顆粒球減少症

出典: meddic

granulocytopenia
無顆粒球症 agranulocytosis顆粒球減少好中球減少症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血算・血液生化学検査法 (精神科臨床評価検査法マニュアル〔改訂版〕) -- (検体検査)
  • 倉冨 剛,秋山 一文
  • 臨床精神医学 39(-), 568-574, 2010
  • NAID 40018783312
  • 21) アスピリンによる顆粒球減少症に顆粒球形成刺激と抗生物質およびペーシング治療が奏功した1例(第208回日本循環器学会関東甲信越地方会)
  • 竹川 良介,岡崎 修,藤田 健太郎,清水 裕也,山崎 智弘,門脇 拓,上村 宗弘,大野 邦彦,副島 洋行,田中 由利子,樫田 光夫,廣江 道昭
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(Supplement_III), 1062, 2008-10-20
  • NAID 110007011034

関連リンク

無顆粒球 白血球のなかの1つ。「単球」と「リンパ球」に分かれる。 無顆粒球症 agranulocytosis =主に薬剤によって起こる強い顆粒球減少症。 「血液中の顆粒球(好中球)が著減(500以下)もしくは消失し、高熱と口腔・咽頭の壊死性 ...
5 英語名:Agranulocytosis 同義語:顆粒球減少症、好中球減少症 A.患者の皆様へ ここでご紹介している副作用は、まれなもので、必ず起こるというものではありま せん。ただ、副作用は気づかずに放置していると重くなり健康に影響を ...

関連画像

家人の「なにもこんなに寒い日 オゾン療法に比べて半分の採血 オゾン用シリンジに血液を移行 オゾン療法に比べて半分の採血 頚静脈より20ml採血 前には白血球減少と顆粒球減少


★リンクテーブル★
先読みagranulocytosis」「無顆粒球症
国試過去問105G069
リンク元抗甲状腺薬」「プロピルチオウラシル」「クロラムフェニコール」「チアマゾール」「好中球減少症
関連記事顆粒」「顆粒球」「」「顆粒球減少

agranulocytosis」

  [★] 無顆粒球症

WordNet   license wordnet

「an acute blood disorder (often caused by radiation or drug therapy) characterized by severe reduction in granulocytes」
agranulosis, granulocytopenia


無顆粒球症」

  [★]

agranulocytosis
ほぼ同
好中球減少症
  • first aid step1 2006 p.



105G069」

  [★]

  • 統合失調症治療薬の副作用で最も出現頻度が高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G068]←[国試_105]→[105I001

抗甲状腺薬」

  [★]

antithyroid drug
甲状腺阻害薬
甲状腺中毒症薬理学甲状腺甲状腺ホルモン

種類

チアミド系の化合物が用いられる(SPC.323)

作用機序

  • 甲状濾胞内に能動的に取り込まれ、濾胞内でヨードの有機化と縮合を抑制
  • 甲状腺濾胞内に浸潤しているリンパ球の自己抗体産生を抑制

副作用

チアミド系化合物の副作用
  • 皮疹(2-3週後)が最多、甲状腺機能低下症、甲状腺腫、まれに白血球減少症/顆粒球減少症(治療開始後3-12週)

副作用に対する対処

  • 症状:突然の咽頭痛、発熱
  • 処置:
  • 抗甲状腺薬の中止。副腎皮質ホルモン、抗菌薬、輸血、G-CSF (医学辞書改変)
  • 無顆粒球症(好中球<500/ul)と判断されたらすぐに抗甲状腺薬の中止。

薬物動態の比較

  • 文献不明
  チアマゾール
thiamazole
メチマゾール
methimazole
methylmercaptoimidazole
MMI
プロピルチオウラシル
PTU
商品名 メルカゾール(5mg/錠) プロパジール(50mg/錠)
薬効 13-14 1
初回量 30-45 mg 300-600 mg
維持量 5-10 mg 50-200 mg
血中半減期 約6時間 約2.5時間
作用持続時間 24時間 4-8時間
吸収 ほぼ100% ほぼ100%
アルブミン結合 5%以下 約80%
末梢作用 なし T4→T3への変換を抑制
作用発現(T4正常化) 1-2ヶ月 2-3ヶ月
胎盤移行 多い 少ない
乳汁移行 多い ほとんどなし
尿中排泄 48時間で約70% 24時間で約80%
肝・腎不全時 代謝不変 代謝低下
  • SPC.1528
  チアマゾール プロピルチオウラシル
血漿タンパクとの結合 結合しない 0.75
血漿半減期 4?6時間 75分
分布容積 40 liters 20 liters
甲状腺での濃縮 濃縮 濃縮
重症な肝臓病患者での代謝 減少 普通
重症な腎臓病患者での代謝 普通 普通
投与頻度 1-2回/日 1-4回/日
胎盤の通過
母乳への移行

参考

uptodate

  • 1. [charged] チオナミドによるバセドウ病(グレーブス病)の治療 - uptodate [1]
  • 2. [charged] チオナミドの薬理学および毒性 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 患者情報:抗甲状腺剤 - uptodate [3]




プロピルチオウラシル」

  [★]

propylthiouracil, PTU
propylthiouracilum
チウラジールプロパジール
薬理学甲状腺抗甲状腺薬


分類

薬理作用

ペルオキシダーゼは濾胞内でO2からH2O2を生成し、H2O2によりI-がIとなりサイログロブリン上のチロシンに付加反応を起こす
この阻害作用はチアマゾールも示し、チアマゾールの方が薬効が高い(より少量で作用する)
  • 2. 末梢(肝、腎)でT4からT3へ変換を抑制する
肝、腎、甲状腺にはtype I iodothyronine 5'-deiodinaseが存在し、T4からT3へ変換している。

副作用

GOO.1529

  • 肝機能の異常は高投与量でみられるかもしれない
  • 稀:発熱、肝炎、腎炎、血管炎(ANCAと関連か?)
  • antineutrophilic cytoplasmic antibody(ANCA)はプロピルチオウラシル投与患者の50%に見られる
(別の資料では、20%の患者がANCA陽性)
ANCA陽性腎炎と関連?



クロラムフェニコール」

  [★]

chloramphenicol, CP
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
クロロマイセチンサクシネートクロロマイセチン Chloromycetin、(クロラムフェニコールコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)オフサロンコリマイコリナコール。(クロラムフェニコールフラジオマイシンプレドニゾロン)クロマイハイセチンPハイセチン
抗菌薬化膿性疾患用剤


特徴

  • a broad-spectrum bacteriostatic agent ← クロラムフェニコールテトラサイクリン
  • 50SリボソームのA siteに結合してpeptide bond formationを妨げる。
  • 静菌的に作用する。
  • 毒性が強いので、激しい感染症のケース、または局所薬として用いられる。

作用機序

  • リボソームの50Sサブユニットに作用
  • inhibits 50S peptidyltransferase

適応

  • 副作用のためUSでの使用は稀
  • meningitis (Haemophilus influenzae, Neisseria meningitidis, Streptococcus pneumoniae).

禁忌

肝機能や腎機能が未熟なため

副作用

  • 稀であるが、以下のものがある



チアマゾール」

  [★]

thiamazole
thiamazolum
メチマゾール methimazoleメルカプトメチルイミダゾール mercaptomethylimidazole MMI
メルカゾール、Tapazole
薬理学甲状腺機能亢進症プロピルチオウラシル propylthiouracil PTU


  • thioamide系薬

作用機序

薬理作用

ペルオキシダーゼは濾胞内でO2からH2O2を生成し、H2O2によりI-がIとなりサイログロブリン上のチロシンの3位or5位につく

動態

  • 胎盤を通過
  • 乳汁中に分泌 → 妊婦には投与しない方がよい

適応

注意

禁忌

副作用


好中球減少症」

  [★]

neutropenia
好中球減少顆粒球減少症 granulocytopenia
好中球




顆粒」

  [★]

granule



血液細胞の顆粒

一次顆粒

  • アズール好性
  • アズール→紫褐、紫赤
  • リンパ球、単球、前骨髄球、血小板、巨核球
  • リンパ球では0.3-0.6μm

特殊顆粒

  • 好酸性顆粒
  • 好塩基性顆粒
  • 好塩基性
  • メチレン青→紫
  • 好塩基球
  • 好中性顆粒
  • 好中性
  • 好中球


顆粒球」

  [★]

granulocyte
顆粒性白血球 granular leukocyte
白血球無顆粒球


顆粒球

細胞表面抗原


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


顆粒球減少」

  [★]

granulocytopenia
顆粒球減少症





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡