骨髄腫細胞

出典: meddic

[[]]
myeloma cell
[[]]



myeloma cell

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨髄腫細胞の薬剤耐性メカニズム (特集 多発性骨髄腫--最近の進歩) -- (病態)
  • 古川 雄祐,菊池 次郎
  • 最新医学 64(12), 2506-2511, 2009-12
  • NAID 40016918885
  • 骨髄腫細胞と骨髄微小環境、骨病変を中心に (特集 多発性骨髄腫--最近の進歩) -- (病態)

関連リンク

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスのウェブサイトです ... 多発性骨髄腫では多彩な症状が現れますが、これらは主に骨髄腫細胞による骨髄の障害、M蛋白による障害、骨の障害に分かれます。
このタイプの形質細胞性腫瘍では異常な形質細胞(骨髄腫細胞)が1カ所にあり、形質細胞腫と呼ばれる1つの腫瘍を形成します。時々、形質細胞腫は治療可能です。形質細胞腫には2種類あります。 骨の孤立性形質細胞腫では、1つの ...
多発性骨髄腫の治療を前向きに行っていただくために、患者さんと患者さんのご家族を応援するサイトです。 ... 自家造血幹細胞移植とは Q1. 自家造血幹細胞移植とは、どのような治療ですか? A1. 多発性骨髄腫の原因となる骨髄腫細胞 ...

関連画像

骨髄腫細胞骨髄腫細胞は、好塩基性の広い 骨髄腫(こつずいしゅ  の種類 ~骨髄腫細胞の検査 中間型骨髄腫細胞の増加多発性骨髄腫ミクロ像(HE強


★リンクテーブル★
リンク元IL-6」「CD56
関連記事骨髄腫」「骨髄」「細胞

IL-6」

  [★]

interleukin-6
B細胞刺激因子2 B cell stimulating factor 2 BSF-2
サイトカイン

産生細胞

機能

  • 液性免疫に関わる。

IL-6の多彩な機能

肝細胞 APP産生
メサンギウム細胞 増殖
神経細胞 分化
NK細胞 活性化
骨髄腫細胞 増殖
B細胞 抗体産生
T細胞 キラーT細胞IL-2産生
巨核球 血小板増多
造骨系幹細胞 分化

受容体

  • CD126, CD130

臨床関連


CD56」

  [★]

neural cell adhesion molecule
CD

概念

  • 細胞接着に関与するNCAMアイソフォーム

発現細胞

分子量

  • 135-220 kDa

機能

  • isoform of neural cell-adhesion molecule(NCAM), adhesion molecule

別名

  • NKH-1

ファミリー

  • immunoglobulin

臨床関連

  • 骨髄腫細胞形質細胞でありながらCD56(+)となる。


骨髄腫」

  [★]

myeloma
ミエローマ
multiple myeloma


概念

  • 1. 骨髄中に形質細胞が腫瘍性に増加する造血器腫瘍

疫学

  • 60歳以上の高齢者に多く、40歳以下では稀。
  • 男性に多く、好発年齢は50-70歳代。

症状

  • 全身倦怠感、腰痛など

ISS病期分類

  • これまで骨髄腫の病期分類にはDurie&Salmonの病期分類が使用されてきたが、Ⅰ期とⅡ期に統計学的有意差を認めなかったため、ISSの病期分類が提唱された。病期と生存期間は相関が認められ、余後の予測に有効である。分類はβ2MG量とAlb量によって決まる。

stage1 血清β2MG<3.5mg/lかつ
血清Alb≧3.5g/dl
stage2 1,3以外(血清β2MG :3.5<,<5.5もしくは血清β2MG<3.5かつAlb<3.5)
stage3 血清β2MG≧5.5mg/l



骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡