頻呼吸

出典: meddic

tachypnea, rapid shallow breathing
呼吸促迫 rapid breathing
多呼吸

  • 呼吸数増加 + 一回換気量不変~減少(増加していれば、多呼吸)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頻脈・頻呼吸 (特集 まるごと理解! 消化器外科の頻出症状別術後ケア)
  • 中村 公紀,岩橋 誠,西本 たか子 [他]
  • 消化器外科nursing 16(3), 236-240, 2011-03
  • NAID 40018764966
  • エンドトキシン吸着と持続的血液透析濾過が奏効した特発性胃破裂後敗血症性ショックの6歳小児例
  • 長谷川 浩一,小山 雅之,小原 史生,岩井 崇,秋山 有史,池田 健,雲母 公貴,鈴木 勝雄
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(1), 73-78, 2011-01-28
  • … 症例は6歳,男児.平成19年6月26日,昼食後から上腹部痛と嘔吐が出現.翌27日には腹部膨満も現れたため近医を受診後,当院小児科を紹介となり精査・加療目的に入院となった.高熱と頻呼吸を伴うショック状態であったためICUへ入室となった.腹部CTにおいて多量のfree airと腹水,胃・十二指腸・小腸の拡張を認めたため上部消化管の穿孔と考え緊急開腹手術となった.胃上部大彎後壁側の破裂と食物残渣を伴った腹水 …
  • NAID 10029405894

関連リンク

呼吸の種類. □チェック用語・頻呼吸(ひんこきゅう) 呼吸数24回/分以上で呼吸が浅く なるものです。 ・徐呼吸(じょこきゅう) 呼吸数12回/分以下で、呼吸の深さが増加する ことが多いものです。 ・過呼吸(かこきゅう) 1回換気量の増大した呼吸の状態です。
ひんこきゅう。呼吸数が24回/分以上で、1回の換気量が減る(呼吸が深くなる)状態。逆 の状態は徐呼吸という。また、1回の呼吸換気量が多いことを過呼吸、少ないことを減 呼吸(低呼吸)という。

関連画像

過剰 呼吸 呼吸 数 1 回 の 深さ きれいにとれる」シリーズ 小胖浴室暖風乾燥機,全熱交換 頻 呼吸 呼吸 の 深さ 換気 量 呼吸 パターン で ある 頻 呼吸 ストークス 呼吸 無 呼吸


★リンクテーブル★
国試過去問102F030」「107I040」「103E053」「105E009」「101B101
リンク元完全大血管転位症」「quiet tachypnea」「呼吸促迫」「多呼吸
拡張検索頻呼吸症
関連記事呼吸

102F030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 27歳の経産婦。分娩後の出血と意識レベルの低下とのため搬入された。
  • 現病歴:妊娠38週時に陣痛が発来し、分娩のため近医に入院した。陣痛が増強し、入院18時間後、吸引分娩によって3,040gの男児を娩出した。胎盤娩出直後から凝血塊を混じる出血とともに呼吸困難と気分不良とを訴え、次第に意識レベルが低下した。
  • 妊娠・分娩歴:1経妊、1経産。25歳時、妊娠39週で回旋異常のため、帝王切開によって3,200gの男児を分娩した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:呼びかけに反応するが意識は混濁している。体温37.3℃。呼吸数38/分、浅。脈拍132/分、整。血圧70/52mmHg。顔面は蒼白。心音と呼吸音とに異常を認めない。子宮底は臍上1cm、軟、自発痛と圧痛とはない。膣鏡診で腹壁と子宮膣部とに異常はなく、外子宮口から流動性に富む血液の流出が続いている。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖(-)。濃縮尿。
  • 診断上重要でない徴候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F029]←[国試_102]→[102F031

107I040」

  [★]

  • 出生直後の新生児。在胎42週3日、2,980gで出生した。生後1分で全身チアノーゼを認め、頻呼吸で、口腔内と鼻腔内とを吸引しても顔を全くしかめず泣かない。心拍数80/分で体動を認めない。羊水は緑色に混濁していた。口腔と鼻腔内から緑色の粘稠な液体を吸引し、酸素吸入を行ったが、児の状態は改善しなかった。
  • 直ちに行う処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I039]←[国試_107]→[107I041

103E053」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103E052]←[国試_103]→[103E054

105E009」

  [★]

  • 中毒と症状の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E008]←[国試_105]→[105E010

101B101」

  [★]

  • 経口モルヒネ徐放薬の投与で起こりやすいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B100]←[国試_101]→[101B102

完全大血管転位症」

  [★]

complete transposition of great arteries, complete-TGA
完全大血管転位 ← googleでこちらが多く、ガイドラインではこちらが使われている。一方、教科書には「完全大血管転位症」として載っていることが多い
大血管転位症 TGA修正大血管転位症
[show details]


概念

  • 大動脈が右室から、肺動脈が左室から起始している先天性心疾患。

疫学

  • 男児に多い(64$)
  • 早産や低体重児であることは少ない

病型

  • 1型:60%:VSD(-)、PS(-)、ASD、PDA → 心房中隔欠損か動脈開存症が生存に必須。
  • 2型:30%:VSD(+)、PS(-)
  • 3型:10%:VSD(+)、PS(+)

治療

手術療法

  • I型:生後14日までにarterial switch
  • そうでないと肺動脈・左室圧が低下し左室の心筋重量が低下してしまうため、術後に左室芽体血圧を支えることができなくなるため

まとめ PED.922

  VSD PS チアノーゼ 頻呼吸 陥没呼吸 心雑音 肺血管陰影 手術
I型 生後 なし なし 増強 生後14日までにarterial switch
II型 軽度   生後1-2週 生後数日 新生児期・乳児期早期にarterial switch手術+VSD閉鎖術
III型       生直後 Blalock-Taussig手術→Rastelli手術。乳児期から幼児期前半。

SPE.456-457, 医学大事典, YN.C-115

  割合 VSD PS ASD PDA 肺高血圧 チアノーゼ うっ血性心不全 肺血管陰影
(PHを反映)
心室肥大
pressure loadを反映?
予後 姑息手術・内科的治療 根治手術
 
I型 60(%) あり あり 生後より強い 増強 右室 うっ血心不全で70%死亡 BAS/Blalock-Hanlon手術PGE1 生後14日までにJatene手術施行
II型 30(%)     ++ 軽度   増強 右室+左室 肺高血圧で6ヶ月以内に大部分死亡 PA binding(肺血流↓)、(新生児期にBAS) 新生児期~3ヶ月以内にJatene手術施行
III型 10(%)     I型より重症   右室 比較的良好 Blalock-Taussig手術(肺血流↑) 1,2歳で二期的にRastelli手術施行


参考

  • 先天性心疾患の診断、病態把握、治療選択のための検査法の選択ガイドライン
  • [display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_hamaoka_h.pdf
-complete transposition of the great arteries
TGA


quiet tachypnea」

  [★]

呼吸努力の増加を伴わない頻呼吸呼吸窮迫のない頻呼吸

原因


呼吸促迫」

  [★]

respiratory distress, rapid breathing
呼吸窮迫
呼吸窮迫症候群
呼吸困難頻呼吸症頻呼吸呼吸窮迫呼吸窮迫症呼吸困難症呼吸促迫症


多呼吸」

  [★]

polypnea
頻呼吸


  • 呼吸回数の増加(24回/分以上) + 一回換気量増加 ⇔ 頻呼吸 rapid shallow breathing


頻呼吸症」

  [★]

tachypnea
呼吸促迫頻呼吸


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡