黄熱ウイルス

出典: meddic

yellow fever virus, YFV
黄熱病黄熱



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

予防のためには・・・ 予防のためのワクチン(予防接種)があります。日本では検疫所などで黄熱の予防接種を実施し国際証明書を発行していますので、アフリカや南アメリカなどに渡航する方は、検疫所にご相談ください。
黄熱ワクチンは、歴史的・世界的に非常に副反応の少ない安全性の高いワクチンとして知られている。しかし、発育鶏卵に接種して作られているので、卵アレルギーでは禁忌である。また、2001年にCDCから7例の重い副反応(6例が ...

関連画像

黄熱ウイルス媒介される 黄熱ウイルス yellow-fever-vaccine-yf-vax図1.黄熱ウイルスの感染 黄熱」についての症状、検査 Descripción Measles virus.JPG

添付文書

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

黄熱ワクチン

組成

製法の概要

  • 本剤は、黄熱ウイルス (17D−204株) をSPF鶏卵で培養増殖後精製し、安定剤を加え凍結乾燥したものである。

組成

  • 本剤を日本薬局方生理食塩液 (「黄熱ワクチン溶解液」など) 3mLで溶かした液の1回接種量0.5mL中の組成を示す。

有効成分

  • 黄熱ウイルス (17D-204株) 4.74log10 PFU以上 (備考) PFU: Plaque Forming Unit

安定剤

  • D-ソルビトール  7.5mg
    ゼラチン      7.5mg (備考) ブタ皮膚由来

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められた場合には、接種を行ってはならない。
  • 9箇月齢未満の乳児 (「副反応」及び「小児等への接種」の項参照)
  • 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する者及び免疫抑制をきたす治療を受けている者 (「相互作用」の項参照)
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者 (「接種上の注意」の項参照)
  • 胸腺に関連した疾患 (重症筋無力症、胸腺腫) を有したことがある者及び胸腺摘除術を受けた者 (熱性多臓器不全の発現が報告されている) (「重大な副反応」の項参照)
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 本剤は黄熱の予防に使用する。
  • 本剤を日本薬局方生理食塩液 (「黄熱ワクチン溶解液」など) 3mLで溶解し、その0.5mLを1回皮下に注射する。

接種後の免疫の賦与

  • 本剤接種後の黄熱に対する免疫は接種10〜14日目以後に賦与される (「臨床成績」の項参照)

不活化ワクチン製剤との接種間隔

  • 不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。

他の生ワクチン製剤との接種間隔

  • 他の生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上間隔を置いて本剤を接種すること (「相互作用」の項参照)

輸血及びガンマグロブリン製剤との接種間隔等

  • 輸血及びガンマグロブリン製剤の投与を受けた者は3〜6箇月以上間隔を置いて本剤を接種すること。また、本剤接種後14日以内に輸血及びガンマグロブリン製剤の投与を受けた者は、3箇月以上経過した後に本剤を再接種すること(「相互作用」の項参照)

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人 (「 妊婦、産婦、授乳婦等への接種」の項参照)
  • 高齢者 ( 「 高齢者への接種」の項参照)
  • ゼラチン含有製剤又はゼラチン含有の食品に対して、ショック、アナフィラキシー (蕁麻疹、呼吸困難、口唇浮腫、喉頭浮腫等) 等の過敏症の既往のある者
  • 本剤の成分又は鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対してアレルギーを呈するおそれのある者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

  • ショック、アナフィラキシー (蕁麻疹、喘息様症状、呼吸困難、血管浮腫等) があらわれることがあるので接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

脳脊髄膜炎、ギラン・バレー症候群、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、球麻痺等の神経系障害 (Neurotropic disease)

  • まれに (10万回接種に0.4〜0.8例程度1)) 脳脊髄膜炎、ギラン・バレー症候群、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、球麻痺等の神経系障害が発現することがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

熱性多臓器不全 (Viscerotropic disease)

  • まれに (10万回接種に0.3〜0.4例程度1)) 接種2〜5日目に疲労、筋肉痛、頭痛を伴う発熱があらわれ、呼吸不全、肝機能障害、リンパ球減少、血小板減少、高ビリルビン血症、腎不全等の急速な進行を特徴とする多臓器不全を発現し、重大な転帰をたどることがある1) 3)。接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 黄熱は黄熱ウイルス (フラビウイルス) が蚊によって媒介され発症にいたる。本剤を接種した場合、野生型ウイルス感染と同等の免疫応答が誘導されるものと予測されている。本剤の免疫応答において重要な役割を担っているのはウイルス構造タンパクに対する液性免疫反応であり、あらかじめ本剤の接種により黄熱ウイルスに対する液性免疫が獲得されていると、感染したウイルスの増殖は抑制され発症は阻止される2)


★リンクテーブル★
リンク元」「黄熱ワクチン
関連記事ウイルス」「黄熱」「

蚊」

  [★]

mosquito
Culicidae

種類

  • ハマダラカ亜科 Anophelinae
媒介:マラリア
  • ナミカ亜科 Culicinae
  • オオカ亜科 Toxorhynchitinae
媒介:黄熱ウイルスデングウイルス
媒介:デングウイルス
媒介:日本脳炎ウイルス
媒介:バンクロフト糸状虫イヌ糸状虫ウエストナイルウイルス日本脳炎ウイルス



黄熱ワクチン」

  [★]

yellow fever vaccine
ワクチン類
黄熱ウイルス(17D-204株) 


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





黄熱」

  [★]

yellow fever
febris flava
黄熱病黒吐病 black vomit




熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1