過形成性ポリープ

出典: meddic

hyperplastic polyp
過形成ポリポーシス hyperplastic polyposis


  • の良性ポリープで最も多い。
  • 2%が癌化する。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 後日AIDS発症が明らかになった過形成性ポリープ類似の胃カポジ肉腫の1例
  • 安田 和世,青野 茂明,大浦 佳永,鳥越 俊彦
  • 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology 28(3), 182-185, 2011-07-30
  • NAID 10029598358
  • Alimentary Tract 近位結腸の大きさが10mm以上の過形成性ポリープや異形成のない鋸歯状ポリープの存在は大腸腫瘍の危険因子である
  • 岡本 耕一 [訳],高山 哲治 [訳],Schreiner Mitchal A. [他]
  • Review of gastroenterology & clinical gastroenterology and hepatology 6(1), 10-13, 2011-06
  • NAID 40018879420
  • 胃検診を契機に発見されたAIDS関連胃 Kaposi 肉腫の1例
  • 大浦 佳永,青野 茂昭,安田 和世,鳥越 俊彦,藤井 達也,箱崎 幸也
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(3), 1097-1102, 2011-03-20
  • 50歳代男性.胃透視検診で異常を指摘され,胃内視鏡検査で胃体部に過形成性ポリープに類似した隆起性病変の多発を認めた.1カ月後に体重減少,易疲労感などを呈しAIDSと診断された.検診時の胃隆起性病変の生検体に免疫染色を追加し,病理診断でKaposi肉腫と確診された.多発する胃隆起性病変は,暗赤色調,中心部陥凹や表面不整などから,AIDS関連胃Kaposi肉腫も考慮しなければならない.
  • NAID 10028053307
  • 過形成性ポリープとその関連疾患の病理組織像 (特集 大腸癌の病理診断をみつめる)
  • 市川 一仁,佐野 寧,藤井 隆広 [他]
  • 大腸癌frontier 4(1), 31-36, 2011-03
  • NAID 40018789615

関連リンク

ポリープには最も多い過形成(かけいせい)性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、特殊 なポリープとして腺腫(せんしゅ)、家族性大腸 ... 過形成性ポリープの発生は30歳以上 で年代と共に増加する傾向にあり、腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)(胃がんと非常に ...
ポリープは、直腸とS状結腸に高い確率で発生し、大きさは数ミリから3センチ程度まで あります。大きく腫瘍性、非腫瘍性に分けられます。非腫瘍性の中には、過誤腫性(かご しゅせい)、炎症性、過形成(かけいせい)性ポリープがあります。腫瘍性は腺腫(せん ...
⑤成人のほとんどに胃炎部分をみつけることができる ⑥胃ポリープの代表格は、「過 形成性ポリープ」という良性ポリープ. 大腸 大腸ポリープ 大腸ポリープ「線腫」, ⑦過形成 性ポリープは放置しておいてよい ⑧小ポリープは医者のあいだでは、宝の山といわれて ...

関連画像

過形成性ポリープc過形成性ポリープa過形成性ポリープd過形成性ポリープc過形成性ポリープb過形成性ポリープa


★リンクテーブル★
先読みhyperplastic polyposis
国試過去問107D003
リンク元大腸ポリープ」「Helicobacter pylori」「化生性ポリープ」「過形成ポリポーシス」「hyperplastic polyp
関連記事ポリープ」「形成」「過形成」「形成性」「過形成性

hyperplastic polyposis」

  [★] 過形成ポリポーシス


107D003」

  [★]

  • 腹部造影CT(別冊No.1A)、腹部造影CT冠状断像(別冊No.1B)及び摘出された胆嚢標本の写真(別冊No.1C)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D002]←[国試_107]→[107D004

大腸ポリープ」

  [★]

colonic polyp, polyp of large intestine, polyp of the colon
結腸ポリープ大腸ポリポーシス

概念

  • (広義)大腸の管腔内に突出する限局性隆起。腫瘍性から非腫瘍性のものを含む。
  • (狭義)上皮性増殖からなる隆起。良性のものを指して言うことが多い。

分類

大腸ポリープ全体のなかで大腸腺腫は80%を占める。

疫学

  • 40歳代より漸増。50歳以上でよく見られる(SSUR.544)。
  • 男女比2:1

病態

  • 直腸(50%)・S状結腸(20%)に好発。

病理

  • 無茎性(Is)が最も多い。有茎性(Ip)、亜有茎性(Isp)など

症状

  • 無症状のことが多い

治療



Helicobacter pylori」

  [★]

H. pylori HPピロリ菌ヘリコバクター・ピロリ
ヘリコバクター属

除菌方法

除菌の適応

参考1

参考

  • 1. Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版 - 日本ヘリコバクター学会
http://www.jshr.jp/pdf/journal/guideline2009-2.pdf





化生性ポリープ」

  [★]

metaplastic polyp
大腸過形成性ポリープ hyperplastic polyp of large intestine、過形成性ポリープ
過形成



過形成ポリポーシス」

  [★]

hyperplastic polyposis
過形成性ポリープ


hyperplastic polyp」

  [★] 過形成性ポリープ


ポリープ」

  [★]

polyp
茸腫隆起性病変 protruded lesion
ポリポーシス、消化管ポリポーシス
  • 平坦な表皮や粘膜表面より突出する形で局所的に増殖する病変




形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


過形成」

  [★]

hyperplasia
増殖 production
肥大、増殖症、増生ハイパーモルフ hypermorph



形成性」

  [★]

plasticformativetectonic
可塑性可塑的可塑物プラスチック


過形成性」

  [★]

hyperplastic
過形成肥厚性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡