高カロリー輸液用総合ビタミン剤

出典: meddic

multivitamin supplement for IVH
M.V.I.-3M.V.I.ネオM.V.I.-9注ネオラミン・マルチVオーツカMV注ソービタマルタミン


和文文献

  • 中心静脈栄養輸液・ビタミン・微量元素 (特集 逆引き 諭液剤の使い方) -- (輸液剤からみた各種病態への適応)
  • 二種類の経中心静脈高カロリー輸液用総合ビタミン剤についての比較臨床試験
  • 小越 章平,岩佐 正人,富田 正雄,下山 孝俊,香月 武人,瀬戸口 敏明,児玉 吉明,清水 龍夫
  • ビタミン 58(7), 253-266, 1984-07-25
  • We studied the clinical data on the 2 kinds of multivitamin preparations, NK-041 (trial preparation) and MVI (commercially distributed preparation), for intravenous hyperalimentation (IVH) and compare …
  • NAID 110002846696

関連リンク

高カロリー輸液用総合ビタミン剤 注)注意-医師等の処方箋により使用す ること 処方箋医薬品注) TO3 4.副作用 総症例3,621例中副作用の報告されたものは7例(0.19%)で あった。(再審査終了時1)) (1)重大な副作用 ...
[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。 輸液用総合ビタミン剤の比較 高カロリー輸液を処方するときに、乳酸アシドーシスの予防のため必ずビタミンB1を ...
オーツカMV注,高カロリー輸液用総合ビタミン剤注射液 ... 副作用 調査症例2,997例中6例(0.20%)に臨床検査値の異常を含む副作用が認められている(承認時及び再審査終了時)。

関連画像

前のページへ戻る高カロリー輸液用総合ビタミン 注)処方せん医薬品:注意 yakuji_photo


★リンクテーブル★
先読みマルタミン
リンク元オーツカMV」「ソービタ」「オーツカMV注」「ネオM.V.I.-9注」「ネオラミン・マルチV
関連記事ビタミン」「輸液」「」「総合」「カロリー

マルタミン」

  [★]

混合ビタミン剤


オーツカMV」

  [★]

高カロリー輸液用総合ビタミン剤


ソービタ」

  [★] 高カロリー輸液用総合ビタミン剤


オーツカMV注」

  [★] 高カロリー輸液用総合ビタミン剤

ネオM.V.I.-9注」

  [★] 高カロリー輸液用総合ビタミン剤

ネオラミン・マルチV」

  [★] 高カロリー輸液用総合ビタミン剤

ビタミン」

  [★]

vitamin


  • ビタミン、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称 wiki

ビタミン

性状 ビタミン名 化合物名 機能 補酵素名 欠乏症 過剰症
  アミノ酸代謝 補酵素前駆体
水溶性ビタミン ビタミンB1 チアミン 糖代謝   チアミン二リン酸 脚気
(多発性神経炎、脚気心による動悸・息切れ)
ウェルニッケ脳症
コルサコフ症候群
 
ビタミンB2 リボフラビン 酸化還元反応 アミノ酸オキシダーゼ フラビンアデニンジヌクレオチド 口角炎、舌炎、結膜炎、角膜炎、脂漏性皮膚炎  
ビタミンB6 ピリドキシン 転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 多くのアミノ酸 ピリドキサルリン酸 末梢神経障害(INHの副作用)  
ビタミンB12 シアノコバラミン C1転移 メチオニン分岐アミノ酸 コバルト補酵素 巨赤芽球性貧血  
ビタミンC アスコルビン酸 抗酸化     壊血病
易出血性、骨・筋の脆弱化
 
ビタミンB5 パントテン酸 CoAの骨格          
ビタミンB9 葉酸 C1転移 グリシンセリン   巨赤芽球性貧血  
ビタミンB3 ナイアシン
ニコチン酸
酸化還元反応   ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド ペラグラ
(1)光過敏性皮膚炎、(2)下痢、(3)認知症
 
ビタミンB7 ビオチン 炭素固定反応   ビオチン酵素 脂漏性皮膚炎鱗屑状皮膚炎  
脂溶性ビタミン ビタミンA レチノイド 転写因子、視覚       夜盲症
眼球乾燥症角膜軟化症(Bitot斑)・毛孔性角化症
脳圧亢進、四肢疼痛性腫脹、肝性皮膚落屑、悪心・嘔吐、食欲不振、催奇形性
ビタミンD コレカルシフェロール骨形成       くる病骨軟化症
腎臓・血管壁への石灰沈着、多尿、↑尿Ca、高Ca血症、高P血症
ビタミンE トコフェロール 抗酸化       未熟児の溶血性貧血  
ビタミンK フィロキノンメナキノン血液凝固因子オステオカルシンの成熟     出血傾向 溶血、核黄疸

ビタミンと欠乏症、過剰症

輸液」

  [★]

infusion, transfusion
輸注
  • 表:SAN.204

種類

NSU. 731
  • 水分補給
  • 5%ブドウ糖
  • 水分補給と電解質
  • 細胞外液補充剤
  • 維持輸液剤:一日の水・電解質バランスを保つべく作成される
  • 輸液期間が長くなる場合に用いられる。
  • Na+, Cl-は少なく、K+、HPO4-ブドウ糖を含む

乳幼児

1. 脱水になりやすい。
2. 腎機能が未熟。(K排泄能が低い)
3. 低血糖になりやすい
  • Kフリー、ブドウ糖入りの輸液がよい。

輸液量

  • 新生児:80-120 ml/kg/日 ← 成人よりも多い
  • 乳児下痢症に対する初期輸液:Na 90mEq/l, Cl 70mEql/L, ブドウ糖 2.6%, 乳酸 20mEq/L

投与量の計算

体重には身長とBMI22としたときの標準体重を用いる。
尿量 + 不感蒸泄(700ml) + 代謝水(5ml x 体重)

輸液速度

乳幼児

小児の薬の選び方・使い方
  • 10kg以下 100ml/hr
  • 10-20kg 200ml/hr
  • 20-30kg 300ml/hr
  • 30-40kg 400ml/hr

輸液速度とクレンメ

  • 成人用のクレンメ:20滴で1ml (1滴 50ul)
  • 小児用のクレンメ:60滴で1ml
  • 輸液速度と滴下速度
x (ml/hr) = 20x (滴/時) = x/3 (滴/分) = x/180 (滴/秒)
∴ x (ml/hr) で輸液するためには 180/x (秒/滴) となるようにクレンメの滴下速度を調節する。



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的

カロリー」

  [★]

calorie
熱量
カロリー価





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡