間欠性跛行

出典: meddic

intermittent claudication
intermittent claudication
間欠跛行, 間欠性跛行症
血管硬化性間欠性歩行困難症 arteriosclerotic intermittent claudication
歩行
[show details]

定義

  • ある一定の距離を歩くと歩行困難となり、休息により回復するが、再び歩き続けると同様の現象が生じ歩行持続困難となるというエピソードを繰り返すもの。
  • ある距離を歩くと下肢の筋組織に生じる痛みのために、歩行をつづけることができなくなり、しばらく休息すると疼痛が消失して歩行可能となるが、また歩行すると同様の症状が出現する病態を間欠性跛行という。

分類

  • 動脈性
  • 原因:下肢の虚血性筋痛と筋力低下
閉塞性動脈硬化症 arteriosclerosis obliterans ASO
バージャー病 thromboangitis oblitrans TAO
Leriche症候群
  • 馬尾性
腰部脊柱管狭窄症:下肢の異常感覚や疼痛の拡大・増悪と筋力低下。増悪:立位、腰椎伸展位。軽快:坐位、腰椎屈曲位
  • 脊髄性
  • 原因:脊髄虚血
脊髄動静脈奇形

症状

  • ある一定時間歩くと両下肢の傷み、重苦しさ、しびれなどが増強する。
  • 休憩することで軽快するが、歩行によりこれらの症状が再発する。


鑑別

  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度
  • 足背動脈の拍動、腰痛合併の有無、姿勢の症状に与える影響


SSUR.424


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/01 01:37:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 間欠性跛行 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (筋肉・骨格系の異常)
  • 鍼灸治療を行った閉塞性動脈硬化症1症例における治療経験
  • 東 美幸,福田 文彦,和辻 直,今井 賢治,北小路 博司
  • 明治国際医療大学誌 (03), 7-14, 2011-01-17
  • NAID 110007875613
  • 末梢動脈疾患 (特集 各種疾患におけるリハビリテーションのエビデンス)
  • 坂本 親宣
  • 総合リハビリテ-ション 38(9), 836-842, 2010-09
  • NAID 40017257211
  • 特発性腰椎硬膜外脂肪腫症の4例
  • 伊藤 圭介,花北 順哉,高橋 敏行,南 学,北浜 義博,紀 武志,尾上 信二,本多 文昭,森 正如,岩渕 聡
  • 脳神経外科ジャーナル 19(4), 342-348, 2010-04-20
  • … まれである.今回われわれは,外科治療を行った4例を経験した.4例の患者はすべて男性で,平均年齢は65.3歳,平均BMIは27.9kg/m^2,来院時JOAスコアは平均16.3/29点,病悩期間は平均35.0ヵ月あった.症状としては,馬尾性間欠性跛行をいずれの症例も呈していた.3例は他の腰椎変性疾患を伴っていた.MRIやCTMでのYサインは4例全例において認められ,1例においてdynamic myelographyが診断に有用であった.治療はすべて患者に椎弓切除による脂肪 …
  • NAID 110007621786

関連リンク

間欠跛行、間歇跛行(かんけつはこう)、間欠性跛行、間歇性跛行(かんけつせいはこう) とは、歩行などで下肢に負荷をかけると、次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時 休息することにより症状が軽減し、再び運動が可能となること。 原因疾患としては腰部 ...
間欠性跛行症, =血管硬化性間欠性歩行困難症。 ⇒歩行中に患部側の下肢に異常 感覚と激痛・緊張感を覚え、歩きはじめると、歩行困難となるが、すこし休息すれば、 痛みは止まり、歩行可能となる。

関連画像

個数間欠性跛行→足趾壊疽へイス に 座ったり 前屈み の  これ は 肩 跛行 の ひとつ の図3-b 間欠性跛行とは間欠 性 跛行 腰部 脊柱 管 狭窄


★リンクテーブル★
先読みintermittent
国試過去問100I009」「099E054」「104F008」「104E022」「089B026
リンク元歩行」「腰部脊柱管狭窄症」「IMC
関連記事跛行」「間欠」「間欠性

intermittent」

  [★]

  • adj.
  • 時々とぎれる、断続する。間欠性の、周期性の。時々の
episodicintermissionintermittenceintermittentlyinterruptedsaccadic

WordNet   license wordnet

「stopping and starting at irregular intervals; "intermittent rain showers"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「断続する,間欠的な」


100I009」

  [★]

  • 17歳の男子。殿部の痛みを主訴に来院した。2日前運動後、左殿部に痛みを自覚し、その後同部に腫れも出現した。意識は清明。体温36.2℃。脈拍84/分、整。血圧116/72mmHg。左殿部は硬く腫脹し、圧痛を認める。血液所見:赤血球375万、Hb11.2g/dl、Ht35%、網赤血球42‰、白血球6,800、血小板38万、プロトロンビン時間11.0秒(基準対照11.3)、APTT 56.0秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン220mg/dl(基準200~400)、血清FDP 12μg/l(基準10以下)。血清生化学所見:総蛋白7.6g/dl、尿素窒素12mg/dl、総コレステロール160mg/dl、トリグリセライド110mg/dl、総ビリルビン1.8mg/dl、ALT28単位。CRP0.3mg/dl。
  • この患者で最も考えられる症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I008]←[国試_100]→[100I010

099E054」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E053]←[国試_099]→[099E055

104F008」

  [★]

  • 血管性と神経性の間欠性跛行の鑑別に有用なのはどれか。
  • a 過去の転倒回数
  • b 連続歩行可能な距離
  • c 朝のこわばりの有無
  • d 階段昇降時の手すりの要否
  • e 症状を解消するための休息姿勢
[正答]


※国試ナビ4※ 104F007]←[国試_104]→[104F009

104E022」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104E021]←[国試_104]→[104E023

089B026」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 



腰部脊柱管狭窄症」

  [★]

lumbar spinal canal stenosis, lumbar spinal stenosis, LSS
腰部脊柱管狭窄(←狭窄した状態)


概念

  • 神経組織を入れる腰部脊柱管あるいは椎間孔部がさまざまな原因によって狭窄を来し、馬尾あるいは脊髄神経根が圧迫されることにより生じる病態

原因

症状

  • 神経性間欠性跛行:最も頻度が高い症状。前屈により症状が寛解する(脊柱管は腰部で前弯している、すなわち、前屈により脊柱管広くなる?ことと関係しているのだと思われる。)。
  • 馬尾性間欠跛行
  • 神経根性間欠跛行:下肢

間欠性跛行の鑑別

  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

神経根障害は自然寛解傾向があるが馬尾障害にはこれがないため治療方針が異なる。つまり前者では保存的治療が第一選択となるが後者では保存的治療が有効であることは少ない。
手術は保存的治療の無効であったり、神経学的症状が悪化傾向にあり、また日常生活に支障を来す場合に適応となる。
  • 治療のmodality:
  • 日常生活指導
  • 保存的治療:
  • 薬物療法:(疼痛除去)消炎鎮痛剤、(神経損傷治癒促進?)ビタミンB12
  • ブロック療法:神経ブロック(硬膜外神経ブロック、神経根ブロック)。
  • 装具療法:コルセットによる腰部の伸展制限
  • 手術療法:椎弓切除術、腰椎椎管拡大術、脊椎固定



IMC」

  [★]


跛行」

  [★]

claudication
claudicatio
limp, limping、ひきずり足歩行
歩行

概念

  • 歩容の異常で足を引きずって歩くこと。
  • 易疲労感息切れによる歩行の困難さとは異なる。このような患者では休めばまた歩けるようになると訴えることがある。随伴症状を聞くことが大切。

PHD.357

  • exertional limb fatigue and pain

分類

間欠性跛行

  • 動脈性跛行:動脈の狭窄や閉塞など
  • 馬尾性跛行:脊柱管狭窄症など
  • 脊髄性跛行:脊髄動静脈奇形など




間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission


間欠性」

  [★]

intermittenceintermittent
間欠間欠的断続性断続的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡