104H029

出典: meddic

  • 72歳の男性。肺結核による胸郭成形術を行い、長年にわたり在宅酸素療法を行っている。通常の酸素投与量は0.25L/分である。担当医の指示どおり、パルスオキシメーターを購入し、労作時や労作後の酸素飽和度を自己測定し、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)が90%以下に低下したときは、90%以上に戻るまで酸素吸入量を一時的に調節する自己管理を行っていた。本日夕方から、SpO2が80%近くに低下したので酸素吸入量を0.5L/分に増やし1時間様子を見ていたが、SpO2は90%を超えなかった。呼吸困難の程度は普段と変わりはなかった。
  • 電話で相談を受けた当直医の指示で正しいのはどれか。


  • a 「苦しくなければ心配ありません」
  • b 「絶対安静にして様子を見て下さい」
  • c 「すぐに来院するようにして下さい」
  • d 「次回の予約日に外来を受診して下さい」
  • e 「酸素吸入量を4L/分へ上げて吸って下さい」


[正答]


※国試ナビ4※ 104H028]←[国試_104]→[104H030

"http://meddic.jp/104H029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡