防已黄耆湯

出典: meddic

ぼういおうぎとう

目標

  • 太陰病期、虚証
  • 比較的体力が低下し色白で筋肉が軟らかく、いわゆる水肥り体質の人が、全身倦怠感、多汗傾向を訴える場合に用いる。
  • 浮腫、尿量減少、関節(特に膝関節)の腫脹・疼痛等を伴う場合(中年以降の女性の肥満者で、運動不足のものに多い)

適応

  • 色白で筋肉軟らかく水ぶとりの体質で疲れやすく、汗が多く、小便不利で下肢に浮腫を来し、膝関節の腫痛するものの次の諸症:腎炎、ネフローゼ、妊娠腎、陰嚢水腫、肥満症、関節炎、癰、せつ、筋炎、浮腫、皮膚病、多汗症、月経不順(ツムラのみ適応承認)。
  • 色白で疲れやすく汗のかきやすい傾向のある次の諸症:肥胖症(筋肉のしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみ(クラシエのみ適応承認)

鑑別

  • 1)越婢加朮湯:体力中等度以上、顔面の紅潮、口渇、尿量減少
  • 2)桂枝加朮附湯:体力中等度以下、筋の攣縮、下肢の冷え
  • 3)防風通聖散:体力中等度以上、肥満、顔面紅潮、充実した腹力、便秘傾向
  • 4)よく苡仁湯:体力中等度以上、患部の熱感あり、口渇を伴わない
  • 5)麻杏よく甘湯:体力中等度、急性関節炎、関節の発赤、腫脹、口渇はない
  • 6)大柴胡湯:体力充実、口苦、胸脇苦満、充実した腹壁、便秘

注意

高齢者

  • 生理機能が低下しているので減量など考慮

妊婦、産婦、授乳婦

  • 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/17 17:22:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 海外に発信する漢方研究 心腎連関に対する防已黄耆湯の効果
  • 症例報告 膝関節症に防已黄耆湯,肥満症・糖尿病に防風通聖散,痤瘡・毛包炎に排膿散及湯の持重が奏効した一例
  • 半田 芳浩,金原 信彦,吉岡 茂
  • 漢方と最新治療 23(1), 75-79, 2014-02
  • NAID 40020008665
  • 漢方治療が奏効した尋常性乾癬の3症例

関連リンク

ツムラ漢方防已黄耆湯エキス顆粒 ボウイオウギトウ 第2類医薬品 添付文書 (PDF:2449KB) 1 疲れやすく、汗のかきやすい傾向のある方に 2 腫れを伴う関節痛、水太り、むくみ 効能・効果 体力中等度以下で、疲れやすく、汗の 肥満に ...
防已黄耆湯とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

JPS防已黄耆湯エキス顆粒〔調剤用〕

組成

含量:

  • 本剤7.5g中

日局 ボウイ    5.0g
日局 オウギ    5.0g
日局 ソウジュツ  3.0g
日局 ショウキョウ 1.0g
日局 タイソウ   3.0g
日局 カンゾウ   1.5g
上記の混合生薬より抽出した防已黄耆湯乾燥エキス2.8gを含有する。

添加物:

  •  ステアリン酸Mg、ショ糖脂肪酸エステル、乳糖

効能または効果

  • 色白で疲れやすく汗のかきやすい傾向のある次の諸症
  • 肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみ
  • 通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

重大な副作用

間質性肺炎:

  •  発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定など)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al−P、γ−GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読み生姜」「甘草
リンク元浮腫
拡張検索防已黄耆湯エキス
関連記事黄耆」「防已

生姜」

  [★]

しょうきょう
ginger, dried ginger, Zingiberis Rhizoma
乾生姜
ショウガショウキョウ


甘草」

  [★]

かんぞう
glycyrrhiza, licorice root
偽性アルドステロン症


浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による
内科外科マニュアルp.212
  • 片側性 common
  • 蜂窩織炎
  • 深部静脈血栓症
  • 表在静脈瘤(慢性静脈還流不全)
  • 両側性 common
  • うっ血性心不全
  • ネフローゼ症候群
  • 肝硬変
  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 薬剤:CCB,ピオグリタゾン,NSAIDs,女性ホルモン,甘草
  • 特発性浮腫:女性,夕方増悪する下腿の浮腫:NaCl,炭水化物制限
  • 月経前症候群:黄体期に出現し,月経発来と共に消退:当帰芍薬散,加味逍遥散
  • 片側性 important
  • 両側性 important

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

漢方薬

  • 口渇(+)
  • 高度の熱感(+)
越婢加朮湯
  • 高度の熱感(-)
五苓散
  • 口渇(-)
  • めまい・ふらつき(+)
  • 月経異常(+)
当帰芍薬散
  • 月経異常(-)
真武湯
  • めまい・ふらつき(-)
  • 汗かき(+)
防已黄耆湯
  • 汗かき(-)
八味地黄丸

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf





防已黄耆湯エキス」

  [★]

漢方製剤防已黄耆湯


黄耆」

  [★]

オウギ
Astragalus root, astragalus root, miekvetch root
Astragali Radix


防已」

  [★]

ボウイ、ぼうい
sinomenium stem
漢防已
  • 主な方剤:防已黄耆湯、木防已湯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡