原性を持ち、肺や外耳道、鼻腔など体の内部に感染(深在性感染)すること がある。これらの一連のカビによる感染症をアスペルギルス症あるいはカビ性肺炎と 呼ぶ。
Aspergillus fumigatus is a fungus of the genus Aspergillus, and is one of the most common Aspergillus species to cause disease in individuals with an immunodeficiency. A. fumigatus, a saprotroph widespread in nature, is typically found in soil ...

関連画像

550Slide culture x400 on PDA ( H. Mirhendi )size of this preview other resolutions1536x1536 ][ New Window ](698KB)aspergillus fumigatus 2size of this preview other resolutions


★リンクテーブル★
国試過去問107A028
リンク元真菌」「アスペルギルス属」「ミカファンギン」「アスペルギルス・フミガーツス
関連記事Aspergillus」「fumigatus

107A028」

  [★]

  • 65歳の女性。全身倦怠感微熱とを主訴に来院した。1週前から全身倦怠感を自覚していた。3日前から37℃台の微熱が続いているという。5年前から関節リウマチで抗リウマチ薬と副腎皮質ステロイドとを服用中である。意識は清明。身長156cm、体重46kg。体温37.4℃。脈拍92/分、整。血圧120/70mmHg。呼吸数14/分。SpO2 97%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球446万、Hb 13.0g/dl、Ht 39%、白血球7,300(桿状核好中球20%、分葉核好中球46%、好酸球1%、好塩基球1%、単球10%、リンパ球22%)、血小板16万。CRP 2.6mg/dl。胸部エックス線写真で右側下肺野に多発結節影を認める。肺野条件の胸部単純CT(別冊No.7A)と気管支肺胞洗浄(BAL)液の墨汁染色標本(別冊No.7B)とを別に示す。
  • この疾患について正しいのはどれか。
  • a 内因性感染である。
  • b 血清抗原検査の感度は高い。
  • c 血清β-D-グルカン値は上昇する。
  • d 発症予防にST合剤の内服が有効である。
  • e 原因微生物はAspergillus fumigatusである。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A027]←[国試_107]→[107A029

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    


アスペルギルス属」

  [★]

Aspergillus
Aspergillus属
コウジカビ
アスペルギルス症


ラクトフェノール・コトン青による染色で

生物的特徴

  • 真菌
  • 腐生性不完全菌に属する糸状菌
  • 有隔性菌糸を持つ(branching septate hyphae)
  • 土壌や朽ちた植物に存在。空気中に浮遊胞子として存在。アスペルギルスの分生子は暖かく湿った場所で多く作られる → 空調器のエアフィルターや加湿器などで増殖
  • 日和見病原体。基礎疾患(好中球減少や免疫不全症)を有する患者に感染

感染経路

  • 空気感染
  • A. fumigatusの胞子は2-3.5umで、気管支に達し肺を冒す

アスペルギルス属

感染症

  • 肺アスペルギローマ:結核・気管支拡張症などで生じた空洞・嚢胞で分生子が生長・増殖し、大きな菌糸塊を形成 菌球形成
  • 侵襲性アスペルギルス症:好中球機能不全などの患者に発生し、より急性でより重症やしやすい。肺・消化管障害、心内膜炎、脳・骨膿瘍、全身播種
  • アレルギー性気管支肺アスペルギルス症:喘息様発作、末梢血好中球増加、中枢性気管支拡張



ミカファンギン」

  [★]

micafungin, MCFG
ミカファンギンナトリウム micafungin sodium
ファンガード
抗真菌薬


  • キャンディン系

作用機序

薬理作用

用量

スペクトラム

無効

相互作用

副作用

  • 少ない。


アスペルギルス・フミガーツス」

  [★]

Aspergillus fumigatus
アスペルギルス・フミガータス


Aspergillus」

  [★] アスペルギルス属

WordNet   license wordnet

「genus of common molds causing food spoilage and some pathogenic to plants and animals」
genus Aspergillus


fumigatus」

  [★]


  • Aspergillus fumigatus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡