起立性調節障害

出典: meddic

orthostatic dysregulation OD, orthostatic intolerance
起立性低血圧

概念

  • 立ちくらみ、めまい、頭痛、朝起きが悪いなどの起立性低血圧症状に、動悸、頭痛、腹痛などを伴った全身性の自律神経反射の不安定な状態。
  • 朝起きられず、学校に行きづらいために登校拒否と間違われている例が少なくない(PED.967)

疫学

  • 思春期(10歳以降、12-14歳で最多)に多く、性差なし(若干、女児多い) (PED.968)
  • 学童の3-10%に認められる (PED.968)
  • 4月から7月に症状が悪化。成績が低下しうる。
  • 家族、特に母親にも同様の症状をみることが多い。

病因

  • 自律神経の失調:起立という動作に対する心臓、血管を主体とする循環器系の反応、調節が十分でないために種々の症状を呈する(PED.967)。
  • 心理的ストレスの影響を受ける:小学生では母親からの分離不安や転換性障害。中学生では学業や友人関係のトラブルから生じる適応障害、不安障害、転換性障害など。

病態

  • 本来起立時に起こる血管反射の失調 → 下半身への血液の貯留 → 循環血液量減少 → 心拍出量低下 → 脈圧↓(収縮期血圧↓、拡張期血圧↑)、脳血流低下


症状

  • 立ちくらみ、眩暈
  • 易疲労感、食欲不振、頭痛、腹痛

診断

  • 症状 + 起立試験

鑑別診断

  • 貧血、脳腫瘍、てんかん、神経症など

診断基準

PED.967 参考3
  • 大基準
  • A. 立ちくらみ、あるいはめまいを起こしやすい
  • B. 立っていると気持ちが悪くなる、ひどくなると倒れる
  • C. 入浴時あるいは嫌なことが目開すると気持ちが悪くなる
  • D. 少しでも動くと動悸あるいは息切れがする
  • E. 朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い
  • 小基準
  • 顔色が青白い。
  • b. 食欲不振。
  • c. 臍仙痛をときどき訴える。
  • d. 倦怠あるいは疲れやすい。
  • e. 頭痛をしばしば訴える。
  • f. 乗り物に酔いやすい。
  • g. 起立試験で脈圧狭少16mmHg以上。
  • h. 起立試験で収縮期血圧低下21mmHg以上。
  • i. 起立試験で脈拍数増加1分間21以上。
  • j. 起立試験で立位心電図T1, T2 の0.5 mV以上の減高、その他の、変化。  ← I誘導、II誘導のT波のことらしい

判定

以上の症状のうち、次のいずれかに当てはまり、かつ器質性疾患を除外して、起立性調節障害と診断する。
  • (1)大症状1と小症状3以上
  • (2)大症状2と小症状1以上
  • (3)大症状3以上

検査

  • 起立試験
  • 1. 脈圧低下が16mmHg以上
  • 2. 収縮期血圧低下が21mmHg以上
  • 3. 脈拍数増加が1分間に21以上
  • 4. ECG上、I,II誘導においてT波が0.2mV以上減高

治療

  • 薬物療法:昇圧薬(アメジウム、ミドドリンジヒドロエルゴタミンなど)、末梢血管収縮薬、抗不安薬を選択し
  • 生活療法:睡眠リズムを正常に戻す生活指導、運動療法、乾布摩擦などの鍛練療法、 → 血管反射を促す
  • 心理療法:自律訓練法など

参考

  • 1. 起立性調節障害Support Group
企画・監修:田中 英高 (大阪医科大学小児科准教授) 、企画協力:松島 礼子 (済生会吹田病院小児科)
http://www.inphs-od.com/
  • 2. 日本小児心身医学会
http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm
  • 3.
http://www.uraoka.com/sonota/od.html

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/25 11:36:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子どもの頭が痛いとき (子どもの痛みの看護ケア--疼痛緩和に向けての心と身体へのアプローチ) -- (さまざまな器官の痛みのアセスメント)
  • 脳脊髄液減少症と起立性調節障害による頭痛 (特集 頭痛のプライマリ・ケア)
  • 光藤 尚,山元 敏正,橋本 洋一郎 [他]
  • 治療 93(7), 1595-1600, 2011-07
  • NAID 40018860837
  • 左腎静脈nutcracker現象の形態診断と今後の展望--不登校を伴う重度の起立性調節障害を中心に
  • 朝の起床困難,立ちくらみ(起立性調節障害) (特集 不定愁訴の子どもを診るために) -- (症状に応じたアプローチ)

関連リンク

脳循環不全の症状が現れやすい疾患の啓蒙サイト。症状の解説、自己チェックツール、 病院検索など。
子どものこんな症状は、起立性調節障害. 起立性調節障害 ( OD : Orthostatic ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問077B019
リンク元嘔吐」「起立性低血圧」「OD」「orthostatic intolerance」「起立不耐性
関連記事障害」「」「調節」「調節障害」「起立

077B019」

  [★]

  • 起立性調節障害について正しいのは?
  • a. 幼児に多い
  • b. 症状が最も悪化しやすいのは秋である
  • c. 朝起き不良がよく見られる
  • d. 立位心電図でTmの陰転は診断上有用である。
  • e. 起立時に脈圧の拡大が見られやすい

嘔吐」

  [★]

vomiting, emesis
vomitus
悪心嘔気 nausea悪心・嘔吐 nausea and vomiting

概念

  • 胃の内容物をはき出す現象。
  • 胃または腸内容が食道を経て口腔より吐出される現象。

嘔吐中枢

嘔吐中枢の近傍に存在するもの

  • 呼吸中枢、血管運動中枢、消化管運動中枢、唾液分泌中枢、前庭神経核

随伴症状

  • 発汗、唾液分泌、顔面蒼白、脈拍微弱、徐脈、頻脈、血圧の動揺、めまいなど

症状の出現形式と原因の所在

  • 突然の嘔吐:中枢性
  • 消化器症状を伴う:末梢性

嘔吐に関わる経路

IMD.351
  • 1. 嘔吐中枢(延髄網様体背側神経背側核近傍)への直接刺激(脳圧亢進、循環障害)
  • 2. 化学受容体誘発帯(CTZ; 第四脳室底)への刺激(代謝異常や中毒による化学物質の作用) → 1.
  • 3. 大脳皮質(中枢神経など高位中枢)からの入力 → 1.
  • 4. 求心性迷走神経や交感神経を介する入力 → 1.

原因

中枢性刺激 化学受容器引金帯刺激 薬物 アポモルヒネモルヒネジギタリス抗菌薬抗癌薬降圧薬アミノフイリンコルヒチンアルコール
毒物 重金属ガス
放射線 各種癌治療後
感染症 細菌毒素
内分泌疾患 肝性脳症糖尿病性ケトアシドーシス/ 高血糖高浸透圧症候群尿毒症妊娠悪阻妊娠高血圧症候群
代謝疾患 甲状腺クリーゼ副腎不全Addison病
直接刺激 脳圧亢進 頭部外傷脳腫瘍脳出血くも膜下出血髄膜炎、脳への放射線療法後
脳循環障害 ショック低酸素脳症脳梗塞片頭痛脳炎髄膜炎
上位中枢刺激 神経性食思不振症不快感てんかんヒステリー抑うつ状態うつ病、過度の嫌悪感、不快感、拘禁反応による恐怖ストレス視覚嗅覚味覚的刺激
末梢性刺激 消化管疾患 舌咽頭疾患 アデノイド咽頭炎
食道疾患 胃食道逆流症食道裂孔ヘルニア食道癌
胃腸疾患 急性胃炎、急性胃十二指腸粘膜病変、急性腸炎急性虫垂炎消化性潰瘍食中毒、消化管腫瘍、寄生虫食中毒Mallory-Weiss症候群
消化管通過障害 腸閉塞、胃幽門部狭窄、輸入脚症候群
腹膜疾患 腹膜炎
胆膵疾患 急性胆嚢炎急性胆管炎急性膵炎膵癌胆管癌
肝疾患 急性肝炎
循環器疾患   うっ血性心不全狭心症急性心筋梗塞
泌尿器科疾患 尿路結石腎結石急性腎炎腎盂腎炎腎不全
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎Meniere病乗り物酔い
眼科疾患 緑内障
呼吸器科疾患 肺結核胸膜炎肺癌、咳嗽発作
婦人科疾患 子宮付属器炎、月経前症候群更年期障害
脊髄疾患 脊髄癆多発性硬化症
膠原病 結節性多発動脈炎強皮症側頭動脈炎

小児科で遭遇する嘔吐の原因

  新生児 乳児 幼児~学童
消化器疾患以外で見・落とさないよう注意する疾患 敗血症髄膜炎水頭症脳奇形尿路感染症 髄膜炎脳炎脳症虐待児尿路感染症呼吸器感染症心疾患薬物中毒誤嚥 脳炎脳症脳腫瘍肺炎中耳炎頭部外傷薬物中毒心筋炎不整脈
よくある消化器疾患 溢乳空気嚥下・哺乳過誤・初期嘔吐胃食道逆流現象・胃腸軸捻転・腸管感染症壊死性腸炎 食事過誤・空気嚥下便秘腸管感染症幽門狭窄症腸重積症胃食道逆流現象・胃長軸捻転・食事アレルギー 腸管感染症急性虫垂炎腹部外傷肝炎胆嚢炎膵炎腹部外傷・食事アレルギー・好酸球性胃腸症
主な代謝性疾患 先天性副腎過形成・ガラク卜ース血症 先天性副腎過形成Reye症候群 アセトン血性嘔吐症ケトン性低血糖症糖尿病性ケトアシドーシスReye症候群
その他     起立性調節障害神経性食思不振症
外科的疾患 食道閉鎖狭窄症胃軸捻転十二指腸閉鎖狭窄症腸回転異常捻転小腸閉鎖症Hirschsprung病胎便性イレウス・稀に腸重積肥厚性幽門狭窄・特発性腸管偽性閉鎖症 肥厚性幽門狭窄症腸重積腸回転異常捻転Hirschsprung病虫垂炎 虫垂炎腸重積腸回転異常捻転上腸間膜動脈症候群腫瘍嚢胞




起立性低血圧」

  [★]

orthostatic hypotension
体位性低血圧 postural hypotension起立性調節障害 orthostatische dysregulation OD
低血圧失神

定義

  • 起立により静脈還流が減少し、心拍出量が減少するために血圧が低下する状態
  • 起立して3分以内に収縮期血圧20mmHg以上、拡張期血圧10mmHg以上低下を来す場合 (BAT.916)

分類

  • 本態性起立性低血圧症
  • 二次性起立性低血圧

病因

  • 起立により静脈系が弛緩することにより低血圧になりやすく、頭部への血液供給のためには血圧を上昇させる必要がある。
  • 種々の原因により、血圧が維持できない時に起立性低血圧を呈する。
  • 自律神経疾患
  • 薬物
  • antihypertensives, diuretics, vasodilators(nitrates, hydralazine), alpha-blocking agents, beta-blocking agents, CNS sedatives(barbiturates, opiates), tricyclic antidepressants, phonothiazines

症状

参考2
脳の低灌流状態、全身脱力、眩暈・ふらつき感、visual blurringや眼前暗黒感、(重症)失神。まれに狭心痛や梗塞もある。

参考

  • 1. 起立性調節障害 - Mymed
[display]http://www.mymed.jp/di/c8i.html
  • 2. Mechanisms, causes, and evaluation of orthostatic and postprandial hypotension - uptodate [1]

診察

  • 10分間 臥位で安静にしてもらい、血圧を測定。その後、起立してもらい、3分以内に血圧を測定する。



OD」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「[致死量まで]麻薬を飲み過ぎる / 麻薬[など]の飲み過ぎ」


orthostatic intolerance」

  [★]

起立性調節障害起立耐性失調起立不耐性

orthostatic dysregulation

起立不耐性」

  [★]

orthostatic intolerance
起立耐性失調起立性調節障害


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



調節障害」

  [★]

accommodation disturbance, accommodation disorder


起立」

  [★]

standing
静置不変




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡