訪問診療

出典: meddic

往診
  • 居宅で療養を行っている患者で、通院による療養が困難な場合に、計画的な医学管理の下に定期的な訪問をして診療すること。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 地域包括ケアシステム最前線 在宅医療と診療報酬(ケース2)3人の訪問診療
  • DHstyle Interview 寺本内科・歯科クリニック 患者さんに最期まで寄り添う歯科訪問診療を展開
  • 第2分科会 救急医療からみた地域包括ケア : 地域社会で生活を支える在宅系事業(訪問診療・看護・リハビリ)の展開と救急医療 (第42回医療研究全国集会in鹿児島 報告集) -- (分科会報告)
  • 医療労働 : 医療・介護・福祉労働者のための月刊誌 (582), 23-25, 2015-08
  • NAID 40020593030

関連リンク

「訪問診療」と「往診」ってどこが違うの?とのお問合せをよくお聞きします。 どちらも医師に病状を診てもらう点では、変わりがないのですが、 全く違った医療サービスです。 医療制度上の問題から高齢者の方々がこれまで療養的 ...
このページでは、訪問診療についてご紹介しています。「在宅介護の道しるべ」は、一人でも多くの高齢者を安心して快適に在宅介護できるよう考えるサイトです。

関連画像

歯科訪問診療歯科訪問診療 | 一般社団法人 訪問診療対応可能エリア訪問診療/いいだクリニック  診療所 | 訪問診療と時間料金訪問診療を行ってくれる医療


★リンクテーブル★
国試過去問107B054」「102B041」「106B007」「101B003」「097G002
リンク元往診
関連記事診療」「問診」「訪問

107B054」

  [★]

  • 次の文を読み、52~54の問いに答えよ。
  • 88歳の女性。食事をとらないことを心配した家族から訪問診療の際に相談を受けた。
  • 現病歴:5年前にAlzheimer型認知症と診断された。数年前から下肢筋力が低下していた。数か月前からは長男の妻の介助だけでは車椅子乗車も不可能となり、ほとんど臥床している状態となった。通院が困難なため訪問看護と訪問診療が開始となった。長男の妻によれば「最近、食事をとらないことが多く、義歯をはめると嫌がり、むせることも多い」という。
  • 既往歴:高血圧症のため内服加療中。
  • 生活歴:夫は5年前に死亡。長男夫婦と同居。主な介護者は長男の妻である。要介護4。1日1回の訪問介護と、週に3回のデイサービスを利用している。排泄にはオムツを使用している。食事は家族の介助で摂取している。入浴はデイサービスを利用している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長145cm、体重30kg(1か月前の体重は32kgであった)。体温35.8℃。脈拍56/分、整。血圧92/70mmHg。呼吸数12/分。SpO2 97%(room air)。皮膚はやや乾燥している。眼瞼結膜に異常を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。口腔粘膜に異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心尖部にII/VI度の汎収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に軽度の浮腫を認める。
  • 検査所見:血液所見:赤血球368万、Hb 11.9g/dl、Ht 38%、白血球5,300、血小板12万。血液生化学所見:血糖90mg/dl、総蛋白5.9g/dl、アルブミン2.9g/dl、尿素窒素25mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール186mg/dl、トリグリセリド70mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST 20IU/l、ALT12IU/l、ALP 273IU/l(基準115~359)、γ-GTP 25IU/l(基準8~50)、CK 28IU/l(基準30~140)、Na 131mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 97mEq/l。
  • 患者の下痢は1週間で軽快したものの、下痢を契機に食欲は更に低下していった。認知症の進行のため患者の希望は聴取不可能であったが、家族と相談して自宅療養を続ける方針となった。
  • この患者で必要性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B053]←[国試_107]→[107B055

102B041」

  [★]

  • 74歳の男性。殿部の潰瘍を主訴に来院した。3か月前から殿部に潰瘍ができている。20年前に水泳の飛び込みで頸部を損傷し、C7以下に麻痺がある。日中は自宅で電動車椅子を自ら運転し、坐位で生活をしている。殿部の写真を以下に示す。
  • 適応とならないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102B040]←[国試_102]→[102B042

106B007」

  [★]

  • 在宅医療について正しいのはどれか。
  • a 薬剤師は訪問服薬指導を行うことができる。
  • b 家族は酸素吸入量を調整することができない。
  • c 介護者への精神的支援は在宅医療の対象でない。
  • d プライバシー保護のため患者の生活には立ち入らない。
  • e 医師は訪問診療を行うことを都道府県へ届け出る必要がある。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B006]←[国試_106]→[106B008

101B003」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B002]←[国試_101]→[101B004

097G002」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097G001]←[国試_097]→[097G003

往診」

  [★]

home visit, house call
訪問診療
  • 患家の求めに応じて患家に赴き診療を行うこと。


診療」

  [★]

treatmentpracticeclinical practicemedical care
行う開業習慣、処置、実行、治療練習医療処理実践


問診」

  [★]

history taking, history-taking, interview
医療面接 medical interview
面接インタビュー病歴聴取



訪問」

  [★]

visitvisitcall
喚起、要求、呼ぶ来診




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡