電気けいれん療法

出典: meddic

電気痙攣療法

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/09 20:23:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 電気けいれん療法 (特集 双極性障害の治療)
  • 研究と報告 電気けいれん療法反応後の維持薬物療法に気分安定薬の併用が有効であった統合失調症の3例
  • 岡田 怜,朝倉 岳彦,板垣 圭 [他]
  • 精神医学 54(1), 21-27, 2012-01
  • NAID 40019144234

関連リンク

電気けいれん療法(電気痙攣療法、でんきけいれんりょうほう)は、頭部(両前頭葉上の 皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法である。 ECT(electroconvulsive therapy)、電撃療法(electroshock theraphy: EST)、電気 ...

関連画像

精神科電気痙攣療法http://www.ntmc.go.jp/ntmc/uploads イラスト:額に電極をつけてECT 電気けいれん療法image


★リンクテーブル★
国試過去問096C015」「095H015」「102G060」「097D004」「096F023」「096D003」「107G031
リンク元電気痙攣療法
関連記事」「電気」「療法」「

096C015」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。言動の異常を心配した妻に伴われて来院した。担当医の要請で精神保健指定医が診察した。
  • 現病歴 : 1週前に全身倦怠感を訴え内科を受診したところ、肝機能異常の悪化を指摘され、自宅療養と断酒とを指示された。毎日欠かさなかった焼酎4~6合/日の晩酌を止め、安静に専念していたが、数日前から頭痛、発汗および不眠を訴え始め、ついで精神的に焦燥感が強く不機嫌になってきた。昨日、部屋の中に虫がたくさんいて、おそってくる。」と大声をあげておびえ、虫を身体から払う動作を繰り返したり、家の外に逃げだそうとした。家族がいくら否定しても聞き入れない。夜になってますます不穏となり、昨夜は全く眠っていない。
  • 既往歴 : 肝障害のため2年前に投薬を受けたことがある。
  • 生活歴 : 妻と息子2人の4人家族。20歳時からの大酒家であるが、仕事には真面目な家具職人として現在に至る。
  • 現症 : 身長165cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍110/分、整。血圧140/80mmHg。全身の発汗が著明。神経学的診察では細かな手指振戦を認める他は異常を認めない。いろいろ質問しても注意が散漫で何度も聞き直す。時には質問の内容にそぐわない答えが返ってくる。時間や場所に開する見当識や記銘カは明らかに障害されている。診察中にも、「虫がいる。」と言って何度も診察室から逃げだそうとする。入院を勧めても、「こんな恐ろしいところにいたくない。」と頑として入院を拒否する。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球400万、Hb 11.0g/dl、Ht38%、白血球9,600、血小板17万。血清生化学所見:空腹時血糖110mg/dl、総蛋白6.0g/dl、アンモニア30μg/dl(基準18~48)、総ビリルビン1.0mg/dl、AST(GOT)150単位(基準40以下)、ALT(GPT)60単位(基準35以下)、LDH 430単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ 260単位(基準260以下)、γ-GTP240単位(基準8~50)。
  • この患者の治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 096C014]←[国試_096]→[096C016

095H015」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。言動の異常を心配した長男夫婦に達れられて来院した。
  • 現病歴 : 2か月前から徐々に家にとじこもり横になっていることが多く、おかしなことを言うようになった。家族によれば、心配することは何もないのに、「今年の所得税が払えない。自宅が抵当に入ったので立ち退かねばならない。」と悩み、「そうなったのも昨年のお盆で先祖供養が不十分だったから。」と自分を責め、いくら言っても聞き入れない。食事もとろうとせず、入浴は無理やりでないと入らない。体重がこの3か月で3kg減少した。夜間はほとんど眠らないまま、何かぶつぶつ言ってはお経を唱えている。「きっかけとしては、昨年新築した自宅の建築費についての税務署からの問い合わせが関係しているかもしれない。」と長男は言う。この問い合わせは通常のもので問題は何もなかった。
  • 既往歴 : 高血圧症のため10年前から投薬を受けている。
  • 生活歴 : 夫と長男夫婦、孫2人の6人家族。元来きれい好きで働き者であった。
  • 現症 : 身長150cm、体重55kg。脈拍74/分、整。血圧166/92mmHg。神経学的身体診察では異常を認めない。医師がいろいろ質問しても患者はうつむいてほとんど答えないか、小声で二言三言答える程度である。しかし意識ははっきりしており、現在の状況もわかっている。このままではいけないからと入院を勧めても、「貧乏で入院費が払えないから。」と頑として入院を拒否する。改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールで23点(基準21以上)。
  • この患者の治療法として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. イミプラミン投与
  • b. ワーファリン投与
  • c. ジアゼパム投与
  • d. 持続的気道陽圧法
  • e. 電気けいれん療法
[正答]


※国試ナビ4※ 095H014]←[国試_095]→[095H016

102G060」

  [★]

  • 32歳の女性。1年前に夫婦げんかの最中に動悸がひどくなり、息が苦しくなり、気が遠くなり、体が弓なりの緊張状態となって近医で処置を受けた。その後、同様の発作の頻度と持続時間とが増加した。最近では夫婦仲も冷えて離婚話も出てきたが、その話が出るたびに発作を繰り返し、外来受診をしていた。身体的異常はない。治療として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G059]←[国試_102]→[102G061

097D004」

  [★]

  • 42歳の男性。競馬騎手。20年来の大酒家である。3日前、落馬による下腿骨骨折で緊急手術を受けた。術後、不眠を訴えていたが、本日になって深夜急に起き上がろうとして点滴を自己投去しようとする。看護師が制止すると、「助けてくれ。」と叫び振り払おうとする。発汗著明であり、自分の状態がわかっていないようで、視線も定まっていない。適切な対応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097D003]←[国試_097]→[097D005

096F023」

  [★]

  • 18歳の男子。全身けいれん発作が短かい間隔で次々と反復して、1時間以上続くため、救急車で搬入された。診察時、失見当識、記銘力減弱を認め、意識は混濁している。体温37.0℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧130/70mmHg。診察中、突然、強直性間代性の全身けいれん発作が再出現した。
  • この患者に対する適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096F022]←[国試_096]→[096F024

096D003」

  [★]

  • 27歳の男性。物事を何度も確認しないと安心できないと訴えて来院した。高校時代に字を書いても計算をしても、間違いの有無を調べ続けるようになった。その後、さらに対象が広がり、鍵やガス栓の点検を何度も繰り返すようになった。このため何事にも時間がかかり、本人も疲れ、職場にも毎日遅刻するようになった。治療を強く希望している。適切でない治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D002]←[国試_096]→[096D004

107G031」

  [★]

  • 電気けいれん療法について正しいのはどれか。
  • a 高齢者に行ってはならない。
  • b 重症うつ病は適応疾患である。
  • c 脳神経外科医の協力が必要である。
  • d 最近は行われることがまれである。
  • e 患者やその保護者の同意なしに実施できる。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G030]←[国試_107]→[107G032

電気痙攣療法」

  [★]

electric convulsive therapy, ECT, electroconvulsive treatment
電撃療法電気ショック療法 electroshock therapy電気けいれん療法痙攣療法



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

電気」

  [★]

electricityelectroelectric
エレクトロ電気的

療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


気」

  [★]

vital energy, life energy, active energy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡