頚髄損傷

出典: meddic

cervical cord injury
頸髄損傷頚髄

頸髄損傷の機能レベルと残存運動機能(SOR.728)

  主な残存筋 残存運動機能
C4 僧帽筋横隔膜 腹式呼吸、肩をすくめる
C5 三角筋上腕二頭筋回外筋 肩外転、肘屈曲、前腕の回外
C6 長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋 手首の伸展
C7 上腕三頭筋方形回内筋総指伸筋 肘の伸展、前腕の回内、指の伸展
C8 浅指屈筋深指屈筋 指の屈曲
T1 手内在筋 小指外転


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/20 04:55:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中心性頚髄損傷の臨床的定義とリハビリテーション転帰 (第48回 日本リハビリテーション医学会 学術集会/千葉) -- (シンポジウム 不全脊髄損傷)
  • 富永 俊克
  • The Japanese journal of rehabilitation medicine 49(8), 504-507, 2012-08
  • NAID 40019416400
  • 80歳以上の頚髄損傷患者の臨床像 : 60歳代,70歳代患者との比較 (西日本脊椎研究会 特集号) -- (80歳以上の脊椎疾患の治療戦略)
  • 片岡 秀雄,富永 俊克,城戸 研二
  • Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 3(5), 733-736, 2012-05
  • NAID 40019336301
  • 超高齢者における頚部外傷の検討 (西日本脊椎研究会 特集号) -- (80歳以上の脊椎疾患の治療戦略)
  • 吉松 弘喜,吉田 健治,山下 寿 [他]
  • Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 3(5), 729-732, 2012-05
  • NAID 40019336281

関連リンク

目次 トップ プロフィール 日記 本の紹介 原稿のページ 頚髄損傷とは 読書感想文 少年の主張 出版パーティー ビデオ日記 テレビ 新聞記事 講演会情報 リンク集 アルバム 宝物 目が不自由な方へ ご意見・ご感想 ??? 頚髄損傷の目次
頚髄損傷により車椅子での生活を送る中の人(管理人)が、障害者になってから経験したこと、日常生活を助けてくれる自助具、自己導尿についてなどを紹介しています!
その損傷の部位によって頚髄損傷 ・胸髄損傷・腰髄損傷・仙髄損傷・尾髄損傷と名前は変わりますが、ようは全部 脊髄損傷です。 そして、脊髄損傷の人の4分の3が脊髄損傷の中で最も障害の重い頚椎損傷 です。 脊髄損傷の人の4分の3 ...

関連画像

頚髄損傷について頚髄損傷とはどんなことなの 頚髄症(頚椎症性脊髄症 頚髄損傷と頚椎損傷の違い頚髄損傷のリハビリテーション中心性頚髄損傷 脊髄横断面首(頚髄損傷)のレントゲン写真


★リンクテーブル★
国試過去問097I035」「098F018」「105D052」「106F022」「099D070」「105I026
関連記事損傷」「頚髄」「

097I035」

  [★]

  • 22歳の男性。バイク走行中にトラックと衝突し全身を強打した。呼吸困難を訴え救急車で搬入された。意識JCS10。呼吸数24/分。脈拍104/分、微弱。血圧74/34mmHg。瞳孔径に左右差なく、対光反射は両眼で正常である。眼瞼結膜に貧血はなく、眼球結膜に黄疸はない。外頚静脈は怒張している。心音は減弱し、呼吸音に異常はない。腹部は平坦、軟である。四肢に運動障害はない。
  • 血圧低下の原因として最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I034]←[国試_097]→[097I036

098F018」

  [★]

  • 21歳の男性。交通外傷のため救急車で搬入された。オートバイ運転中に乗用車と接触し転倒した。意識障害はない。呼吸数30/分、脈拍120/分、整。血圧80/64mmHg。頚静脈の怒張はない。右側胸部に打撲痕と皮下気腫とを認める。右肺の呼吸音は減弱している。腹部に擦過傷を認めるが圧痛と膨隆とはない。骨盤・四肢の変形、腫脹および運動麻痺はない。
  • 血圧低下の原因として考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F017]←[国試_098]→[098F019

105D052」

  [★]

  • 2歳の女児。意識障害のため搬入された。なかなか泣きやまないことに激昂した父親によって、肩を持たれ何度も強く揺さぶられた。しばらくするとぐったりして意識がなくなったという。意識レベルはJCS III-100で、全身に多数の熱傷瘢痕が散在し、新旧の皮下出血斑が多数認められる。
  • この患児に認められる可能性が高いのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D051]←[国試_105]→[105D053

106F022」

  [★]

  • 32歳の男性。頚髄損傷患者。手関節背屈はできないが、肘関節の屈曲は可能である。頚椎MRIでは脊髄の連続性が絶たれている。
  • この患者で可能と考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F021]←[国試_106]→[106F023

099D070」

  [★]

  • ショックと原因の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 099D069]←[国試_099]→[099D071

105I026」

  [★]

  • 受傷直後の完全頚髄損傷でみられないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I025]←[国試_105]→[105I027

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



頚髄」

  [★]

cervical spinal cord, cervical cord
頸髄
脊髄頚椎

臨床関連

  • 頚髄損傷


C5:三角筋 C6:上腕二頭筋 C7:上腕三頭筋 C8:指屈筋


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡