104E041

出典: meddic

  • ある集団における要因Aの割合は25%であり、要因Aによる疾患B発症の相対危険度は2.0であった。
  • 要因Aを取り除いた場合に疾患Bを予防できる割合はどれか。
以下のように改変
  • 設問1. 集団全体の疾患Bに罹患した人の中で、要因Aが原因の人の割合
  • 設問2. 要因Aがありかつ疾患Bに罹患に罹患した人の中で、要因Aが原因の人の割合


  • a 10%
  • b 20%
  • c 30%
  • d 40%
  • e 50%


[正答]


※国試ナビ4※ 104E040]←[国試_104]→[104E042

"http://meddic.jp/104E041" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡